退職前後の挨拶

これまでお世話になった方や取引先などへの挨拶は、今後の仕事に大きく影響する可能性もあることから、忘れずにやっておきたいものです。

電子メールで挨拶

この方法は、かなりフランクな間柄やこれまでの経緯から、電子メールの方が最適と思われるような方だけにします。

いきなり電子メールでは不快感を与え、かえって何もしない方が良かったということにもなりかねません。

直接訪問して挨拶

特に親しい方・入社時にお世話になった方・今後も重要な取引先など、あなたにとってのVIPクラスには、直接伺ってパイプを確保しておきたいものです。

伺う際には、手土産を忘れずに持参してください。

手紙など郵便物で挨拶

挨拶状を印刷物で済ませたい場合には、親密度によって一言書き添えるなど工夫をしてください。

発送数によっては切手を貼るのだけでも困難なため、郵便局の窓口で料金別納郵便扱いを利用します。

お中元・お歳暮

今後も末永いお付き合いを続けたい方、特別にお世話になった方へは、これぐらいしても損はありません。

普段は、なかなか感謝の気持ちを表す機会の少ない場合にも、こういった節目であればさりげなく気持ちを伝えられ助かります。

気持ちというのは、言葉や形にしなければ伝わらないこともあり、検討してみる価値はあると思います。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む