失業中に困ること

失業するとこれまで当たり前の様に出来ていたことが、失業状態というだけで出来なくなってしまいます。

いくつか例をご紹介しますので、退職前に検討されることをお勧めします。

クレジットカードの新規契約

クレジットカードの契約には、日数を要し勤務先に本人連絡をされるため、退職間近では契約出来ない恐れもあります。

また、会社に退職の意思表示をした後では、電話を受けた者が退職の事実を告げてしまう可能性もあることから、新規契約はすぐにしておくべきです。

転職も同様に、社会的信用に影響する可能性もあることから、同様に早めに行動するのは言うまでもありません。

現在既にお持ちの方についても、失業中に所有しているクレジットカードでトラブルがあった場合に備え、予備用に契約しておく価値はあると思います。

数あるクレジットカードの中から、一番のお勧めクレジットカードをご紹介します。

イチオシのクレジットカード

三井住友VISAカード
安心の三井住友ブランド。
定番中の定番ともいえるクレジットカードで、カードデザインも気品を感じます。

VISAカードなら世界中で最も普及しており、クレジットカードを使えるお店なら、使えないということはまずありません。
三井住友とVISAの組み合わせなら、信頼性の高いクレジットカードですね。

ローンの新規契約

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローンなど

自動車ローンなどは、審査結果を考えることなどありませんが、失業状態では低額であっても審査を通過出来ないこともあります。

自動車は我慢出来ても、教育ローンなど生活に密着したローンの審査で落とされることは、今後の生活に大きな影響を与えます。

高利なフリーローンを利用したり、お子さんの進学先を変えたりなど、影響を考えるとはかり知れません。

賃貸での引っ越し

アパート・マンション等を契約する場合には、契約時に勤務先を記入しなければならないため、失業状態では空欄にせざるを得なくなり、契約出来ない可能性が高くなります。

仮に認められても、保証人を増やすなど面倒になるのは間違いありませんので、引っ越し作業も考慮すると、最低でも1ヶ月以上前には不動産屋巡りは終えておきます。

【PR】いい部屋あります アパマンショップ

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む