無職の独り言

H20.12.14

週末に他の営業所配属の事務職面接がありました。

応募者の都合を配慮し、日程を繰り上げての二次面接となり、私の感じた面接前後の印象を。
面接する部屋までの移動の動き等に関しては、私の時と同様に緊張しているせいなのか若干暗い印象を受けました。

問題は面接を終え帰る時です。フロアを出る時に、上司は彼女を出口まで送って行き、その移動途中に私達の前を通っていったんですが、こちらにも上司にも一礼もせずに、そのまま振り返りもしないで帰っていきました。

緊張していたせいだと思いますが、挨拶もせずに帰るのはあまりにも無礼な行為であり、私だったら不採用決定。

能力や経歴など彼女のことは一切知りませんが、言葉を発しなくてもせめて一礼するのが社会人として最低限のマナーです。
上司も呆れてしまい、どうでもよいような態度でした。皆様も、経歴以前に挨拶などの基本には十分配慮し、就職活動を頑張ってください。


ついでにもうひとつ。
面接では容姿・服装も重要であり、容姿端麗とかそういったものではなく、清潔感や健康的なども重要な要素です。

私の知り合いで、営業先に久しぶりに訪問した時に、訪問先からは別の担当者が来たと思われたそうなんです。
その理由というのは、以前の身体と比較し健康的でスリムな身体になり、その訪問先で担当者は「ぼてっとした、いつもしんどそうな人」とイメージがあったそうなんです。

訪問先の人は同一人物とは気づかずそのような表現し、かなり焦ってしまったらしく、おまけに自分自身もそのようなイメージを持たれていたことをにショックを受けたそうです。

太っていただけで、しんどそうとか気持ちに余裕のない人などマイナスイメージを与えやすく、ましてや採用試験などは自己管理の出来ていない人、そういうイメージにもつながることもあります。

能力を伸ばすことは当然大切ですが、健康を維持することは仕事に遅延を生じさせない要素であることから、能力以外の挨拶や健康に配慮することも忘れないでください。

H20.12.7

ここ最近の雇用情勢は、内定の取り消し・非正規雇用の削減・求人の減少(私の希望条件調べ)など、明るい話題の少ない状況です。

また、政府の雇用対策も定額給付金と同じくイマイチな内容であり、今後の雇用情勢を考えると厳しさは増す要素が多い。

例年なら、これから12月退職組を迎えるに当たって、1月採用に向けた求人数の増加があって良さそうなものですが、欠員を補充しない企業も多いと思われ、今後の求人数の増加も未知数。

私が先日見つけた求人も、わずか1日でハローワークから削除され、恐らく応募数の上限を事前に決め、すぐに達してしまったと考えられます。

良い求人は、上記のようにすぐ無くなってしまう可能性もありますので、見つけたらすぐに応募の手続きだけはしておくべき。
もし気が変わって応募に躊躇するようなら、応募せず辞退すればいいんです。

私の勤めた会社でも、とある地方の営業所で事務職の応募をしたところ30数人の応募があり、明日書類選考通過者の一次面接をするらしいです。

私の方は、徐々に慣れ特別問題もなく過ごせており、義父の病状も安定してきたせいか、忙しいながらも本日はゆっくり休めました。

H20.11.30

2週目の勤務状況。
今週からはようやく実務的な仕事に従事し、久しぶりに仕事に楽しいという気持ちを感じました。

従事した仕事は、今後担当する実務のうちのひとつに関係あるもので、その基本と言える仕事だったことから、いきなり複雑な仕事に接するよりも理解を深められ、自分にとって好都合な仕事でした。

会社側も、仕事を理解してもらうのに適していると考えていたようです。

また、11月決算というタイミングだったこともあり、明日から始まる12月には決算に関する仕事が山積みになっていると思います。
入社してすぐに決算を迎えてしまうことは、負担は大きい反面1年を振り返る作業も多く、会社としてどんな仕事をしてきたのかを見られるのは貴重な体験です。

人間関係については、まだ顔を初めて見たという人もおり、顔と名前の一致しない方が多数おりますが、少しずつ接する機会を持つように努力している最中ですね。

なかなか以前のペースで更新できないことは、申し訳ない気持ちで一杯ですが、ながーい目で見ていただけると嬉しいです。

さらに大きな出来事が2つあり、嬉しいことと悲しいことです。

嬉しいことは、以前同じ職場だった女性から、このサイトを見て私が就職したことを知り、なんと突然に就職祝を郵送で送ってくれたんです。
丁度欲しいと思っていた品だっただけに、夫婦で感謝しまくりました。

直接会ってお礼を言いたいなと思ってはいるものの、彼女の家庭生活もあるのでいつか機会を持ち、共通の元上司と3人で食事会をしたいと思っています。
昔の同僚と、こうした交流を続けられることは、人のつながりの大切さを感じます。○○さん、本当にありがとうデス。

もうひとつは悲しいこと・・・。
先日、義理の父が心筋梗塞で倒れてしまい、日に日に回復しているものの、未だCCUという特別室で入院生活を送っています。

私の失業生活を責めたりせず理解を示してくれ、私が前職で身体に負担を抱えたまま勤務していた時には、毎朝車で送ってくれたんです。

ようやくこれから罪滅ぼしをしようと思っていた矢先にこのようなことになってしまい残念でなりません。

お見舞いに行く時間も限られることから、お父さんが入院している間、お母さんが安心して生活できるようにサポートするのが一番と考え、いろんな面で助けてあげるつもり。 今こそ親孝行すべき時ですよね。

いろんなことがあって若干パニック気味ですが、今週もなんとか頑張っていこうと思っています。

H20.11.24

久しぶりの更新です。

ようやく初出勤の1週目をなんとか終えることができました。
再就職先の業種はエネルギーで内勤での勤務になり、役職は「主任」からのスタートに決まりました。

会社は自宅からは少し離れており、業種もエネルギー系なことから工業地帯なもので、久しぶりの自動車通勤です。
運転嫌いの私にとっては慣れるまで大変かもしれません。

朝6時起床夜11時就寝という基本生活を実践し、このリズムにまだ慣れていないこともありますけどね。

初日は以前の更新どおり、訳も分からず過ぎ去り帰って来た時にはクタクタでした。久しぶりの会社というものの雰囲気や、いろんな人達との会話に身体がついていけなかったみたいです。

私は顔と名前を覚えるのが苦手なもので、1週間経過して何人かの人は覚えたものの、まだ会話すらしていない人もたくさんいます。

まずは人間関係の構築と社内の雰囲気に慣れることが重要だと思い、頑張ってみたもののもう少しかかりそうです。

また、仕事と自分のポジションは中間に位置することから、重要な部分も含まれるため、当初の想像よりも難しいかもしれません。

この1週間は、長かったような短かったような複雑な1週間で、まだ実務としては何もしていないことから、今週から徐々に大変になりそうです。

初日と最終日では、確かに気持ちに多少の余裕は出たし、課内の方とも雑談等できるようになったので、一定の進歩は見られるものの、与えられる仕事をいかにこなせるかが次のステップですね。

さらに、会社からいくつか資格取得を求められ、手始めに来年2月に実施される、損害保険の募集人試験を受けることが決定。 難度などはよく分かりませんが、これはひとつの評価になるので、絶対に落とせない資格です。

今週も大変な1週間となりそうですが、少しでも役に立ち戦力になれるように頑張りたいと思っています。

H20.11.18

昨日、初出社日でした。

更新しようと思っていたのに、あまりにも疲れ果てパソコンを開けませんでした。
本日もなんとか更新できたものの、今週は大変な毎日になりそうです。

仕事はこんなに疲れるのもと、3年5ヶ月ぶりに再確認しております。
簡単ではございますが、初出社のご報告でした。

H20.11.16

いよいよ明日は初出勤日!

3年以上のブランクも遂に終了し、新しい人生の出発です。
揃えなければならないものは、昨日までに準備を終えたはず?ですので、もう明日を待つばかり。期待・不安・緊張、いろんな気持ちで一杯です。

先日会社に行った時に、私も採用した理由を聞かせていただき、経歴面では2次面接に残ったすべての方がそれぞれ優れた点があり、決め手となったのは私の性格や雰囲気だったそうです。

経歴学歴等以外である、私自身を見てくれたことは嬉しかったですね。

また、病気やブランクについても配慮して下さるそうで、まずは会社に慣れて欲しいと言われ、ロケットスタートにならず良かった。
その好意に甘えず、自分なりに頑張っていくつもり。

今回の就職活動でも、一切隠し事せず病気の症状なども細かく伝えました。 多少隠した方が採用されやすいのは分かっていますが、入社後の働きやすさを考えると、多少症状の残っていることを隠すわけにはいきません。

もし、通院しなければならなくなった時に、嘘をついたことがばれ、会社に居づらくなることが目に見えています。

また、健康診断などで必ず伝えなければならないことですし、福利厚生の一環として医療保険に加入する際、絶対に隠せないことですから。

入社を優先させるよりも、入社後の働きやすさを最優先に考えて、就職活動するべきだと私は考えています。
私のような悪条件を持っている者でも、誠意を持って就職活動をすれば、大企業は無理でも希望に限りなく近い会社に就職できるんです。

皆さんも諦めずに頑張ってください。

H20.11.13

更新が遅れ失礼しました。

いよいよ来週に迫った出勤に備え、生活リズムを変えることからはじめました。
まずは夜11時就寝~朝6時起床を心がけ、仮想出勤をして混雑状況などの確認をしています。

また、スーツやYシャツも3年以上放置したままの状態でしたので、洗濯したりクリーニングしたものの、なかには着られないYシャツもあり、 良い機会なのでスーツを1着新調しYシャツも購入しました。
かなり痛い出費・・・。

それに、会社から診断書の提出も求められているため、私の場合には大きな病もあったことから、診断書の作成に時間がかかったうえに費用も1万円近くかかりました・・・。

もう出費だらけでかなり苦しい。

さらに片付けなければならない雑務が沢山あるのに、今度は天井裏にネズミらしき足音発生!
駆除業者との連絡や対策もしなければならず、なんでこんな時に・・・。

明日は会社に呼ばれており、その後は歯医者にも行かなければならず、その後も家の用事に追われる予定!
用事が完全に終わるのは土曜日の夜になりそうです。

H20.11.9

厚生労働省は10月21日、長期フリーター等を正社員で雇用した場合に、助成金を支給する方針を固めたとのことです。

内容は、20代後半から30代後半を対象にし、助成金は50~100万円で中小企業に手厚く給付する模様。3年間の時限措置のようです。

もっと詳細な具体的な内容はこれから詰めていくようですが、助成対象にはフリーター以外の採用にハンデとされる条件を有している人にも拡充して欲しい。

仮に実施された場合、いくつかの問題は考えられます。

  • 名ばかりの正社員として雇用され、助成金給付後に退職を迫られる可能性
  • フリーターのみ対象となれば、長期失業者・期間の定めのある契約社員等が救われない可能性
  • 40歳を超えた失業者が益々敬遠される可能性

このような対策を講じることは大賛成なんですが、それに伴う弊害を軽減するような仕組みで実施されることを願うばかりです。

助成対象も、長期失業者・病気退職者・一定回数以上の転職経験者など、一般的に就職に不利な条件を満たしている者にも拡充。
その仕事をできる能力はあるのに、上記のような理由から採用されないケースは非常に多い。

また、3年後も勤務していたら更に助成金支給など、助成金を分割払いにし、継続して働けるようにして欲しいですね。

今後の厚生労働省の判断に期待したいです。

H20.11.8

経済対策の定額給付金は混迷してますね。

当初の案からどんどん期待はずれの状況になりつつあり、1人12000円の支給で65歳以上と18歳以下には8000円を加算、現役の独身世帯や子供の出来ない夫婦には、かなり残念な内容になってしまいました。

支給方法も、役所に世帯の代表者が受け取りに行かなければならないなど、利便性においても不便きわまりなく、身体の弱い人や共働き世帯への配慮が全くない。

また、所得上限も申告制にするなど全く意味をなさないものとなり、何をしたいのかさっぱり分かりません。 おまけに地域振興券のように、使用先が限定されてしまう場合には、恩恵を受けられないまま終わる可能性も高いと思います。

こういった場で政治の話は避けてきましたが、選挙対策見え見えのばらまきになってしまい、給付金の間に「自民党・公明党」と書かれた投票用紙がはさまっている可能性すら感じます。

定額給付金を実施するのは一応支持するのの、このままでは喜びの少ない面倒な低額給付金で終わりそうです。

我が家は夫婦のみの世帯ですので、当初の30000円が24000円と6000円もダウンしてしまい、わずか6000円の差とはいえ貧乏な我が家にとっては非常に痛い。

私は65歳以上の加算は不要と思っており、給付方法も大混雑するのが目に見えている役所での支給ではなく、もっと簡単な方法を考え出して欲しいと思いますね。

H20.11.7

昨日は私にとって大きな節目の日。

無事に採用されたことを、両親など身内にすぐ連絡し終えた時に、「自分はどれだけ心配をかけてしまっていたんだ」と感じ、何とも切なくなりました。

さらに「無職の卒業」を通してお世話になった方々にも、採用されたことを電話とメールにてご報告させていただきました。

ご報告した方々からは、多くの励ましとお祝いのお言葉を頂戴し、私のことをこんなにも心配してくれている人がいることを、改めて痛感した次第です。

そのなかには、以前より電話番号をお聞きしていたものの、これを良い機会と思い初めて電話した方もおります。 メールにてお人柄は分かっていたんですが、直接お話ししたところ、今後も引き続きお付き合いしたい素晴らしい方でした。

雇用と失業の井戸端会議」運営管理人であり掲示板でいつもお世話になっているpesoさんも、まるで自分のことのように喜んでくださり、嬉しくて言葉もありません。

また、厳選リンク集でご紹介している「中高年の転職・再就職・退職・副業・就職ガイド」運営管理人であるおっさんさんからは、 独立起業された時に、ちょっとしたお祝いをさせていただいたのですが、今度は私が就職祝いを頂戴してしまいました。

その他にも、お祝いのメッセージを送ってくださった方々に、深く感謝申し上げます。
いまは本番を迎える前の緊張感と安堵感でいっぱいです。

H20.11.6

本日の採用試験2次面接について、採否結果の連絡がありました。

結果はナント「採用」でした!

面接帰宅後に更新したように、自分自身では納得の行く対応が出来ませんでしたので、正直かなり諦めモードになってました。
しかし、突然電話があり見たことのある番号だったため、気合いを入れて出たところ「あなたを採用することに決めました」と。

まさか採用されると思ってませんでしたし、連絡も明日ということだったので、電話口で言葉を失ってしまいました。

採用は前置きなしに訪れるものとあらためて感じた次第です。

初出社日の予定は、17日月曜日になりました。

3年半もの長期間失業状態にあり、なおかつ病気というハンデを持つ私でも就職出来たのですから、皆さんも諦めずに頑張ってください。

このサイト「無職の卒業」は、今後も引き続き運営を続けますので、これまで同様によろしくお願いいたします。

H20.11.6

本日2次面接を受けてまいりました。

ここ数日はこの2次試験を控えていたため、落ち着かない日々だったせいか更新が遅れてしまい、大変失礼いたしました。

採否の結果については、明日の夕方に採用者のみに連絡があるそうです。 どちらの結果になるにせよ、必ずご報告いたしますので楽しみに待っててください。

面接の満足度としては、自己採点49点と正直かなり厳しい状況であり、企業側も私の病気をずいぶん気にしているようでした。

こればかりは自分でもどうしようも出来ませんし、病気を隠して万一何かあった時には、確実に気まずいことになってしまうので、伝えたことは後悔していません。

ちなみに2次面接通過者は、私を含め4名とのことでした。
今回の面接では、前回2名の面接官が4名に倍増し、各部門の責任者も同席するなど、焦ってしまったことが敗因と思われます。

ただ後悔したところでどうにもなりませんので、まな板の鯉状態で結果を待つしかありませんね。

H20.11.4

今年も早いもので11月になりましたね。
年賀状の販売・北海道の天気予報に雪マークなど見えるようになり、年末に近づいていると感じさせられます。

今年やり残したことはないか、あるいは何もやっていないのではないか、なぜか複雑な気持ちもまじり、落ち着かない日々を過ごしています。

毎年正月に思うんですが、今年こそ良い年になって家族・友人知人に幸あれと思うのに、なぜか毎年不幸ばかりあるような気がしてなりません。

そもそもこうしてサイトを更新し、そこそこ楽しく暮らせていることが幸せなはずなのに、一発逆転するような何かを期待してしまう。

今年もあと2ヶ月を切り、少しでも来年後悔しないような年にしたいと思っております。

H20.11.1

今回は面接後の小話を。

面接後に作文試験もあったため、面接官に作文を書くための別室に案内されました。
会議室のような部屋に入室後、「飲物はポットに用意しているからどうぞ」と言われ、私は作文に取りかかる前に早速紙コップにin。

すると、女性社員の方が入室し、自分でお茶を入れているのを見て「クスッ」っと。
その後面接を終えて入室する方は、誰も自分でお茶を入れずに、その女性社員の方が配っている・・・。こういう時って、やっぱり自分でやらないものなんでしょうかね?

無事に作文を終え、女性社員の方に渡すように指示されていたので、作文を渡し帰ろうとしたところ、自分はどこから来たのか分からなくなり、あたふた慌ててしまう。

方向感覚を完全に失ってしまい、思わずすがるような目だったのでしょう、女性社員を見たら「出口はあっちですよ、クスッ」とまたもや目立ってしまいました。

道を迷うことにかけては、誰にも負けない自信を持っており、旅行先でも散策してホテルに帰ろうとしても確実に見失います。
結局誰かに道を聞くと、全然違う方向に自信満々進んでいる・・・。

話を戻しますが、私は面接先で度々このような失敗を繰り返し、過去入社後にこうだったよね?などと言われることが多いです。
良い印象を植え付けられるなら、こんな失敗もありかなと思う今日この頃です。

H20.10.30

本日、以前よりお話ししていた面接に行って参りました。

当初予定では、面接後に作文を提出し後日採否決定をするはずでしたが、想定より多い応募があったために、本日は1次面接と作文になりました。 そして、1次試験通過者のみに対し、明日電話にて2次面接をお知らせすることに急遽変更。

なんだか出鼻をくじかれた格好になり、心臓バックンバックンの私。

面接官に呼ばれ面接開始。
会社側から聞かれたことは、

  • 職歴に対する確認
  • 在籍した各社の退職理由
  • 病気のこと
  • 趣味のこと
  • 自己PR
  • 会社への質問

だいたいこんな感じを主に確認・質問され、経歴等は問題なしだったらしく満足してくれたようだが、やはり病気については気になるようでした。

これは私の想定内だったため、既に医師から完治を告げられていることを話し、とりあえずは納得してくれたようだが、もしかしたら診断書等を要求されるかもしれません。 でも、病気は完治しているので、問題はないですけどね。

失敗だったのは、自宅でも使用している製品に関係する会社だったため、その製品の会社名を聞かれました。

しかし、なぜか会社名を思い出せず、誤った会社名を言ってしまい「そんな会社はない」と言われ、最終的に「忘れました」と言ってしまう。(最悪です)
今なら分かるのに、どうしても思い出せなかったんです。

30分ほど面接した後、今度は作文を書くための部屋に通され、約1時間ほどでなんとか書き上げました。

私の感触としては、製品の会社名を答えられなかったことで、かなり沈んで帰ったんです。

そして夕方妻に面接の話をし、明日になればハッキリするからと、あれこれ話をしていたところ、電話が鳴りました。

またセールスの電話かと思い、やれやれと思って出てみると、なんと応募先からの電話! なんか粗相をしてしまったのだろうかと話を聞くと、来週2次面接に来てくださいとのこと!!!!!

正直あまりにも驚いてしまい、今も気持ちは変な気分です。
とにかく1次面接はなんとか突破できました。
次回の更新では、採用試験の小話をしたいと思います。

H20.10.29

定額減税から給付金方式への変更は、どうなるか楽しみですね。

定額減税は所得税を納めていない人は対象外ですから、失業中の人・扶養家族の多い人・年金の少ない人などは恩恵を受けられない。

しかし今回は所得制限・年齢制限などの制限を設けない予定らしく、国民全員対象になることと規模は2兆円となれば驚かざるを得ません。

どのような方法で支給されるのかは分かりませんが、以下のように計算してみると、

  • 全世帯(5170万世帯):1世帯38千円程度
  • 全人口(12700万人):1人15千円程度

世帯と人口どちらでも、そこそこもらえる計算になり、あとは現金と以前実施された地域振興券形式なのかによりますね。

仮に現金で支給となれば、サラリーマン世帯を中心にほとんどは預金になると思われ、消費を促すなら地域振興券が有力かも。

いずれにしてもたった数万円を貯金したところで、将来安泰という訳ではありませんから、ぜひ消費して欲しいと思います。

追記
ただ、消費しても景気回復に直結することは難しいですし、なんとなく選挙対策のようなものを感じ、あとで消費税アップですよと言われるのは一番困る。
方法はあえて問いませんから、安心して生活できる環境を整えて欲しい、それだけが願いです。

H20.10.28

前回の発表の応募先から連絡がありました。
結果は、「30日に面接を受けに来てください」とのこと、まずは書類選考通過しました。

なんせブランク期間の長かった私ですから、正直書類選考通過だけでもかなり喜んでおり、面接ではいかに臨機応変に対応できるか、自分を信じるしかありません。

あとは寒くてもいいので、雨だけは降らないで欲しい。
スーツなど服装は乱れがちになるし、髪も癖毛ですからまとまりにくくなるのも悩みの種。

また、試験は面接のほかに作文もあるとのこと、どのような題目で試されるのか分かりませんが、書きやすい題材なら助かります。

文才があれば、この独り言ももっと充実したものに仕上げられるんですが、長年サイトを運営しているのに、いつも頭を悩ませて書いてるんですよ。(これでも)

面接は誰でも必ず緊張しますので、この緊張をいかに味方にして自分を表現できるか!
自分なりに頑張ってみたいと思います。

H20.10.26

風邪にやられました。
発熱は無かったものの、鼻水は洪水のように溢れ出るし、ノドの痛みにつばを飲むのも苦しかったです。

現在はかなり回復してきたため、こうして更新できるまでに復活中。
今週は、先日送付した履歴書で万一通過できれば、面接への挑戦権を獲得できる可能性もあることから、なんとか明日までには回復したいと思っています。

最初に風邪にやられましたと書いたものの、実際にはアレルギー性鼻炎の可能性も高く、正直本当に風邪なのかは分かりませんが、体調がすこぶる悪かったことは確か。

急激な気候変化と、プライベートで重大な問題の発生もあり、精神的に弱っていたことも原因のひとつだと考えらます。

プライベートの問題は、ここでは具体的には公表出来ませんが、ネットで知り合った方に相談し、話を聞いてもらっただけでかなり救われました。

身近な知人等に相談するのも方法のひとつではありますが、現実問題としては物理的な距離の近さや、顔を知っているだけに相談しづらいことも多々あります。

その点ネットなら、リアル生活とは違った付き合い方だけに、相談のしやすさを改めて感じました。

こうした自分以外の悩みに振り回されるのも、自分は孤独ではないという証拠だと思い、あえて良かったと思うようにするべきですよね。

H20.10.22

日課になっているハローワークの求人情報を検索してました。
またいつものようにイマイチだろうなあと思っていたところ、久しぶりに魅力を感じる求人票を発見!

一応家族にも相談した結果、受けてみようということになり、翌日ハローワークにアポなし訪問。(アポは必要ありませんが・・・)

30分ほど待たされ窓口に向かったところ、これまで見たことのないくらい、低姿勢な40代らしき男性職員が迎えてくれました。

私の話をとても熱心に聞いてくださり、一部条件に合致していない部分もあったが、会社へすぐに連絡をとり応募オッケーということに。

応募するのに必要な履歴書と職務経歴書の見本も準備してくれるなど、最初から最後までとても素晴らしい人でした。

全国のハローワーク職員が、今回私を対応して下さった方のようなら、失業者にとってはとても心強いものであり、そのような職員が溢れることを強く望みます。

現在は、職務経歴書を作成しているところなんですが、社名が変わったり退職時に廃業していたりと、書きたい情報を収集できずに困っています。

なんとか今日中には作成を終え、木曜日の午前中に郵送手続きをしたいため、今も必死になって簡潔で読みやすいことを目標に頑張っている最中!

皆さんの運を少しだけいただけると、私はかなり喜びますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

H20.10.20

年金特別便ようやく私にも届きました。

妻にはずいぶん前に届いたのに、私はなぜか放置され続け、失業者は無視ですか?と思って諦めていたところ、先日ポストに投函され、まだ国に見捨てられていなかったようで一安心。

さっそく自分の加入記録を、これまでの職歴と突き合わせたところ、厚生年金と厚生年金基金の加入期間は理解できた。

しかし、学生期間と無職期間の国民年金加入期間について、どの期間未払いなのか分からない・・・。

各加入期間について、何らかの印を付けてさえくれれば分かりやすいのに、合算で未払期間を提示されても非常に困る。
何も印にダイヤを埋め込んでくれと言っている訳ではなく、分かりやすいようにして欲しいという単純な気持ち。

家族に事情聴取したり、過去の記憶を呼び起こすなどなんとかしなければ・・・。

ちなみに老後は皆さんどうされますか?

私は公的年金だけでは不十分と考え、厚生年金基金は当然解約せず、変額個人年金などやってます。

先日ニュースで最近の株価急落により、個人投資家がネット証券口座開設が激増しているそうで、投資するタイミングと考えている人も多いそうです。

ある意味、確定拠出年金など考えてみる良いタイミングなのかもしれませんね。 「SBI証券 」なら個人型確定拠出年金をできるみたい。(私は資金不足により出来ませんが・・・)

H20.10.17

いよいよ家に帰る日です。

ホテルの朝食はバイキング、貧乏性の私ですから確実に元を取る旺盛な食欲! 食後はベルトを多少緩めなければならず、食べ過ぎてしまったことを後悔する。

ホテルから家までは、順調に帰ると数時間もあれば十分なため、山道ルートも選択できるので、山頂が紅葉していると期待し、あえて標高の高い山に行ってみることにした。

もちろん行き方など知りませんから、じゃじゃ馬ナビのお世話になることにする。 そこは国道から逸れ、ギアを2速に入れなければならないほど急な登り坂でしたが、以下のような綺麗な景色を観れました。

紅葉

紅葉真っ盛りとまではいきませんでしたが、予想していなかった滝を観られたし、一応赤い葉も観られたので良かったです。

その後、順調に進めれば良かったんですが、目の前に枯葉マークを付けたセダン登場!

制限速度60キロの道路を50キロ程度で走って下さり、おまけにセンターラインギリギリを走るもんだから、対向車とぶつかりそうでとても怖い・・・。
おまけに点線ラインになって追い越そうと思うと、直線道路でスピードを出しやすいせいか60キロ以上のスピードを出すから今度は越せない。

私はスピードを出すのが苦手なんで、点線ラインになるとあえてスピードを落とし、後ろの車を先に行かせるようにして、自分のペースを守るようにしています。 黄色ラインばかりでも、ハザードを出し行かせてしまいます。

そんなおじいさんに多少イライラしつつ、なんとか無事に帰宅することができました。

帰宅した安堵感からか、どんどん疲れは増していき、翌日14日は疲れもパワーアップしてかなりダルい。
不慣れな道と車ということもあったが、こんなに疲れたのは久しぶり。

こうして2008年秋の旅行は終わりました。(しつこい連載失礼しました)

H20.10.16

ホテル出発。
目的地までの間にいくつか寄りたいポイントがあったため、さっそくナビの登録作業を始めました。

説明書は持っていったものの、やはりはじめてナビというものに触れるため、なかなか思い通りに動いてくれない。

ようやく設定を終え数キロ走行していると、行きたいポイントの標識とナビの示す方向が、完全に左右逆に表示され、いきなりパニック!

なんとか停車したものの、なぜ反対方向を示すのかさっぱり分からない。 目的地のポイントを間違ったのかと思い、全体のルートを表示させると、私の描いていたルートとは全く別のルートを案内している・・・。

どうすれば良いのか分からないため、ナビの案内を無視して標識のとおりに走行してみると「リルートします」と、急に方針を転換して希望に近いルートの案内開始。

まあ「やれば出来る子」なんだなと思い、その後はナビの案内でどんどん突き進み、ようやく最初の目的に到着した。

その後、追加で寄りたい場所をナビに設定すると、なぜかまた変な方向を示しだし、私は完全に方向感覚を失う。

「またかよ」と思いつつ全体のルートを表示させたら、またしても別の遠回りのルートを案内し始めている。 仕方ないので、本来通りたかったルートにあるものを目的地に設定し、腹立たしさを抑え再出発。

ここからは非常に順調に進み、交差点などではしつこいくらい「右に曲がってください」など念を押されるので、その度に「はい」と返事する私。

最終目的地に近くなった頃、Y字路に差しかかったがナビからは何も案内がないため、そのまま本線を走って行くと、慌てて「リルートします」とおっしゃるじゃありませんか。
「なんだよ、だったらY字路の前に言え」とナビを厳しく叱りつけ、リルートされた道をシブシブ走り続けた。

そしてようやくホテルに到着。さすがプリンスホテルなのか、格安プランなのに非常に対応も良く、部屋も想像より広く満足できるホテルだった。

到着時にまだ日もあったため、いくつか観光ポイントを回り、本日は150キロ前後走行したため、疲れからか早々と眠りについた。

次回は最終日の帰宅までをご報告いたします。

H20.10.15

結婚式を終えた後、未だに翌日の行く先は決まらない。
どこかに行きたいのに、具体的に行きたい場所を見つけられない。

ネットであれこれ調べていくうちに、ようやく行きたい場所と宿泊したい宿を見つけた。
これで一安心と思い、宿の詳細を調べようと「楽天トラベル」の宿情報を見ても、私の知りたい情報が記載されておらず、悩んだ挙げ句に宿へ電話をしてみた。

すると、私の希望は叶えられなかったが、もう調べるのも嫌だったので、このまま宿の予約をお願いした。

空いている部屋は「楽天トラベル」で分かっていたので、その部屋をお願いするともう空いていないと言われ、別の部屋をお願いするとそこも空いていない言われる。
じゃあ空いている部屋はどこなんだ!と聞くと、希望条件とひとつも合致していない部屋しか空いていない。

これでは楽しめないと思い、その宿の宿泊は断念するしかなかった。

電話を終えた後でも、「楽天トラベル」は予約を受け付ける状態になっており、いったいどういうことなのか訳が分からない。
どちらの責任かは分からないが、泊まれない宿の予約を受け付ける状態になっているのはおかしい。

楽天は、消費税の内税方式に対応するのも1年も遅れ、以前より対応が悪いなあと思っていたんですが、トラベル部門のずさんな管理にもがっかりした。

気を取り直して別の宿泊先を探すことにしたところ、予算はオーバーするものの「プリンスホテル」を調べてみることにした。

もう宿登録サイトは信用できないので、直接プリンスホテルのサイトで12日の空き情報を調べたところ、Web限定の朝夕食付きプランを見つけた。

でも、朝夕ともホテルでは味気ないなあと思い、朝食だけのプランを探したら、とんでもないものを発見!!!
なんと、西武ライオンズ優勝記念のWeb限定プランがあるではありませんか!!!

通常料金と比較しても半額程度で宿泊できるプランで、もうこれを逃す手は無いと、その場でWebから予約完了。

最後の最後に最高の掘り出し物を見つけられました。野球に興味のない私でしたが、こんなかたちで恩恵を受けられるとは。
西武ライオンズ優勝おめでとう!

ルートは地図を見て決め、ようやく眠りにつくことができた。

次回は、プリンスホテルに到着するまでの、ドライブについて更新しますね。

H20.10.14

昨晩、結婚式+小旅行から帰って参りました。

久しぶりの長距離運転だったこともあり、あまりにも疲れパソコンを開く気力もありませんでした。
総走行距離440キロを、高速道路を使わず一般道路のみの走破!

当初予定では、ETCを使って現在実施されている割引を利用するはずが、ETC故障により利用を断念せざるを得なくなったんです。

また、自分の自動車ではなく、父親のナビ+ETC搭載車という不慣れな車だったことも、疲労を助長したのかもしれません。(肝心のETCは壊れてましたが・・・)

今回の更新では結婚式のお話を。

二人の馴れ初めは、お見合いを通じて約1年を経て結婚することになり、私は新婦側の職場の先輩の夫という立場での出席で、式の規模としては中規模なものでした。

式の全体的な雰囲気としては、これまで出席したなかでは満足のいくものでした。

良かった点

  • 料理がそこそこ美味い(伊勢エビがグラタンではない)
  • お偉さんの話が短い
  • 民謡などを歌った人がいない

悪かった点

  • 時間が3時間以上
  • 新郎側友人の話がイマイチ

不安だった引出物の名前入り品は、私の予想は外れワインに名前の入ったもので、メインの引出物ではありませんでした。
メインの引出物はカタログギフトで良かったです。

披露宴で感じたことは、新婦を気遣っている新郎の姿で、彼女と結婚出来て本当に嬉しかったんだなあと、出席しただけの私でも感じ取れるほど。
これだけでも出席した価値のある披露宴でした。

今は新婚旅行先で仲良く楽しんでいるはずで、二人には幸せな家庭を築いて欲しいと思います。

次回は結婚式を終えた後からのお話を。

H20.10.10

いよいよ今週末、結婚式に行かねばなりません。
結婚式場までの距離は約100キロあり、いろいろ考えた結果、車で行くことにしました。

夕方からの結婚式のため、式場のホテルで1泊したあとに、そのまま足を延ばし、どこかでもう1泊する予定です。

どこかでもう1泊というアバウトな表現なのは、未だにどこに行くか決めておらず、今日の夜でも決めようと思っているからなんです。
ルーズというか適当というか、まあその辺はなんとかなるでしょう。

また、車も自分の車ではなく、親の車を借りることになってまして、なぜ親の車かと申しますと、親の車にはナビとETCが付いているから。
私の車にはどちらも付いていません。

私は知らなかったんですが、土日祝の9時から17時までの間に、ETC搭載車で入り口か出口を通過すると、高速料金が半額になるというではありませんか!

ただし、対象外の路線はあるし、距離は100キロ以内・1日2回までという条件はありますが、これを利用しない手はありません。
高速料金についてはこちら

さらに、方向音痴の道に迷う名人の私にとっては、ナビはとても心強いものであり、絶対的な案内は無理としても、私の頭の中にあるナビよりはずっと賢いはず。

まずはどこに行くか、それを今日の夜まで決めようと思います。

H20.10.8

今週末、結婚式に出席する予定です。
妻の後輩に当たる方で新婦なんですが、私も以前から顔を会わせる機会もあったことから、夫婦で出席となりました。

彼女からのメールによると、結婚式の慌ただしさによりパニック状態のようで、正直イライラすることも多々あるようです。

特に結婚式に関する重要な決めごとのひとつである引出物、これはセンスの問われる非常に重要なものであり、招待された側にとって結婚式の善し悪しを決める材料にもなります。

その引出物を夫側のお母さんが決めたらしく、非常にダサイものらしい・・・。
どんな品物かは分かりませんが、どうやら引出物に名前を入れたものを準備したようで、私の頭に悪い予感が漂っている。

まさか、

  • 置き時計
  • 漆塗り等のお盆
  • 茶筒
  • 大皿
  • ナカバヤシのフエルアルバム

ネーム入りとなると、申し訳ないけどどれもいらない。
もう、お母さんの勢いを止められないらしく、彼女の非常に苦しんでいる様子。

同じネーム入りでも、金の延べ棒だったら大歓迎ですが、おそらく上記のどれかになると予想しています。

個人的には、カタログギフト等が持ち帰るのも楽だし、必要な物を選べるので期待していたのに、まさかネーム入りの品とは・・・。

どなたか助けてくれませんか?
彼女が幸せになってくれることを願うばかりです。

H20.10.7

今回はまず、デルを使用していた期間のトラブルについて。

  • 最初からタッチパッドの反応が異常に悪い
  • 最初から筐体をはじめ、あちこち部品が歪んでいた
  • 最初から光学ドライブの読み込みが異常に失敗する(クリーニングをしても駄目)
  • ハードディスクに異常が生じているのに、検査ソフトで問題なしという結果になったが、ハードディスクからは強烈な異音が発生(工事現場のような音)←起動が完全に不能になってからようやく無償交換
  • 塗装の銀色が剥げ、下地の色がむき出し状態になる塗装の悪さ
  • 購入して3年以内に10回以上ブルー画面になり、OSの再インストールを強いられる
  • サポートが中国に移管され、言葉がスムーズに通じない(中国の方は一生懸命だったとは思う)
  • サポート期間が一方的に突然改悪される(サイトにこっそり告知のみ)

もちろん、サポートではとても丁寧に対応してくれた方も多く、その点は感謝している。
当たりが悪かったのかメーカー自体が悪かったのかは分からないが、とにかく購入したことを激しく後悔した。

デルはパソコンの低価格化など、頑張っていた点は評価に値するし、頑張ってもらいたいメーカーではあるが、私には向かなかった。駄目な子ほど可愛いと言うが、残念ながら憎さ100倍でした。

良かった点は、パソコントラブルに遭遇しても対処する能力を以前より身に付けたことで、今後に生かされるだろう。

9台目のパソコンとなったNECには、VISTA後継OSが出るまでは、なんとか頑張ってもらいたい。

H20.10.6

今日も昨日に続き、新規購入したパソコンについてです。
購入するに当たっての譲れない条件

  • OSはXP
  • 価格は最高10万円以下
  • キーボードが打ちやすい
  • 画面はノングレア(光沢は駄目)
  • 画面サイズは15.4インチ
  • パームレスト(手の置く所)の左側にHDが無い

この条件から探すと選択肢は非常に少なく、悩んだ結果残ったのは2メーカーだけ。

この2機種から散々悩んだ結果、勝ち残ったのはNECでした。
NECの勝因は、価格面で約2万の差があったことと、カード会社の商品券を使いたかったので、店頭で買えるという2点でした。

また、Office2007がNECに付属していたこともあり、これまでOffice2000を使用していた私にとって、Office2007の操作を覚えたいということもありました。

価格をクリア出来れば、エプソンダイレクトで購入したかった。(残念!)

もちろん、NECに不満が無かった訳ではなく(個人的な使用環境において)

  • USBが3口しか無い
  • SDカードスロットが無い
  • ページアップ・ダウンボタンが無い
  • CPUがセレロン(致命傷?)
  • 再セットアップ用CDが付属してない

CPUについては、店頭で起動させたり処理をいろいろ操作した結果、十分許容範囲内でしたので、問題ありませんでした。

結局、5年保証とメモリを+1Gにして総額89800円なり、うち商品券12500円を使用し、残りをクレジットカードで支払いました。

今のところは、そこそこ満足して使用しています。
次回も、パソコンについて書こうと思います。(しつこいですがお許しを)

エプソンダイレクト株式会社

H20.10.5

この1週間ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
お陰様でこのように更新できるまでになり一安心です。

結果的には、修理ではなく新しいパソコンに買い換えました。
これまで使用していたのはデルのノートパソコンです。
故障内容は、液晶画面に青や黄色の線や斑点など出没するようになり、3分以内にフリーズしたうえに、テレビの番組終了後のような砂の嵐になってしまうんです。
(ウルトラマンみたいですが、正義の味方ではない)

デルに連絡したところ、修理費用は5万円前後言われ、この夏に保証期間が終わってしまったために、有償修理になってしまったんです。

購入したのは3年ほど前でしたので、修理をしようかとも考えたんですが、この夏だけでOSの再インストールをしなければならない、致命的なエラーが2回も出たし、わずか3年ほどの間に何回再インストールしたか分かりません。

こんな不安定なパソコンでは、修理してもどうせすぐにトラブルに遭遇するだろうと考え、修理するのを止めデルと決別することにしたんです。
電話サポートが一方的に改悪されたことも、決別するのに十分な材料でした。

これまで8台のパソコンを購入しましたが、こんなにトラブルの多い不安定なパソコンはありませんでした。

人生において購入に最も失敗した電気製品で、この教訓から得たものは、安さではなく品質を第一に考えることでした。

次回は、どんなパソコンを購入したかをご報告いたします。

2008年7~9月分 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 2009年1~3月分

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索