無職の独り言

H21.6.28

今月は営業社員の採用試験がありました。
本社採用ということもあって、約50名ほどの応募者の中から書類選考を経た結果、半数の方に一次面接に来ていただきました。

これまでの応募者よりも学歴職歴ともに優秀な方が多く、もし今不景気でないならもっと待遇の良い会社に行くんだろうなと思える方もおり、どれだけ景気が落ち込んでいるのかを実感しております。

一次面接を通過された一部の方については、先日二次面接に再度来ていただき、最終的には20代後半と30代後半から各1名ずつ採用。

営業職とはいえ、現場仕事もある体力的にも大変な仕事のため、これから暑い夏を迎えるにあたって身体を壊さず頑張ってくれることを期待しています。

今回不採用になった方で私の気になった方は、履歴書等書類は一切見ていないため見た目だけで申しますと、以下のような方です。

  • 髪を整えていない
  • 前日入浴していない(不潔っぽい)
  • スーツ・Yシャツのシワが多い
  • 態度がでかい
  • 待合室でリラックスしすぎ
  • 帰る時に会釈をしない

合否に直接関係ない場合もありますが、一次試験を通過された方で上記のような方はおりませんでした。

面接に来たことをトチったりするのはやむをえませんし、合否に関係するような減点には全くなりませんが、上記のような問題点は気を付ければクリアできます。

本人はこれくらいどうってことないと思ったのかもしれませんが、正直がっかりする場面もあり、恐らく致命傷と気付いてすらいないのでしょう。

今回不採用になった方は、自分の問題点を考えていることと思いますので、何とか自分の失敗に気付いて欲しいです。

H21.6.20

新しい家族がやって来ました。
金魚とメダカを10匹ほど引き取ることになり、ここ最近は水を換えエサをやり必死にお世話をしております。

犬などの動物とは違い、愛想を振りまくでもなくただやみくもにエサを食べるだけですが、少しだけ愛着も湧いてきました。

エサをあげようと近づくと、水槽のこちら側にみんな集まり水面で口をプカプカさせています。ちょっと可愛いかも?

動物は癒しの効果があると言われておりますが、金魚でも何となく癒される気持ちはあり、久しぶりのペットということもあり案外良いものですね。

でも同じ生き物でも先日ザリガニを見ていたところ、私の視線を感じるなり「チョキ」を高らかにあげファインティングポーズで威嚇を始め、一触即発の状況でしたよ。
今回だけは勘弁してあげましたけど。

ペットとして我が家に来た以上、最期まで必ず面倒を見てあげることを宣言します。
これが出来ないようならペットを飼う資格などないですよね。

H21.6.12

とうとう梅雨に入りましたね。
早く梅雨明けしないかなと早くも思っています。

さて、先日受験した「危険物取扱者」試験の結果発表があり、私の結果は「合格」と嬉しい結果になりました。ただ1問間違えたのは残念!
そうは言っても全問正解と同じ、合格は合格ですので結果オーライです。

比較的簡単だった試験とはいえ、やはり合格出来たことは自信につながりますし、今年初めに受験し合格した「損害保険募集人」に続く、今年2つ目の資格。

この秋には他の資格試験も予定しており、2度あることは3度あると信じて頑張りたいと思います。

話は変わり今回私の勤務している会社で営業職の募集をしたところ、50人程度の応募をいただきました。
1次面接には30人弱の方にお願いし、その中から2次面接に進む方を絞り込み、そこから採用者を決定します。

また妻の勤務している特殊法人でも事務員の応募したところ、非正規社員だったにも関わらず予想を上回る応募があったそうで、妻は面接官の一人として立ち会ったそうです。

妻に最近の応募者について聞いてみると、非正規とはいえスーツを着用しないで来る方が多く、服装を理由に却下される人の多さに驚かされました。

ブランド物のスーツをお願いしている訳ではなく、面接にふさわしいスーツを期待しているのに、ひどいとジーンズという者までおり二人で失礼ながら首を傾げております。

ほとんどのサラリーマンにとって服装は基本ですので、もし服装で悩んでいる人がおりましたら、男女問わずスーツをお勧めします。
せっかく得た面接の機会を無駄にしないでくださいね。

H21.5.30

久しぶりの更新です。
今月は、関連会社4社の決算作業に終われ、休日出勤を何度しなければならないほど忙しく、とても疲れ更新できませんでした。すみません。

おまけに簡単と言われてはいるものの「危険物取扱者」試験を受験し、2日ほど勉強に時間を取られるなど、ゆっくり休めない日が続いてました。
近々結果は発表されます。

ところで4月の失業率等発表され、数値の高さに驚いております。また1~3月の地域別数値を見ても、青森県7.9%と福井県3.1%は大きく異なっております。

ワーストランキング

  • 青森県 7.9%
  • 沖縄県 7.8%
  • 秋田県 6.7%

ベストランキング

  • 福井県 3.1%
  • 山梨県 3.2%
  • 佐賀県 3.2%

全国平均は4.6%で、ワースト4位以降の平均以下都道府県は:宮城県・北海道・鳥取県・大阪府・福島県・岩手県・福岡県・高知県・京都府・山形県・愛媛県でした。

いずれにしても全国的に悪化していることに変わりはなく、今後も雇用情勢の改善はすぐに見られないことから、希望に近い求人があった場合には躊躇せず、すぐに応募することをお勧めします。

私の勤務先でも急遽営業職を募集しておりますが、そこそこ応募数があり求人の少なさを痛感しております。

H21.5.5

GWをいかがお過ごしでしょうか?
私は仕事を持ち帰りやっとメドを付けたところで、今週末の土日も出勤しなければならない状況です。

世の中は行楽や静養などそれぞれに過ごしているのを、とても羨ましく思いつつ、忙しいと思えることを幸せなことと思うようにしています。

このGWの大きな出来事としては、嬉しいことは高速料金の1000円均一、困ったことは豚インフルエンザ問題で、海外で過ごされた方達が感染せずに帰国することを願うばかり。

高速料金1000円は嬉しいことではありますが、2年間の期限付きということと、ETCの補助金枠は既に埋まり終わってしまったことを考えると、私にとっては恩恵は無いなあと思いました。

ETCの購入費と、高速の利用頻度から割引される料金を考えると、ETCを装着せずに通常料金を払った方が恐らく安いんです。

自動車にはほとんどお金をかけない私ですが、天性の方向音痴ですから、ここ最近ポータブルナビは欲しい思い、チラシやカタログを見ています。でも機能比較しても正直イマイチよく分かりません。

選考基準は、価格の安さや案内の正確性はもちろん大事ですが、本体の載せ替えも重要な要素でして、自家用車と社用車にワンタッチで動かすことを想定しています。

話はそれてしまいましたが、連休明けからハローワークは一段と混雑すると思いますので、時間を効率良く使いチャンスを逃さないようにしてください。

H21.4.25

前回の試験のお話しを。
今回受験する資格は「危険物取扱者試験丙種」で、受験された方の話では難易度は高くなく、ちゃんと勉強すれば大丈夫と言われました。

そうは言われても、危険物の資格なんて名前しか聞いたことありませんし、どのような時に資格を必要とするかも詳しくは分からず、 そんな状態な私でも大丈夫だろうということで「丙種」という、一番下から始めることになりました。

私は内勤ですから、実務上は恐らく直接的にタッチする機会は無いと思いますが、会社の現場を知るためには必要であり、 今後も現場に関係する資格は取得しなければなりません。

それでも取得に関する受験料の他に、研修や教材費など全て会社が負担してくれますので、 こういった機会をくれた会社には感謝しなければなりませんね。自分で全額負担では正直結構痛いです。

個人的に取得したい資格は別にあるんですが、その受験は会社から指示されている資格取得を全て果たしてからでなれば、 正直勉強で一杯一杯になりそうなので、しばらくはお預け状態です。

年々勉強しても覚えにくくなっており、そんな老いにも負けず一発合格のため、頑張りたいと思っています。

H21.4.19

久しぶりの更新で失礼しました。
ここ最近は新年度ということもあり、煩雑な手続きから決算関係などに振り回されております。

4月に入って気候も穏やかになってきたので、ウォーキングを週1回程度の間隔で再開しました。
所要時間は2時間程度を費やし、日頃の運動不足を補うと同時に気分転換もできるうえに、最も嬉しいのはお金がかからない。

スポーツジムなどを利用すれば、専門のインストラクターからアドバイスをもらい、機能的な器具で効果を得られることは分かっています。

しかし、屋外で風に当たり新しいお店を見つけたりする刺激は、スポーツジムでは得られない刺激であり、リフレッシュに適していると思っています。

花粉症の方にとっては、春の屋外は非常に厳しいかもしれませんが、そうでない方は自身の健康管理のためにも、まずはウォーキングをお勧めします。

それから、来月に今年に入って2度目の試験を受けることになりました。
具体的なことは今後の更新で発表したいと思いますが、夏にも試験を受ける予定になっており、資格・免許の大切さを痛感されられております。

H21.4.5

遂に4月を迎え、新しい年度となりました。
(本日は物騒な出来事がありましたが・・・)

今月はいよいよ定額(低額)給付金の支給手続きも開始され、今月下旬には多くの方に行き渡るのではと思います。

ただ金額も少ないうえに、消費税の大幅増税という脅しもかけられているなかで、どれだけの家庭で余分な消費にまわせるかは非常に微妙ですね。

ほとんどの家庭では、生活費の一部に当てられ、給付する目的の一部である景気刺激の役割は果たせず、国民も有り難みを感じないまま終わりそうです。
残るのは消費税増税の恐怖だけでしょうか?

それとETC・高速道路の割引関係も、我が家では設置する予定も利用する予定も一切ありません。

最近はガソリン価格もまた上昇してますし、GWはドライブなどで需要はあるかもしれませんが、恩恵を受けるのは一部の人だけに終わりそう。

その他の景気刺激に関する税制改正では、住宅減税の大幅充実などありますが、これも枠を使い切るには一般国民のレベルでは不可能で、国の考えている景気回復対策で私の貢献できるものはありません。

私がずれているのか政策がずれてるのかは分かりませんが、こんな政策を立ててくれてありがとう!と感じるものを実施して欲しかった。

2009年1~3月分 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 2009年7~12月分

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索