HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2006年3月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2006年3月分

ローズヒップさん 東京都 女性 28歳 H18/3/31

はじめまして。今年の6月に離職予定の者です。
育児休業給付について教えてください。
結婚が理由ではないのですが、ちょうど同時期に解雇されることになりました。
退職後は再就職するつもりです。ただ、妊娠もあまり先延ばしにはしたくないと考えております。
「離職→失業給付受給→再就職→育児休業手当受給」
という流れの中で、再就職から育児休業に入る日までが12ヶ月に満たない場合、
育児休業給付は受けられなくなるのでしょうか?
失業給付受給後でも、育児休業前の2年間に前職での勤務日数を加算できるのか、
ということが知りたいのですが。。。
よろしくお願い申し上げます。

残念ながら育児休業給付を受けることは出来ないと思います。
その前に再就職後間もない間に、育児休業取ること自体が難しいと思います。(育児休業給付と育児休業は別)
大手や理解のある企業等ならともかく、多くの会社では長年働き、権利があっても会社が認めてくれない可能性の方が大きいという現実があります。
また育児休業を、労使協定で雇用されてから1年未満の者を対象外にしているところさえもあります。

参考までに30歳という年齢は、就職活動するうえで大きな意味を持っているので、そのへんも考慮しなければなりません。
ちょっと自信が無いので、ハローワークへ確認をお願いします。
※風邪で変な文章はご勘弁を

ハローワークの育児休業給付のページ
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3d.html


まだあきらめきれない男さん 群馬県 男性 44歳 H18/3/29

管理人さん

さっそくコメント頂きありがとうございます。
最近、「独り言・体験談」のコメントにて、管理人さんの最近の体調事情(?)をお伺いする機会が目立ちますね。
内容を拝読させて頂いておりますが、私に負けず劣らず(失礼)、かなりの持病をお持ちのようで、心身ともに苦しい症状に長年お苦しみのことと推察致します。
診断は難しい、治療も困難、肝心の医療当事者をはじめとして、他人にはなかなか理解してもらえない・・・。
自身の症状と重なることも多く、いつも我が事のように共感しております。
今時の春先、また秋口は、我々病気持ちには何かと体調を崩しやすい季節です。
改めてお見舞い申し上げます。

さて、本日はかかりつけの精神科(月1回)を受診して参りました。
これからの自分の就業方法を模索する中の一環として以前より検討していたのですが、
「障害者手帳の交付の件」に関して、今回はじめて担当医に話を切り出しました。
ちなみに、これは障害者雇用のルートに乗るための「前提条件」であります。

いま自分は医者から、「神経症」という診断を受けているのですが、
統合失調症・躁鬱病・癲癇等の精神科医療における典型症状と違って、
これだけでは原則的には申請しても通らないそうです。
もし神経症で申請を通すには、「半年以上の継続的な受診の実績」が必要、これは認定条件として、「著しく社会生活が障害されている客観的な事実」が必要なためなのですが、
自分はこの点に関してはすでに16年半の受診歴があり、この条件に関しては問題は完全にクリアしております。
先生からはもうひとつのアドバイスとして、この診断名ではなく、「身体症状の強いうつ病」として申請してはどうかという意見を頂きましたが、いずれにしましても、とりあえず「手帳取得の可能性がある」ことだけは確認致し、ひとまず安心致しました。

いまや県公認の「障害者」となってしまった自分を、改めて受け入れなければならない辛い現実でありますが、取り合えず、セイフティネットとしての社会福祉制度を利用できる手段を、生保と並んで、これでもうひとつ確保出来た訳です。

先生のお話によりますと、手帳交付後に特にハンディとなることもないそうですから、今後の雇用情勢等を見極めまして、手続きを検討したいと思います。

管理人さんが悪法と指摘されている障害者自立支援法がいよいよこの4月から施行されます。
障害者を支援する政策として、これまでの施設等への囲い込み中心から、障害者の就業を支援し自立へと導き、ただの受益者としてではなく、それなりの担税者となってもらうこと。
これが本法の立法趣旨かと思いますが、これをただの障害者の切捨て、社会保障費の単なる削減にならぬよう、政府の本音を見極めるため、これからしっかりと制度の監視をしなければならないと思います。

国の借金は800兆円を超え、一人当たり約600万円の借金を負っていると聞きます。
国にも早く債務整理をお願いしたいところです。
それにしても、想像の出来ない金額ですね・・・。
誰がこんな借金を作ったのですか・・・?(嘆)

何だか老人が病院でする会話のような、体調ばかりになってしまってますね。
待合室で待っていると、老人同士は必ずどこが痛いとか手術を受けた傷があるとか、なぜか不健康な話しばかりしていて、聞いているこっちまで具合悪くなります。

さて、障害者手帳の関係については、医師も前向き?に対処する方法を考えて下さっているようで、いざという時には力になってくれそうで、とても安心しました。
取れる選択肢を1つでも多く確保しておけば、どんな方へ転んでも対応でき、手続き方法や状況を知っておくのは大事ですよね。

それと、自立支援法は詳細までは分かりませんが、負担が増えるのが自立を妨げ、かえって自立を妨げているような気がしてならない。生保と同じく、ただ機会を取り上げているだけのような気がするんです。
国民年金だって加入期間によっては生活保護より収入が少ないなんて、どう考えてもおかしいですよね。
それだったら、国民年金を払わずに生活保護をもらった方が得みたいな感じ。
なんだかおかしい世の中で先行き不安です。

ところで、回答が遅くなり失礼しました。
独り言にも書きましたが、お世話になった先生の奥様が若くして亡くなられたことにショックを受け、思考回路が停止していました。


まだあきらめきれない男さん 群馬県 男性 44歳 H18/3/28

管理人さん
いつもお世話になります。

各地から桜の開花宣言を次々と耳にするようになりました。
当地ももうすぐかと思います。
沈丁花のゆかしい香りが其処かしこから漂って来た弥生3月もまもなく終わりを告げ、世間の皆さんにとっては、人生の新たな門出を寿ぐ明るい季節となりました。
この時期は新入学・新社会人の話題が何かと取り上げられるシーズンでもありますが、自力で何も自身の人生を切り拓くことが出来ない自分には、何とももどかしく歯がゆく、惨めで情けない自分の人生と比較するとき、あらゆる意味で最も憂鬱な季節の到来であります。
大学を卒業して以来、私には「人生の春」は無くなりました。
冬型のからだから春型のからだに切り替わる、病者には何かと体調を崩しやすくつらい季節です(22年前の今頃、自分はパニック障害のような症状に襲われました)。
管理人さん、体調いかがですか?

さて、今回は病者・障害者の就労について多少意見を述べます。

先日、県主催の就労支援事業にてご縁を頂いて以来、ずっとお世話になっている就職カウンセラーの方と久しぶりに面談の機会を得ました。
債務整理に伴い、慌ただしく引越し作業に追われ、当地の借家に転居してから早や二ヶ月が経過しました。
痛みの後遺症のため、安定剤を服薬してもしっかりとした睡眠がなかなか取れないため、絶えず疲労感が残り持久力がありません。
特に昨年後半からの凄まじいストレスによりエネルギーが枯渇してしまったのか、やる気がおきず、ほとんど就職活動はしておりませんでした。
今月の上旬に1社、なんとか応募可能な案件を見つけだし面接に臨んだくらいで、結果の方ですが、案の定不採用でした。
状況は相変わらず厳しく、せいぜい借金が整理できただけで、私の置かれた厳しい現状(長期の体調不良・長期の失業状態)は何も変わりがありません。
理想はともかく実際は、「中高年」、ましてや「病者」の就業は、ほとんど不可能な状況です。
20年以上、闘病と就職活動に追われて来ましたが、年齢のこともあり(12年続けている週一の肉体労働のバイトも最近ひどく堪えます)、
そろそろ限界、潮時かもしれません。
もう、本当に疲れ果てました・・・。
ハンドルネームも変更しなければなりませんね。

就職カウンセラーの方はもとより、通院先のケースワーカーの方とも度々面談しておりますが、いただくアドバイスはだいたい同じです。

自分の考えるこれらの選択肢は次の通りです。

@生活保護を受給する

法律の趣旨に従う限り、原則自家用車の保有・運転が禁止され、車の使用が日常生活において必要不可欠な当地では、事実上就業は不可能となります。
何もすることのない毎日は、デイケア・作業所等で時間をつぶすしかありません(通所には一時間に1本しかない市内循環バスを使用します)。
このような屈辱的な生活で、勉強・仕事をはじめとして、「学ぶこと」だけが生きがいの自分の神経が、(実際、学卒以来21年間、実質無職の毎日、何もスキルを習得できなかった毎日は、後遺症による肉体の苦痛以上に耐え難い生き地獄でした)、
果たして、これからまだ長いだろう余生をどこまで耐えられるか、大いに疑問です。
正直、何の生きがいもないでしょう。
一日として死を考えない日はありません。

A障害年金を受給しながら、短期のアルバイト等に従事する(多少の生きがいを担保するため)

まず、現状の自分の症状が手帳の交付に該当するかどうかが問題で、
手帳の件についてはまだ主治医に相談していないのですが、障害者雇用が極めで厳しい現状では、はたして「就業のための方便」として手帳を交付してもらうメリットがあるのかどうか(選択肢は確実に狭まるそうです)、4月から施行される障害者自立支援法への移行に伴う事務手続きも終え、名実共に、県公認の「障害者・病者」となったことを改めて実感した私ですが、大いに悩むところです。
仮に認定されたとしてもその給付金は微々たるものであり、バイト等もかなり頑張らないと自立は無理でしょう。
すると、疲弊しきっている今の「病んだからだ」でどこまで業務についていけるのか、それが一番心配です。
何故なら、先方に雇ってもらっていただけるかどうかは、要するに「雇用の継続性を維持できる人材であるかどうか」にかかっているからです。

やってみないと分からない・・・。
実際、そうとしか言い様がありません。

数少ないながらも、カウンセラーの方は私のような障害者の就労支援にも係わられたこともあり、今回の面談では面談の席上で気になった話がありました。

ひとつは、

統合失調症の病歴をお持ちの方で、病歴を隠蔽してなんとか就業に成功したそうですが、何かのはずみで病歴が発覚。
会社から就業規則に違反していると指摘でもされたのでしょう、職務に何の問題のないにも係わらず解雇されたそうです。

ふたつめは、

40代男性・既婚(奥さんはパート勤め)・大学生の子供あり(この春に奨学金で家から独立予定だそうです)、うつ病で生活保護を受給しながら、生保から離脱するために就職活動を続けておられているそうです。
ちなみに、この方は禁止されているはずの車を運転されているそうですが、問題はないのでしょうか・・・(この話は病院でもよく耳にするのですが)。
でも、そうしなければ、当地においてはとても就職活動など出来ないのも事実です。

以上が障害者・病者の置かれている就業への厳しい現状です。
改めて、自身も含めてその道のりの厳しさ・苦しさを思い知った次第であります。

ところで、次期総裁候補として9月の自民党総裁選挙に出られる予定の、政府当局の中枢におられる安倍官房長官が、いわゆる「格差社会」を是正する政策を重大政策のひとつとして盛り込むようです。
政府中枢におられる人間の口からこの発言が飛び出したのは大変重要で意義あることと思います。もう個人の努力では、どうにもなる問題ではありません。
本質は社会矛盾をはらんだ構造問題ですから。
何とか頑張って政策を実効あるものにしてもらいたいと思います(朝日新聞・3/24記事より)。
小泉総理のよく唱える「自己責任」・「自由競争」など、社会的弱者を鞭打つ悪意ある発言としか私は思いません。

私の週一のバイト先も年度末で入札の時期ですが、18年度の業務も無事受注できたようで、4月からも何とか仕事はあります。
ただし当初の予定では、契約は18年度も含めてあと2年です。
その先は、このバイト先が将来どうなるか、まったくわかりません。
私に残された可能性はあとわずかです。
まあ、その時まで、やれる限り頑張ります。
お体ご自愛下さい。

お久しぶりです。
私も相変わらず体調が最高という日はほとんどありません。
今日付けの独り言に書きましたが、新たな病気として前立腺肥大・前立腺炎を抱えることになりました。
ここ数日は偏頭痛も頻発していることから、病気のデパートとまではいきませんが、本当に困ったものです。

生活保護に関しては、確かに自家用車の制限など生活に支障をきたすような問題がありますね。この自家用車は全国的に常に裁判になっており、100%不可能ではないかもしれません。
都市部ならともかく、ほとんどの地方では車が無いと生活も仕事もできないのに。
ただ生保自体が、認定されるまで厳しいという現実を何とかしてもらいたい。
助けてあげれば自立できるかもしれないのに、その機会を奪い単なるお荷物のような扱いは許せません。

また障害年金についても、悪法である自立支援法がどのような問題があるのか施行されてみないと分からない部分も多いと思います。
法律の名前と内容がかみ合っていない法律を誰が作ったのか不思議でならない。

私も些細ではありますが、いくつか持病を持っているのでひとごとではないです。
仮に就職できても、抱えている持病を話すかどうか迷っています。

これから将来どうなって行くのか本当に不安で、消費税も12%にするとか国民を脅すようなものばかり出てくる。
年金だって今の老人はたんまり貰えても、私たちの時代ではほんとんど貰えないでしょう。日本は住み難い国なのでしょうか。

愚痴っても暗くなるばかりですね。お互いに地味に頑張りましょう。


ぺーいちさん 茨城県 男性 21歳 H18/3/28

初めて投稿させていただきます。
自分は製造業の派遣社員として働いていましたが、今月の始めから体調が優れず、仕事上のストレスから心療内科に通い半月ほど休業状態になっています。

始めは気分転換にはいい機会だと思っていましたが、
次第に経済的なことを考えるようになり、
派遣会社と連絡をとっても休業手当はないとのこと。
また自分は国民健康保険に加入しているので傷病手当もありません。

そして派遣会社から本日「これだけ休業が続くようならば一度退職扱いにして、
また体調が良くなったときに新規入社という話で進めるから」と言われました。
つまり明日から失業となります。

自分の簡単な職歴ですが高卒で就職し今まで転職を数回しているので無理をして就職してもまた同じことを繰り返してしまう不安感から正社員としてやっていく自信がなく派遣社員として半年くらいになります。
現在の仕事は正直今までやってきた中で一番自分に合っている様に感じました。

現在投薬療法で自宅療養していますが実際体調がいつ回復するかは分かりません。
医者からも「ゆっくり焦らずに」と言われますが、
だからといって生活もしていかなくてはなりません。
逆に経済的な不安からストレスは積もるばかりです。

このような状況での手当や給付について調べているのですが全くわかりません。
どのようにすればよいか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

大変なようでお気持ちをお察しします。
さて、給付等というのは失業給付のことかと思いますが、雇用保険に加入して条件を満たしていたとしても、仕事をできる状態ではないので残念ながら受給できません。
このような傷病を抱えている場合には、受給期間の延長をすることになります。
そして、仕事が出来る状態と医師から判断されれば、受給することができるようになります。

それと健康保険については、親の扶養に入ることで保険料を納めなくてもよくなります。親元を離れていても扶養になれます。
自立するということで国保へ加入していたと思いますが、親へ頼ることも考えてみてください。

最後に国民年金については、収入によっては全額・半額免除等を利用できる可能性もありますので、管轄の役所へ相談されることをおすすめします。
今はまず治療に専念するべきだと思います。
そうするためには、親を頼ることは恥ずかしいことではありません。
それとも親へ頼れない何か事情でもお持ちなのでしょうか?

お悩みの問題が多岐に渡るため、分からない部分を改めて投稿下さいますか?


ゆっちさん 兵庫県 女性 32歳 H18/3/22

管理人さま!!ゆっちです!!
社員の採用通知が本日届きました〜〜〜!まだ実感はないですが、本当にホっとしました!長かった・・・。
7ケ月無職で何社も受けては落ち、書類で落とされ、それでもいつも前向きに考えて来た甲斐があったのか、ご縁があったのか意気込みが伝わったのか、とにかく嬉しいです。
管理人さまのお祈りが通じたのでしょうか!!
本当に一緒に励まして頂いて感謝しております。

他にも沢山就職活動に戦っておられる方も絶対に諦めないで欲しいです。
私も何度も挫折をしそうになりましたが、人間諦めたらダメだなって思いました。
希望も夢も無い日々もありましたが、光が見えてくる時は必ず来ると思います。やはり自分自身に対しても戦っていかないと神様は光を向けてくれないような気もします。

偉そうなことを書いてしまいましたが、諦めずにいて欲しいです。
私も採用はされましたが、これからが本番と試練だと思っています。
嫌な事、辛い事があっても今までの事を思い出し、乗り越えていこうと思っています。頑張ります。
管理人さま、本当にありがとうございました。また覗きにきます。

これまでよく頑張りましたね。本当におめでとう!
我が家のおめでたい仲間達も少しパワーを送れたかと思うと、彼らを誉めてあげたいです。
こういった嬉しいお知らせを頂けるのが、最も嬉しい瞬間でサイトを運営していて良かったと感じる時ですね。

ただ、これからが本当の勝負ですよ。
第一印象というのは大切ですから、気合いを入れて行きましょう。
また、季節柄寒暖の差が激しい日も続いたりなど、体調管理に十分配慮して頑張ってください。
入社後の様子など、もしお時間などあったらお知らせ頂ければ幸いです。
誰しも緊張する入社初日というのは、私も含め多くの方が気になるところですので。

最後に改めて、採用おめでとう!!!


ゆっちさん 兵庫県 女性 32歳 H18/3/21

管理人サマ!こんにちは!
ずーーと前に、こちらで受付業務の面接についてご相談させて頂いたゆっちです!
覚えていただいてますでしょうか?
あれから色々と勉強をし、面接を控えていて先週末に2次面接まで通って、あとは結果報告まちなんです!
テストもあって社長との最終面接でした。緊張はあまりなくリラックスして笑顔で何とか乗り越えました。
今回の募集は本当は中途採用は無かったそうですが、二次面接まで進めたことにとてもラッキーだとは思ってる反面、不採用だったらかなり凹むところです。
結果はどっちであれ、悔いの無い面接になりましたので管理人サマにもご相談に乗って頂いたアドバイスも参考になりましたし、後悔はしてません!
また1からやり直しかもしれませんが何か相談事があればまたアドバイスをさせてください!

覚えてますよ。近所にあった良い会社の受付希望だったんですよね。
二次面接の結果待ちですか。このドキドキ感は私も何度経験したことか、本当に胸が苦しくなります。
面接はリラックスできたとのことで、何よりも悔いの無い面接に終わったというのは本当に喜ばしいことです。
この二次面接突破で採用されるように、我が家にある招き猫・ふくろう・お守り・七福神等の幸運の助っ人にお願いしておきます。
万一のことは考えずに、自信を持って結果を待ちましょう。
ガンバレ!


ISCOMさん 三重県 男性 30歳 H18/3/20

私は会社員で、1年半前に扶養を抜かずに妻が失業保険を貰いました。
ところが最近扶養を抜かなければいけないという事を知りました。
今からでの申請ではもう遅いのでしょうか?
受給期間中は、妻は健康保険を使用していません。
また、年金に関しても受給中の3ヶ月分が未納で終わりそうなので、
問題無い様に思えるのですが。
このまま申請せずにいると将来の年金等に問題ありますでしょうか。

時期としては手遅れになってしまってます。
たとえ健康保険を使わなかったとしても、それは偶然傷病にならなかっただけに過ぎず、仮に使っていたとしても同じでした。
また、年金に関しては仮に扶養でなければ未扱いでしたが、現実は第3号被保険者として加入扱いになっています。
このまま黙っていては社会保険の調査等で発覚する可能性のあるので、次の出勤日に事務を担当している方へ相談してください。
あとは、その方がどういった処理をするかにかかっており、このまま無かったこととして処理するか、もしかしたら年金だけでも払うようになるかは何とも言えません。


CORINさん 兵庫県 女性 37歳 H18/3/16

回答ありがとうございます。お返事遅くなってすみません。
回答通りに確定申告してきました。
前年度分のペナルティ覚悟の上ですが、それは仕方ないと思うことにします。
それより次の職をと思うのですが景気回復と言われてる割になかなか厳しいと思うのは私だけでしょうか?
年齢やこれといった特技やキャリアもない(派遣生活長くやりすぎた事後悔)ので今後が不安です。
回答のお礼とお返事が遅くなったお詫びとともに愚痴を書かせて頂きました。

前年の申告をされたんですね。
この確定申告というものはくせ者で、忘れたような頃にいろんな加算税をプラスされて請求されますので、今は損?をしたような気分も多少はあると思いますが、長い目で見れば得しているはずです。
自分から申告したのと税務署から指摘されたものでは、加算される税金というのはまったく違ってきます。

それにしても良い求人が無いです。
厳しいと思うのは私も同感で、たしかに地域差が生じているとはいえ、求人数があったとしても、給料等の待遇面が著しく低ければ意味ないですもんね。
お互いにじっくり頑張るしかないのかな?


捜餅ーさん 東京都 女性 25歳 H18/3/15

はじめまして。過去ログの回答がとても温かく親身だったので思い切って質問してみようと思います。
私は以前の会社を昨年退職し、現在雇用保険を受給している最中なのですが、退職後身内の病気が重篤になったために、安心させたいという事もあり、急遽入籍しました。

名字が変わった事を、本来ならば雇用保険の受給申請手続きの前にハローワークに届け出ればよかったと今では思うのですが、勤めていた会社の人事もあまりそういう細かい手続きは詳しくないらしく「旧姓のまま手続きして就職活動したらよいのでは」といったような回答で、また、私自身も旧姓の口座しかもっていなかったので、手続きがよく分からないまま現在も旧姓で就職活動をしている状態です。

雇用保険受給中は夫の扶養に入れないということで、退職後から国保に入りましたが、もうすぐ受給期間が満了するので夫の扶養に入りたいと思っています。
しかし、雇用保険受給資格者証をみると、求職申込年月日のほうが入籍日よりも2週間ぐらい後になっていて、結婚したのに変更届を出していないで申請手続きをした=不正受給と思われてしまうのではないか、と不安になってしまいます。

こういったケースの場合どうしたら夫の扶養に入ることができますか?
夫の会社では「受給満了から一月以内に扶養手続きをしてください」というだけで、旧姓の場合どうなるかは分からないとの事でした。
受給が満了してからもう少し国保を続けて雇用保険受給資格者証とは関係なく扶養手続きをとるという方法もあるのでしょうか?

ご結婚おめでとうございます。
危篤になられた身内の方の症状はいかがですか?少しづつでも回復されることをお祈り申し上げます。

ご質問の件に関しては、失業給付と健康保険等の扶養はまったく別物ですので、分けて考えましょう。
まず失業給付に関しては、分からなかったというのは別に構いませんが、分からないまま放置してしまったことが問題です。

いつ満了になるのか分かりませんが、分からずそのままにしてしまったことを素直に認め、安定所へ事実を告げ指示に従ってください。
そのさいには氏名の変更を確認できる住民票等と給付金が振り込まれる結婚後の名義口座が必要となります。
とりあえず、電話で必要な書類を確認して出来るだけ早く、相談に行ってください。

それと、健康保険等の扶養に関しては、失業給付が満了となった時点から扶養になることができますので、ご主人の会社へ扶養に入れてもらえるように話しをしましょう。
そして、扶養者として加入してから、今度は現在加入している国保の窓口に行って脱退の手続きをしましょう。
失業給付を旧姓で受けていたかどうかは、扶養になるにあたり一切関係ありませんので、受給満了になったらすぐに扶養に入りましょう。


となりのトトロさん 新潟県 男性 28歳 H18/3/13

 はじめまして。
 私は昨年12月に初めて入った会社を辞めました。理由は、SE職で残業が過度だったためです。そして今年の3月にまた同じSE職の会社に入社しましたが、約2週間たった今、辞めようと考えています。
やはり残業が前と変わらず過度であるためです。

 この会社を選んだのも私が就職に焦りを感じていたときに受かったからです。しかし入社してやはり思いました。
これじゃ前の会社を辞めたい意味がない!と。妥協したくないことは「過度な残業を強いる」ことだということを改めて感じました。
今週中に上司に退職願いを出そうと思います。
問題なく退職まで進めるように祈っている状態です。

 また無職に戻ることで精神的に先週は悩みました。
しかし友人、家族などから励ましの言葉を受けてがんばれるような気がします。そしてまた同じように悩んでいる人が他にもいるんだということをこのHPを見て勇気づけられました。
自分はダメな人間だとかマイナスに思ってしまうこともありますが、体も五体満足動くのですからまだ幸せなのかなと思ったりもします。
また貯金を削る生活ではありますがいつか笑える日がくることを信じてがんばりたいと思います。

私もSEではありませんが、過去にプログラマーとして仕事をしていた時があり、その当時は月の残業が200時間を超えてました。
確かにお金は貯まりましたが、体への負担は想像を絶するものでした。
まだ20代ですから何とかなるとは思いますが、これから30代になってくると、急激に体力は落ちていきます。

体を壊した私だからこそ断言できますが、健康を最優先に考えてください。
年齢も28歳ならまだまだ選択肢は多いはず。
ご家族や友人など、こんなにも多くの心強い味方支えられていれば、苦しい時期もあると思いますが乗り越えられるでしょう。
次こそ、待遇と健康のバランスを考え、長く働ける職場へ就けることをお祈りしております。

家族に甘えてしまうことも、迷惑などと考えてはいけません。
たいていの親は、頼られるのを待っています。
となりのトトロさんをはじめ、こちらにお立ち寄り頂いている皆さんは仲間です。
私自身もこうして皆さんに支えられ何とかやっています。
お互いに頑張りましょう!


りえさん 北海道 女性 28歳 H18/3/8

初めまして、こんにちわ。
私は、今年に入り某企業に嘱託職員として入社しましたが前に在籍していた会社(契約満了で退社)とはまったく違った雰囲気でどうしてもなじめずそして、新人の私に毎日のように増えていく仕事量の多さに対応できなくなり1ヶ月で辞めてしまいました。
辞めてから2週間以内に会社は資格喪失届、離職票を送付しなければならないんですよね?退社してから1ヶ月経ちましたが一向に送られてきません。なんだか迷惑をかけてあまり円満退社ではないので書類が来ない旨を電話などで請求しにくいのです・・
この1ヶ月間私は国保にも加入していない状態で、保険証もなく病院にも行けない状態で困っています。そういう場合の対処はやはり会社に請求するしかないのでしょうか?どうしてもそれは避けたかったので・・・でもあまりにも遅さに怒りを感じています
どうかご相談に乗っていただきたいと思います お願いします。

離職票の発行は請求されてから10日以内にということになっておりますが、給料の締め日や外部に委託している場合などあり、必ずしも守られるとは限りません。
しかし、1ヶ月程度経過しても音沙汰無しというのはちょっと遅すぎます。

ちなみに、退職するに当たって離職票を会社側へお願いしましたよね?
もし、お願いしていなければ手続き自体をしていない可能性もあります。
離職票は、通常は黙っていても手続きしてくれますが、退職者全員に必ず渡すものではありませんので、円満退職で無いとすれば手続きしていない可能性も考えられます。
雇用保険被保険者証と源泉徴収票も送られて来て無ければ、手続きしている最中かもしれませんが、手元にあるようなら手続きしていない可能性大。

それと資格喪失届というのは社会保険?ことだと思いますが、これもお願いしなければ発行いけません。
どちらの離職票も喪失関連の書類も、送られて来るのは退職者が請求した場合だけで、退職したら自動的には送られて来る訳ではないのです。
国民健康保険等へ加入するために必要ということなら、離職票で代用できますので、最悪は無くても大丈夫です。

円満退職ではないということですので、会社へ連絡しづらいようであれば、安定所へ相談して対応をしてもらったらどうでしょうか?
いじわるされているとしても、安定所から電話が来ればすぐに対応してくれると思います。安定所の方は親身になってくれると思います。


暇人さん 佐賀県 女性 24歳 H18/3/8

今日正社員の面接試験を受けてきました。
パソコン技術はある程度できる人なら問題ないのですが、メンタル面は大丈夫ですか?といわれました。クレームを引き受ける仕事があるみたいで、前に勤めた人がうつ病になったらしいのですが、面接中にいわれたので精神的に大変な仕事と予想した方がいいでしょうか?
従業員は90%が女性で年配の人が多いみたいです。面接受けた所も私と同じ年代はあまりいなかったみたいです。でも給料や福利厚生もいいし定時帰宅とのことですのでその分は問題ないです。あまり深く考えずに行ってみないとわかりませんよね?

クレームの対応は相当なストレスを受けるのは確実で、その覚悟を事前に確認したかったんでしょう。いきなり怒鳴ったり、女だから話しにならないなど、お客さんは最初から怒ってますので、どんな苦情にも対応し耐えられるか心配するのは当然だと思います。
クレームの仕事ほど、精神的に辛い仕事はないでしょうから、覚悟があるのなら頑張ってみる価値はあると思います。
もちろん、厳しさばかりではなく、問題が解決した時などはとても嬉しい気持ちになるんでしょうね。
こういった仕事をされている方のブログなんかを見れば、いろいろと参考になるところも多いと思いますよ。


ルカさん 福岡県 男性 28歳 H18/3/6

初めて投稿致します。
私は今まで仕事と両立させて警察官採用試験の勉強をしてきました。
それで、この度とうとう夢を叶え、昨年の10月に採用試験に合格しました。
去年の12月の採用説明会では、今回の合格者は4月入校と10月入校に別れるとのことで、その時点では誰がどちらになるのか分からない状態でした。
それで私は4月入校になったときのことを考えて、2月いっぱいで会社を退職したのですが、退職する寸前の2月中旬くらいに10月入校の通知書が送られてきました。

そこで質問なのですが、3月から9月までは完全に失業状態になってしまうのですが、私のような場合でも失業給付はもらえるのでしょうか?
またもらえるとして、やっぱり給付制限はついてしまうのでしょうか?
お金がないので不安です。
教えて下さい。よろしくお願いします。

結論から言えば、給付制限付きで給付を受けられます。
ただし当然の条件ですが、10月の入校までの期間に働く意志・働ける環境等であり、給付を受ける条件を満たしているのが前提です。

以下のようなことは考えてもいないと思いますが、念のために申しますと、
もし10月までゆっくりしたいけど、お金が無いから失業給付は欲しいという単にお金目的の申請なら、不正受給ということになり、大変な問題になる可能性もあるでしょう。不正受給は詐欺罪で立件されたこともあり、警察官が犯罪を犯すことになってしまいます。

また働く場合には、事前に採用関係のところへ確認しておいた方が良いと思います。つまらない仕事でせっかくの採用を取り消されたら大変です。
それと、ハローワークでの申請時に、採用試験関連の経緯を伝えておくと良いと思います。
最後に難関突破おめでとうございました。


?さん 愛知県 男性 31歳 H18/3/4

先日この掲示板でお世話になった?です。
あの後色々な事がありましたが、本日11年間勤めた会社を退職してきました。
前回書き込んだ3月25日とは書かれたように給料の締め日です。
あの後正式に[解雇予告通知書]と[解雇理由証明書]を書かせ(しかもこちらから書式刷りだして)、それを持って雇用保険の相談にハローワークに行きました。
管轄によってハローワークの対応が違うかもしれませんが、私の管轄のハローワークでは以下のような対応でした。

・会社から正式に[会社都合]での解雇予告が出ている場合、それ以前に辞めても[会社都合]での支給になるとのこと(210日間)。
理由としては、会社から予告が出た時点で、従業員に退職を促してると言う見解。
但しアドバイスとして以下の事を言われました。
自分から退職するに当たって、自分から退職届けを出す時に[一身上の都合・・・]
とは書かずに[○月○日に受け取った解雇予告通知書及び、○月○日に受け取った解雇理由証明書により・・・]と言う文章を添えて、根本的に会社都合である事を強調してください。
仮に会社が離職票に違う事を書き込んできても、[解雇理由証明書]があるのでこちらの方で対応します、との事。

まずは心強い言葉を頂き、転職活動を行いました。
とは言っても、正直この業界の先行きは暗いままです。
景気の悪さに加えて公共工事の削減も叫ばれる今、他社に移ったとしても果たしてこの先安泰かどうか?・・・・。
自分なりに考えながらお世話になった方々に、お礼の挨拶をして回っていると
故意にして頂て来た方にアドバイスを頂きました。

この方は10年位機械関係の営業をしていた方なんですが
「お前の普段の喋り方や対応の仕方は、すごく好感が持てるし信頼できる」
「もしお前が35歳なら、この業界に留まらせるが今なら他業種(営業職)に挑戦してみても良いんじゃないか?」
等の自分では予想もしない言葉を貰いました。
この言葉で、自分にはまだ挑戦できる業種があるんじゃないか?と思うようになり
あるサイトの求人情報から、某営業職の面接を受けてみました。
この業種の営業も上記の方に相談して数ある営業職の中でもこの業種なら理不尽なノルマも無いはず。営業の中では恵まれた環境だと思うぞ。との判断をしてもらいました。

面接はそれぞれ求職者別に時間を指定しているようでしたが、自分で最後でした。
面接官の方が言うには、面接を受けに来られた方は全員で16人。君意外は全員四大卒で、中には他業種の営業経験が数年の方も数名います。との事・・・・・。
ちなみに採用枠は1名です。
さすがに駄目だろうと思いながらも、今まで面接らしい面接をしたことも無いので
これも貴重な経験と思い、必死に自分をPRして熱意を話してきました。

すると3日後に電話が鳴り、内定の返事を頂きました。
正直過度な期待を持たれても不安なので、どういったことが評価されたのか聞いた所「礼儀正しいのはもちろんですが、さすがに社会経験が長いので喋り方も安心出来る」
「現在の仕事でもお客様相手に交渉している事からまったく未経験では無い」
「あなたの営業に対しての考えが、当社の考えに近く、一番リアリティがあった」
「社長があなたに対して、かなり好感を持っており期待しています」
現在は口頭では待遇面の話はしたのですが、2箇所から勤務地の選考をしているので(どちらでも通勤時間はほぼ同じ)決まり次第内定書に記載して送って頂けるとの事です。
まずは安泰・・・と言いたい所ですが頭の痛い問題もありました。

退職するに当たって引継ぎを申し出た所、了承したと思いきや引き継ぎ相手であるはずの社長が朝から晩まで事務所に上がってこなく引継ぎが直接会って出来ない事態になりました。
この意図的な対応でかなり憤慨していたのですが、関連会社に迷惑が掛かってはいけないと文章で精一杯説明を書いて用紙にまとめました。
退職する当日になってもこの調子で、一応仕事としては最終日なので社長は居なかったのですが退職時の書類関係を貰おうと会社の横にある自宅に社長婦人を尋ねたら口論勃発。

向こうはまともに下調べもしないのに、自己都合を強調し威圧する始末です・・・
こちらからハローワークでの見解を説明したのですが不振に思い「解雇予告通知書」と「解雇理由証明書」を社長が書いたのを知っているのか聞いた所知らないの一点張りです。お粗末と言うか何と言うかあきれてしまいます。
その後社長婦人の一言が「最後位社長に挨拶するのが常識でしょ!!」
もう怒る気も失せて
「社長なら社長らしく対応したらどうですか?」
「引継ぎの準備をしても逃げ回っていて困るのは会社でしょ?俺はやるべき事をやったのでこれで失礼します」
と言い残して、そのまま退社しました。
この会社(経営者一派)の本性を垣間見た場面でした。

ちなみに知人に頼んで○国データバンクからの資料を見たら内定を頂いた会社は
経営状況も健全で、その業界でもかなり上の方でした。
知り合いの方にもお墨付きを頂きました。(経営診断のプロなので)
一方今日まで勤めていた会社は粉飾決算の塊で、私から見ても売り上げは明らかに虚偽で利益もゼロに近い数字でした。おそらく公共事業の入札資格や経営審査の兼ね合いでしょう。
遅かれ早かれ、倒産に近い形になったと思います。

とは言え全ては終わったこと!!
考え方を切り替えて、ある意味この年齢で解雇だったのが幸いだと思うように切り替えて次の仕事の準備に係ります。
営業の仕事がハードなのも十分承知しています。でも今までよりは充実しているでしょう。
色々とご指導ありがとうございました。
また、ハローワークでの対応が皆様の参考になれば幸いです。

詳細なご報告ありがとうございます。
また、本当にお疲れさまでした。

この度投稿頂いた内容は何度も読ませて頂き、改めて?さんの対応には感服したと同時に、信頼されている人間性に頭が下がる思いです。
31歳というとても若い年齢にも関わらず、これだけしっかりされていることを考えると、採用されたことに納得出来ると同時に、?さんを採用した会社の目の確かさにも感激しました。
また、綿密に会社の調査分析もされており、非の打ち所がありません。

あまりにも完璧で素晴らしい内容であるため、私の方でできることは何もありません。ただただ頑張って頂きたいということです。
きっと業界でトップクラスの人材として、素晴らしい活躍されることを期待しております。

今回一連の諸問題に関しては、苦痛を強いられた部分もあったと思いますが、?さんならきっとこれを良い経験としてプラスに転換されるでしょう。
?さんに投稿頂いたことは、幣サイトにとってとても大切な財産になると思います。
春に近いと言ってもまだまだ寒い日は続きそうですので、お体にはくれぐれも気を付けて頑張ってください。


桃子さん 大阪府 女性 20歳 H18/3/1

管理人さん、こんにちは。
管理人さんの言うとおり待ってみると今日郵送で不採用の通知がきました。

焦って問い合わせせずに本当に助かりました。
ありがとうございました。

届いたのは良かったですが、結果については非情に残念です。
ただ、焦る気持ちは分かりますが、諦めてはいけません。
まだ間に合いますし、土壇場で辞退する人もいたりなど、チャンスは残されていますので、気に入ったところへはどんどん応募しましょう。

若い人は、当然経験などありませんから、明るくハキハキとした受け答えを心がけ、前向きな印象を残すようにしましょう。
明るい性格は、それだけで武器になりますよ。
ガンバレー!!!




<<2006年2月分 MENU

HOME

2006年4月分>>