HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2007年1月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2007年1月分


SE47歳さん 茨城県 男性 47歳 H19/1/27

管理人様、はじめまして。
ずっと失業状態でしたので、いつもこの体験談を
参考に会社訪問を繰り返してきました。
実は先月からある会社で契約社員として働き始めました。
いわゆるIT関連企業で雰囲気は悪くないです。当初の契約
は2ヶ月でしたので来週で契約期間が切れるのですが、会社側からは引き続き
三ヶ月間延長したいとの連絡がありました。ただし勤務条件
変更がありまして、今までは時間給支払いだったのですが
来月からの勤務は月給にしたいといわれました。受け取る
額は若干減りますが、しかし、契約社員なのに月給とは私に
とって奇異な感じもします。正社員なら月給制に何ら違和感
はないのですが。これは私にとって良いことでしょうか?
会社の考えていることがよくわかりません。
会社に何か思惑があるのでしょうか。私はこのような
事にうといので教えていただければ恐縮です。
よろしくお願いします。


期間延長は喜ばしいことですが、やはり気になるのは収入が減ってしまうところです。正社員の場合では、月給制になれば比較的安定するところ、今回のケースでは恐らく悪い方に働いているようです。
会社側の明確な意図がどこにあるのかは分かりませんが、こちらに有利な変更ではなく、会社側にとって有利な変更には違いありません。

月給制にすることにより、給料を減らせる効果の他にサービス残業につながる恐れもあります。
時間外労働の取り扱いについて話し合いをもたれていれば良いのですが、そうでなければ書面にて取り決める必要があります。
月給制ならサービス残業させ放題ですからね。いくら労働基準法で決められていても、サービス残業を強いている会社は山ほどあります。

もちろん、逆に考えれば期間中に明らかな空き時間等出来ても、確実に収入になるので暇な会社なら楽に稼げることにはなりますけどね。
会社の忙しさの度合いに応じて、有利か不利どちらにでもなると思います。

つとむさん 青森県 男性 29歳 H19/1/25

お久しぶりです。

あれから、3ヶ月経ちましたが、段々ストレスを感じるようになってきました。
仕事のいい加減さに怒られたり・・・
やはり、「3」がキーワードといわれますよね。
3日、3ヶ月、3年。

・・・と、そんなこんなで、営業マンから、
「評価があまり思わしくないんだ。あのとき(面接のとき)実務経験があるからお客さん(派遣先)は期待してたらしいんだけど、ちょっと『○○会社で何やってたんだ!!』と言う評価で、単価を下げられてしまった。」
といわれてしまいました。

幸い、契約期間が今月末から3月末までの更新となりましたが、1ヶ月前に更新するかどうか決めるので、2月が勝負です。

でも、私はこういわれると奮起するんですよね。掲示板のほうでは、なんだか正社員でないと安定できない、どうのうこうのと議論されていますが、私は逆に派遣は派遣で正社員より安定度は低いけれど、
「じゃあ、安定を築けばいいじゃん!」
と頑張れるんですよね。

とりあえず、近況報告まで。


こんにちは。もう3ヶ月も経ちましたか。
3ヶ月というとほぼ完全に日常に溶け込み、あれこれ荒が目立ったりマイナス面も多く感じられるようになってきますよね。
おっしゃうように”3”という区切りを越えると、求められることもより高度になり、自分自身も成長しているとはいえ、ステップを上げるのは大変なものです。

そのような中での逆境を跳ね返す気力はたいしたものです。
派遣だからこそ出来る事などつとむさんの力を見せる時!
テレビドラマの”派遣の品格”というような作り物のようにはいかないにしても、安定を築くための努力をすれば報われると信じたいです。

こうして近況をお知らせ頂けると、リアルタイムにつとむさんも頑張っているだなという実感が湧いてきますよ。これを書いている今の瞬間も頑張っているだと。

まだまだ寒い日は続きますので、お体を大切にして下さいね。
※今年は雪の少ない冬で過ごしやすいかな

くーさん 福岡県 女性 31歳 H19/1/24

はじめまして。
どこに話を聞いていいのかわからないので、こちらで質問させて頂きます。

私事ではなく、彼の事なんですが…。
一昨年の暮れに働いていた会社を退職しました。
それから失業保険を貰う為に書類も全てそろえてハローワークに提出をして、
こちらがするべき事は全部したんですが、未だに失業保険をもらえてません。
何度もハローワークには行きましたし電話でも問い合わせをしたのですが、
「まだ審査がおりてないので…」
「現在調査中です。」
と言われ、電話では
「○○といいますが、担当の○○さんをお願いしたいのですが…。」
と言うと切られる事もありました。
去年の秋口に
「必ずお支払いは致します。それまで少し待ってください。一ヶ月以内にはお支払いできると思いますので」
という電話を最後に何も連絡がなく、失業保険も未だ振り込まれていません。

こちらに不備があるならこれが足りないと言ってくれればいいだけなのに、
こちらの書類に不備はないと言うし…。

彼自身は35歳を過ぎていて、なかなか就職先も決まりません。
生活の苦しいみたいですが、半分諦めているみたいです…。

こんな時はどうすればいいのでしょうか。
相談できる機関等はないのでしょうか。


自分なりに調べたり私よりも詳しい方へ相談してみましたが、本当にこのような放置状態であるならば信じられないことであり、このようなケースは聞いた事がありません。あり得ない事です。

恐らく彼からの話のどこかに誤りや勘違いなどあるはずです。
給付のトラブルについては、職業安定所の職員へ相談して納得できる説明を求めるしかありません。職員の方も相談されれば解決するまで対処してくれます。

彼から正確な話しを再度してもらい、そのうえで職業安定所へ相談に行ってください。当方としては、残念ながらこのような事例が理解出来ず、対処すべき方法は見つかりません。お役に立てず申し訳ありませんでした。

悩める女性さん 長崎県 女性 25歳 H19/1/14

管理人さん家庭で居場所はありますか?
親や家族から自立しなさいと追い詰められてはいないですか?
ご飯を食べるたびに親から就職しなさいとプレッシャーをかけられて辛いです。
一年前に4年勤めた会社が倒産してしまいその後、就活をしたのですが中々決まらなくて今はパートをしています。もちろんパートで満足していません。
失業保険も切れてしまい何もせずに家にいてもいけないのでやむ終えずパートしています。

ハローワークや求人雑誌みても地元にくる求人は少なくて、正社員雇用の求人が殆どありません。景気がいいとか言われているけど全然実感がありません。
管理人さんは求人が増えたと思いますか?
親は景気がよくなったから探せばあるだろうと簡単に言うけど、求人が増えたとは全然思えません。景気がよくなったとか、団塊の世代がやめるとかいうけど、そんなの中途採用になったら関係ないようなきがします。団塊が辞めようと企業が取るのは殆ど新卒の気がしますから…。
中途採用の求人は即戦力で実務経験者優遇が殆どになっています。

このままフリーターでいいとは当然思わないけど、いつになったら正社員になれるのか不安でたまりません。家族からは派遣社員、臨時は時給制の日雇いと同じで40歳、50歳ぐらいになったら臨時すら雇ってくれなくなるのだから正社員になれといわれるのですが、中々自分が働きたいと思える求人にありつきません。このままフリーターに染まっていきそうな自分が怖いです。


家庭での居場所を失うほどつらい事はありません。
私は幸いにして何とかやってますが、このような状態がいつまでも続くとも思っていません。
やむをえずパートをされているそうですが大事な事だと思います。どのような雇用形態であれば働くということから遠ざかっては駄目です。収入面よりも精神的な部分で自分を高めていけるでしょう。

好景気の実感は私もありません。その恩恵は一部の人達だけで甘受していると思っています。地域的にみても首都圏から距離的に遠ざかるほどまだまだ不景気から抜け出せず、失業率で考えるとお住まいの九州地区は北海道地区と同じく、全国最低レベルです。東北と近畿も平均以下です。
それでは実感などあるはずがありません。

ご家族もとっても心配なんだと思います。嫌いな人やどうでもよい人などには自立しなさいなんて言わないですよね。噛み合わないとこもあるかもしれませんが、悩める女性さんを大切に想っての言葉です。
私が言っても説得力はありませんが、無い中から何とか見つかるように頑張ってみるしかないです。まめにハローワークや新聞などの求人は必ずチェックして下さいね。

Mr.ヨレヨレ36さん 神奈川県 男性 36歳 H19/1/14

今年初めての投稿になります。管理人さんお変りありませんでしょうか。
もう2007年ですが時間が過ぎるのは早いものですね。
私の方は人生に不安になる気持ちが増してきており、少し話を聞いて頂きたくて書き込みをした次第です。

今年の正月も昨年と大して変わらず、家族だけで静かな日々を送りました。
初詣も行き就職祈願をし、おみくじは小吉でしたが今年こそ、という気持ちがこの瞬間はありました。重複しますが私はキャリアチェンジの為に離職し、既に1年6ヶ月目に入ります。
気分がすぐれず年末から不安感を強く感じており、夜はこっそりとアルコールの力を借りて寝る様になりました。
先日みた初夢が、50代になってもフリーター状態で薄暗い倉庫でバイトしている私でした。これにはかなりゾッとして朝からショックでした。まさに悪夢のようでした。

しかも未だに進むべき方向も見出せずに、時々バイトに出掛け、休みの日はBING等をパラパラ眺めるだけにとどまり、実際には行動に移せず苛々しています。
昨年とほぼ同じ状況になりそうで現実が受け入れにくいのです。
その癖に逃げの気持ちも時々あって、まだ大丈夫だろう・・と自分も訳の分からない甘えの気持ちが芽生えるときもあります。

今年も先週から倉庫の仕分け作業のバイトを何度かやってきましたが、作業の間はそういった不安も忘れられ、ただやるべき事に汗をかいていれば1日が過ぎていくのですが、帰りのバスの中で疲れて眠ろうとしている自分に現実感と不安が再度襲ってきます。
この時、毎回思うのですがバスの中は同じ境遇と思われる20代の若い人達がかなりの割合で乗っています。
何処かの工場や倉庫でのフリーターと思われますが、正社員に就けずにバイト生活をしているのでしょうか?
ともかく今の日本社会自体が私の目から見ると異常に見えて仕方が無く、派遣会社の成長が著しく益々臨時雇用ばかりの世の中に拍車がかかっています。
今後の社会全体の動向が気になります。

話が逸れましたが、いい歳して自分もこのフリーターの渦の中にいる事が、かつて無い不安を助長しているのは否めない。
人は事情があって契約社員やバイトをしているのでしょうが、仕事さえ見つけられれば、こんな気持ちも消えるのでしょうけれど・・・。
管理人さんは今年はもう何か活動されていますでしょうか?
春までが勝負、と感じていますが変に不安を抱くような気持ちを和らげないと、うまくいくものも駄目になりそうです。

何とか家族を安心させたいのですが・・・長くなりましたが、目を通して頂き有難うございます。いつかまた、立ち寄らせて頂くかも知れませんが、その時もまた宜しくお願いします。正月明けから暗い話で申し訳ありません。


あけましておめでとうございます。
私の方は残念ながら変わったことが無いんですよね。おみくじは小吉とのことで、私の末吉よりいいじゃないですか。負けました。
夜眠れませんか?アルコールをもともと好んでいたのなら良いのですが、今のような生活になってから眠るために必要になったとすれば、精神的な負担がかなり増大しており心配です。
私も眠れない日は結構ありますが、その時は眠るのを諦めて横になったまま過ごしています。

私も同じ境遇の方との接触は、安心出来る反面不安も感じます。
ハローワークに行けば当然感じますし、外出する時でさえ同年代の同姓の方を見ると、もしかしたら私と同じではと考えてしまいます。つまらないことですが宅急便の方も、昼間受け取れる私をどう感じているのか考えてしまいます。

それにしても臨時雇用は増えましたね。パート等から契約社員まで正社員を探すだけで苦労します。ご報告できるような何かあれば良いのですが、今年のスタートはまだ出来ていません。
最近は妥協して希望賃金を下げ、低賃金の仕事しか無いかとも考えてしまう時もあります。何とか低空飛行を脱したいものです。
またのお越しをお待ちしております。本年も宜しくお願い致します。

抜け出せないトンネルさん 愛知県 男性 39歳 H19/1/9

 新年明けましておめでとうございます。今年も相談ばかりで大変申し訳ありませんがどうかよろしくお願いします。
 失業5年目を迎えました。1月7日にやっと求人チラシを見ましたが、過去に不採用になった企業や電話連絡で断られた企業などもう受けられる会社がなく最悪でした。職安やスーパーで0円の求人誌などで探しまくっても適職がなく困っています。年末に100円ショップのパート・アルバイト募集に履歴書等書類応募しても、貴方の希望に添えられないので「不採用にさせていただきます」という封書通知のみが来て、履歴書は返ってきませんでした。
 このままでは再就職の見込みが全然なく、今年の8月で40歳になってしまいます。自営業も資金がなくできない、会社に就職も決まる見込みがない。パート・アルバイトもなかなか採用されない。もうこれでは生活できません。

 長期失業で多額の借金があり、また、今年3月に車検で車の修理箇所が多く、とても支払えません。5月に自動車税、7月に自動車保険更新で借金を含めると百数十万になってしまいます。とんでもない借金・出費が馬鹿ならないのです。両親は年金生活のため、こんな長期失業はただごとではありません。4年越えの長期失業は今まで自分に経験のないことです。正社員等に就職先が決まれば申し分ないのですが、その見込みが全くありません。

 35歳超えはどうして採用されないのでしょうか。年齢給が会社の規定でも、自分の能力・技能がないため、採用できませんときっぱり断られる。そればかりでどこにもいけず苦しい思いをしています。賃金や待遇等会社に希望を出さなくても、やる気や熱意があっても採用できないのは納得いきません。

 資金がなくても自営業ができるのなら、1日でも早くそうしたいのです。自分の働き場を失い、また、やりたくても制約上できないのは何も言葉はありません。新しい場所・会社の求人等ない限り、1度何らかの形で断られたり、不採用になった会社を繰り返し受けることをしなければ応募できる会社がなくなっています。もうこうなったらどういう行動をとるべきでしょうか。

 12月の採用取消や求職トラブル続出で、自分はとんでもない目にあってしまいました。どうすれば採用できるのでしょうか。今の世の中あいまいだらけで失業が全然抜け出せません。自分ひとりで会社をつくるのはどうでしょうか。


あけましておめでとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します。
資金繰りの悪化は非常に厳しくまさに悪循環。
借金も利息の軽減や免除などの自己破産を含めたもので、何らかの救済策のようなものはないのでしょうか?このままでは借金のために車を失い、車が無いから就職出来ない最悪の状況になってしまいます。
私が言うまでもなく既に検討はされていると思いますが・・・。

35歳の壁は厳しいですね。
しかし、それよりも厳しい30代の壁も迫って来ています。
5歳ごとに訪れる壁を何とか乗り越えなければもっと高い壁が待っており、その壁を越えるために、雇用条件を妥協するという踏み台を設置しなければならない。
年齢制限の必要な仕事があると同時に必要の無い仕事もあり、その必要の無いものにも関わらず設けている壁は本当に不愉快なものです。

次々送られてくる不採用通知にどう対処するか?これは本当に難しい問題です。
雇用問題の専門家といわれる人達でも答えを出せないでしょう。
自営業としてスタートするのも、結局は開業資金が全てです。仮に会社を設立出来たとしても、そこまでで終わりです。
開業しても運転資金を多額に必要としないもので、技術やノウハウなどあれば良いのですが・・・。それら諸問題の前に一番大きく大切なものはやる気でしょうね。
何のお役に立てずに申し訳ありません。

−追記分−
借金についてはやはり専門家へ相談するのが一番だと思います。市区町村役場などの無料相談を利用して、借入先へ期間の延長や利息の軽減等が可能かどうかなどを相談してみてはいかがでしょうか?その時々で違う弁護士になると思いますので、一度だけでなく信頼できる先生に会えるまで相談するのも良いでしょう。
どこまでアドバイスをして頂けるのか分かりませんが、試してみる価値はあると思います。
サラ金など、融資は社会問題になっておりますので、今だからこそチャンスかもしれません。

また仕事については、短期だけでなくその場しのぎとして日払いなどをつなぎとして活用する方法もあると思います。派遣会社も愛知県のような都市部なら履歴書不要のところもあると思います。

過去と重複や既に行動済みなどの部分もあるかもしれませんが、一応念のために追記させて頂きました。何とか良い方向へ進めるように頑張っていきましょう。

ミホさん 北海道 女性 45歳 H19/1/7

初めまして、管理人様、掲示板にお越しになっている皆様。
少し前から体験談など読まさせて頂いています。
仕事はデザイナーとイラストレーターをしています。
私は去年の初めまでフリーランスをしていましたが、ここしばらくの不景気で個人で仕事をして行くのは厳しくなったため何年ぶりかの就職活動を始めました。
一番驚いたのは年令の壁でした。個人で仕事をとろうと思った時に年令は全く関係ありません、それがいざ就職活動を始めると年令の壁が大きく立ちはだかってきます。

とくに私はデザイナー(DTP)よりイラストの方が得意なためかなり厳しい就職活動でした。
中には、「外注でどう・・・」って話もあったりしたんですが、安定性のないフリーランスの生活と決別をして会社に入ろうと決意したのでことわりました。
何度も何度も色々な会社を受け、不採用の通知をもらいました。
年令制限はできるだけ無視して応募をつづけました。
挫折感を味わいながら、これでもかこれでもかと面接を受けて最終的に5月に希望の職種に近くて給与も希望にそえるところに就職できましたーー。

これでやっと一息と思ったのもつかの間、それから半年あまり立った11月その会社の親会社が倒産、私の勤めている会社は子会社だった為、私は解雇されることになりました。

呆然としました、またふりだしです。ただよかったことはMacしか全く使えなかった自分がWinを使えるようになり会社でWEBもやりはじめていたので、これからの方向性が少し見えてきました。(個人の時にも多少WEBの仕事もしてました)
私ぐらいの年令になると新しいことを始めるより、いままでのスキルに肉付けをしていくような形が一番だと思うので、これからはWEBデザインの方のスキルをあげていきたいと思います。
正直、若い方たちが多いWEB業界でどれだけの自分が必要とされるかわかりませんが、今までの経験をいかして新しいことをして行くしかないだろうと思います。

皆さんもがんばってください。私もがんばります。


デザイナーという特殊な分野での再就職は大変でしたでしょう。
DTPやWebデザイナーなど、このような分野の求人数はかなり少ないうえに、失礼ながら年齢の壁は想像以上苦しい状況だったと思います。
そのような状況で、すぐに退職せざるを得なかったとはいえ、再就職を果たしたのは実力と人柄の両方を評価された証拠です。
その再就職も、winとWEBという強力な武器を手に入れたのは不幸中の幸いでしたね。

新しい分野への挑戦と、これまでのスキルをアップさせるのは、どちらも相当きつい事です。私もこんな素人サイトを運営している者として、WEBを構築する苦労の一部は分かるつもりです。
WEBのような新しい分野は、若い人達の力に押され気味にありますが、WEBは世代を超えて広がって行くものですので、若い人では気付かない部分などミホさんが必要とされる場面は多いと思います。

ミホさんから希望を頂いたような気がします。
ぜひこれからもご意見や体験など、前向きに頑張るための原動力を分けてくださいね。また、今後も厳しい就職活動になると思いますが、お互いに頑張りましょう。

まさひろさん 熊本県 男性 24歳 H19/1/1

明けましておめでとうございます。去年は本当に管理人様との交流を経て、色んなアドバイスをいただき感謝しております、改めてありがとうございました。
さて遂に2007年到来ですね。
去年末の短期バイトも無事期間満了で本当に密度の濃い、良いアルバイトにめぐり合えました。

今年の目標は(も)、もちろん「定職を見つける」ですが、その形だけ囚われず僕としては「経験を積む」「時間があれば表に出る」というのを強く意識していきたいです。
単純な性格なんで、去年末のバイトの経験がプラス思考を強くさせているのかもしれませんが、家にいるよりはマシのように感じています。
職安→情報誌→翌日職安…(以下繰り返し)の去年のスタイルはなるべく控えようと思います、社会に出て色んな経験を積みたいです。

ちょうど2年前の2005年、大学卒業後入社し、半年で退職した形で迎えた年末。
就職活動で結果は出なかったが、バイトなどの経験を経て手応えを感じた2006年の年末。
明らかに2006年の方が充実していた、31日に飲んだお酒がとてもおいしく感じた。あんまり露骨に言うものではないと思いますが、去年の11月が自分のターニングポイントのような気がしてなりません。
バイトへの意欲のきっかけを周りから気付かされ、その後自分で見つけたバイトでさらによい経験と受け取れた。

振り返れば本当にあの時バイトを始めてよかったと思う。「仕事が楽しい」と言えるのも充実していたからこそ言える事だったし、何よりバイトがラストの日に周りの方から「もう少し出来ない?」とか今日で終わりなのに冗談気味に「明日何時だっけ?」と声を掛けられたとき本当に嬉しかったです。
残念ながら都合上どうしても入れなかったのですが、その言葉にも自分に自信がついたしこの先への意欲も湧いた。これが本当の「社会」の姿なんだと思いました。

今年も始まったばかり、若いゆえにすべてが未熟な自分を変えていくには「経験」がすべて、自分が何かに興味を持ったら手当たり次第とは言いませんがチャレンジする姿勢は常に持ち続けたいと思います。
そして人多く接して自分にプラスになる事はどんどん吸収してよい意味で技を盗んでいきたいと思います。
壁にぶち当たる事もあると思いますが、今年もまた大いに悩み成長していきたいです。


あけましておめでとうございます。
記念すべき今年最初の投稿ですね。意気込みを感じますよ。

仕事の楽しさを初めて感じたのはとても大きなことです。とかく仕事は苦痛に満ちたものと感じる事が多いですが、その中から喜びを味わえたのは本当に良かったです。今年はその喜びを安定したものに変えたいですね。
この2006年は生涯忘れられない貴重な年だったと思いますよ。

まさひろさんはまだ24歳!まだまだ可能性は広がっています。
あらためて若くていいなという感じですよ。(笑
自分が24歳の時はどうだったかと考えてみたら、仕事はそこそこ楽しくプライベートも充実した楽しい時でした。背負っているものも少なかったせいか、はじけていたような気がします。

今を大切に生きてください。年々すべてにおいてパワーダウンしてしまいますので、すべての面においてパワーをはじけさせましょう。
最後に私の言えることは、今のうちにどんどん恥をかくべきということです。
今恥をかかなければ、もっと大きな恥をかくうえに成長出来ません。
若さの特権!!!お互いがんばりましょう!!!




<<2006年12月分 MENU

HOME

2007年2月分>>