HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2007年8月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2007年8月分


みほさん 北海道 女性 45歳 H19/8/28

おひさしぶりです。みほです。久しぶりの投稿です。
管理人様退院おめでとうございます。大変でしたよねーー。
私はスクールへ通って終了後、就職活動を初めて2ヶ月ほどで内定がとれて正社員で就職できました。
給料面では妥協もしましたがーー。
あまり選り好みをして時を逃がすことだけは避けたいと思い腹をきめて決めました。
まだまだいろいろ困難はありますががんばって行きたいと思います。

私も年齢の壁に悩みましたがーー結果的にはスキルでとって貰えたようです。
運がよかったと思います。
みなさんも諦めることなく前を向いて希望を持って歩いて下さい。
暗い顔をしていると誰も近づいてこないし、幸福も逃げるような気がします。
必ず勝つときめて戦ってください。

ではまたーー

お久しぶりですね。
自分がこんな長期に渡り入院することになるなんて、若いと思っていても童顔であったとしても歳を感じる今日この頃です。

正社員での内定をもらったそうで、おめでとうございます。
給料面での妥協はされたそうですが、多かれ少なかれどこか妥協しなければならないと思いますので、納得されての妥協でしょうから自分を信じるしかないですよね。
スキルを評価されての採用なら、これからが本当に大変な時期を迎えると思います。入社後に期待を裏切らないように頑張らなければならないですから。
ただ、頑張りすぎて私のように体を壊さないように、体調管理には万全を期して下さい。頑張っていない私ですら体を壊しましたので。

私も病気に負けないように頑張ります。
みほさんのご活躍を期待しております。

Mr.ヨレヨレ37さん 神奈川県 男性 37歳 H19/8/22

お久しぶりです。
6月に投稿して以来ですので世の中はすっかり真夏。
しかも猛暑という厳しい日々になりましたね。
管理人さんは体調の方は如何でしょうか。“独り言”の方を読ませて戴きましたが、1ヶ月以上の入院の事は本当にお察しします。
今は幾らか良くはなっていると思いますが大事にして下さい。

ところで私の現在ですが、あれから希望する出版業界を職安と求人誌、民間人材企業の募集、非公開求人、そして独自のルートを約2ヶ月に渡り色々と応募し行動したのですが、殆どの書類選考は責任破棄されてしまい、わずか4社は面接に行けたのですが、結局は応募者多数と年齢のいってる私迄は選ばれる事はありませんでした。

未経験では業界的にギリギリで30歳迄とは分かってますし、やはり得意な部門や強い個性、専門的な知識などが無い私には無謀な賭けでした。
せめて若ければアシスタント位には使ってくれたのかも・・・もっと早くに動いていればもしかして・・・と、どうにも悔やむ場面も多々ありました。
何よりも正社員募集ではなく、今回は全てパート・アルバイトの募集であっても見事に落ちてしまう現実を目のあたりにして、憤りと悲しさ・ちょっとした事でもすぐに頭にきてしまったり、無気力で意欲が萎えてしまいました。
しかし最後にやるだけの事はしたつもりなので、もはやこの業界には未練は無くなってきました。

う、本当に、どうやっても無理なんだろうときっぱり諦めて、再び別の途を模索することを検討するしかないようです。
しかし私にとって問題なのは他にやりたい事が見つからない、という切実なことんです。こういう仕事をやってみたいというものが無いのです。
だから2年以上も無職状態になっており、馬鹿げている事と分かっています。

しかし何をしたらよいのか本当に混乱しています。
自然に一旦活動を打ち切り、そうこうしている内にただ悪戯に部屋にいつも居るようになり、このままでは駄目だと思い、以前お世話になったバイト先に連絡を入れて、今週から再び肉体労働で滝のような汗をかきに行ってきました。

猛暑の中でのバイトは凄くきつく、半泣きになりながら何やってんだろうと自問自答の1日ですが、埃まみれでやっと終ると取りあえずは幾らかは気分が晴れ、充実感と共にその日の夜は発泡酒でも飲んでリラックス出来るのですが、夜中にはっと目覚めてしまい、今後の人生の不安などで寝れずに困っています。

思えばこの2年1ヶ月の無職期間、つくづく馬鹿で同じ事を繰り返している間抜けな自分が心から情けなく、実家で両親の年金を頼りに生かされている自分が死ぬほど情けなく、ホームレスになっていないだけ幸せなのかも知れない。
もはやブランクの長さは採用する側も首を傾げたくなる期間を通り過ぎ、どう言い訳しようか・・・今はそんな事を悪い頭で考えています・・・。
すいません、今回はただただもう溜まった愚痴を言う以外思いつかない事態に呆れ、仕事をしていない事でここまで心が荒むものかと・・。

こんな駄文を最後まで読んで戴いただけでも少しだけ気分が晴れる気がします。
また何かいい話が出来るようになりましたら立ち寄らせて下さい。
これからもまだまだ残暑が続きますが、お体に気を付けて下さい。
それでは失礼致しました。

こんな私へのお心遣い感謝致します。
今週は天候のせいなのか退院時よりも足の痛みがひどく、安静に近い生活をしておりました。退院して1ヶ月近くになりますが、まだまだこの痛みとは付き合わなければならないようです。医師の話では、最悪この痛みは残る可能性があると言われてしまってます。一度壊れた神経の再生というのは難しいみたい。

さて、やりたい事が分からないという行き詰まっている方は、案外たくさんいるような気がします。あるいはこれまで経験した実務も、自分がどの程度のものか分からず過小評価してしまい、行き詰まっている方も多いと思います。
私もこれまで培ってきた経験に不安はあります。過小評価なのか客観的にみても低い評価なのかは分かりませんが、最近どうしても不安を感じてしまいます。
私も先日とある企業に履歴書を送りましたが、これまでの経験と重なってはいるものの、経験と微妙に違っているせいかとても不安です。
私の勘では書類選考で落とされると考えています。

ちなみにこの企業は、地元の新聞に掲載されていたものでハローワークには掲載されていないものです。
上場会社の子会社のようですが、かなり大きな企業のようでこのような優良求人は、新聞のみに掲載される事が多いです。
新聞の求人は有料ということもあってか掲載数は少なく、ついつい見逃してしまいがちです。おかしな求人もありますが、必ず目を通す価値はありますよ。

やりたいことに関しては、まずはやりたくない仕事を洗い出し消去法で探してみる方法もあると思います。
例えばデスクワーク・体を使う仕事・接客業など、自分がしたくない分野をどんどん絞りこんでみてはどうでしょう?このような探し方はおかしいと思われる方も多いと思いますが、何もしないよりは確実にいい。やりたい仕事を見つけられた人は幸運なのかもしれませんね。

猛暑は過ぎ去ったようですが、まだまだ暑い日は続きそうなので、お互いに体調を崩さないように乗り切れたらいいですね。

うささん 神奈川県 女性 23歳 H19/8/18

先日投稿させて頂きました、うさです。
ご回答ありがとうございました。
誰にも聞けなかったので、詳細がわかって気持ちが楽になりました。
ありがとうございます。

度々すいませんがもうひとつだけ質問よろしいでしょうか。

『ただ、うささんが扶養から外れてしまうと、親にとっては所得税と住民税を合わせると、恐らく15万円程度税金を多く支払わなければなりません。』

というのは、毎月のことなのでしょうか…?
扶養から外れる時のみでしょうか?

金額は年間という意味で回答させて頂きましたが、親の収入によって税金は変わってきますので、あくまでも概算の話しですが、うささんという扶養親族が外れる事により確実に税金はアップします。
引かれる時期については、所得税が今年の年末で住民税は来年の6月以降になります。
ちなみに夜のお仕事で得た収入については、他の給料と合わせて確定申告しなければなりません。

まさひろさん 熊本県 男性 25歳 H19/8/12

前回はお返事ありがとうございました。
独立行政の試験の件も仰るとおりで、第3次試験まで進めば「親戚」の薦めだったのもコネクションあっての事でしたので、疚しい考えかもしれませんが「チャンス」と考えておりました。
しかし、筆記試験ばかりは実力で勝ち取るしかなかったのでそこを越えなければならない、というのが一番のカギでした。(試験内容もやはり並ではありませんでしたね…)
ほとんどがこういった形での採用が多いとも聞いておりましたので、やはり残念でしたね。しかしいつまでもウジウジ言ってられません、今は頭を切り替えております。それと前回は管理人様のお体の都合も考えず長文だった事は実に申し訳ありませんでした。体調が一日でも早く優れますよう、ゆっくり療養されてください。

私の病気のことは気になさらないで下さいね。
仮に調子が悪ければ更新をお休みさせて頂きますので、更新されたということは調子が良いとお考え下さいませ。

特殊法人のコネは場合によって難しいものがありますね。
コネを持っていたとしても、コネにも強弱がありますので、よほど強力なコネでない限りは採用までは遠いです。
私もコネみたいなものを使った経験はありますが、コネの力が弱かったせいかあっさり落とされました。どうも最初から決まったいたようです。
採用試験は試験をやったという実績作りだけのものだったのでしょう。

使えるコネはどんどん利用しても良いと思いますが、コネは最後の手段として極力使わないようにして頑張りましょう。
コネはそこへ在籍している限り作用しますので、万一不測の事態により退職という状況になった時には足かせになますから。

まだまだ暑い日が続きますので、なんとか耐えて頑張りましょう。

けんさん 福島県 男性 25歳 H19/8/10

はじめまして。
初めての投稿です。よろしくお願いいたします。

私、前職を辞めてから約1年間転職活動を行い、先日ようやく正社員として転職することができました。
問題は、転職活動中に始めたアルバイトの期間を詐称してしまったことです。
実際には今年の7月からの約1ヶ月しか働いていないのに、入社日を詐称して今年の1月から働いていると面接時に発言してしましました。
案の定、入社後に源泉徴収票の提出を求められ、上記の詐称が非常に不安であります。

まさに今回の件は自業自得であり、非常に反省しております。それでもせっかく掴んだ正社員の職をくだらない見栄のせいで逃したくない気持ちから投稿させていただきました。

源泉徴収票の提出後、アルバイトの期間について問われた際の良い返答の仕方についてアドバイスをお願いできませんでしょうか?

源泉徴収票を見れば、給料の金額から1月からのバイトでは無い事は誰が見ても分かります。
仮に源泉徴収票を会社に提出せずこの場を乗り切ったとしても、来年の春には市役所等から会社に住民税を給料から引く根拠となるものが郵送され、その根拠には給料の金額も記載されております。
したがって、残念ながら期間と給料額のつじつまを合わせるのは無理があり、冷たいようですが良い返答は難しいです。

うささん 神奈川県 女性 23歳 H19/8/9

半年前に実家を出て、就職したのですが、わずか二週間で退職してしまいました。
その事を両親に隠し、今は夜のお仕事をしながら求職活動をしています。

今は親の扶養に入ったままなのですがそろそろ個人で国民健康保険に加入しようと思い、扶養から抜いて欲しいと伝えましたところ一か月分の給料明細が必要だと言われました。

扶養から抜くのに本当に給料明細が必要なのでしょうか?
捨ててしまったという嘘はバレてしまいますか?
二週間分の明細だけでも渡した方がいいのでしょうか。(丁度月末で辞めています)

通常は扶養から外す場合には、給料明細など証明書類の提出は求められませんが、厳密に扶養を管理している会社では、善意から正しく判定するために求めるところもあります。あるいは、税金面での扶養を判定するための予備資料として考えているのかもしれません。

給料明細を出せないのであれば、捨ててしまったなどと言ってメモ用紙などに金額を記入して渡してはいかがでしょうか?
月給は少なくても約11万以上なら扶養になれませんので、夜の仕事は親に隠しているでしょうから、月給額を11万以下にしてはいけません。
嘘をついて扶養になるのは違法ですが、扶養から外れるのは問題なし。

ただ、うささんが扶養から外れてしまうと、親にとっては所得税と住民税を合わせると、恐らく15万円程度税金を多く支払わなければなりません。
親にとって負担が増えてしまうことを覚えておきましょう。

まさひろさん 熊本県 男性 25歳 H19/8/9

暑中お見舞い申し上げます、同時に管理人様お久しぶりです。
一度投稿振り返れば実に半年振りでした(苦笑)前回の投稿以降、私の近況という形でお話させてもらえば―。
前投稿の通り「経験を積みたい」ということでしたが、今まさに現在に至るまで短期アルバイト任期満了後、「就職活動をしている」という前提で様々なアルバイト募集先の責任者方と十分にお話をさせてもらい、よい条件をいただいたお店に今回は「長期アルバイト」に踏み切りました。
当時今年の2月頭からでしたので今月8月に入り丁度半年位でしょうか?
よい環境でお仕事をさせてもらってます。

相変わらずですが「人間関係」というのは重要だなぁ、と実感しているのも、勤め先でバイトとして働いている中で年長者は自分(少し前までは27歳の方がいて2番目でした)なんですが、周りの気兼ねない態度が非常に居心地がよいですね。
他愛もない事で一緒に共感したり、年齢で仕事内での遠慮…まあ細かく言えば「コレをお願いします」とか頼むのも”年下が年上に頼むのは気がひける”といった考えなどは一切ありませんし、自分もそんな意識は微塵もありません。
ちなみにこのところ近い年齢の20才の二人組達と3人で仕事、私用共にすることが多いです。

バイト生の人数は自分含め7人いるのですが皆本当に仲がよく「けじめ」ある関係で非常に雰囲気がいいです(単なる仲良しじゃないという事ですね)。
最近はバイトの空気が強くてメインの就活の方が少しおろそか、なんてことに…、「このまま働き続けたい!」なんてあらぬ考えも(苦笑)さすがに本気ではないですがそれだけ充実した仕事、経験をさせてもらってると言う事です。
対人関係、言葉遣い、接客態度や社会の中でのやりとりといった部分で大いに実感し勉強させてもらってます。

就活のお話をさせてもらえば、6月の末に独立行政法人の事務員募集の話を親戚からいただきレベルは高いと知りつつも受験してまいりました。
結果は玉砕でしたが、全国で4会場実施されており総勢400人中40人が合格者というハイレベルな試験だったようです、正直驚きました。

最後に、最近バイト先で年上のパートの方とこんな話をしました。
「君は年いくつなの?」「25です」「若いねえ、ずっとここでバイトするの?」「いえいえ、それはないですね…(笑 w)ノ」「だろうね。定職探しながらバイト、しんどいかもしれないけどコレは絶対無駄な時間じゃないよ。
○○君は若いからもっといろんな事経験して、”たくさん恥をかきなさい”そいうのは絶対忘れないし、必ず糧になるからね。焦っちゃダメだよ」…純粋にすごく響きましたね、社会に出れば本当に毎日が勉強です。言葉通りだと思います。

何事も失敗は無いに越した事はないのですが、自分の年齢や社会人としての経験などから言えばまったくもって「失敗」はマイナスな事ではないのです。
一つ一つの積み重ねが後に大きく役立つというのは言うまでもないと思います。
実によい経験が去年末から続いております。
最近はバイトも慣れてきたので自分の中で実際「余裕」みたいなものも出てる所があります。
しかしせっかくこの様な環境に巡り合えている以上絶対に「慢心」だけは避けなければいけないと肝に銘じております。

今回の投稿も自分自身管理人様を通じて、自分の決意を新たに再認識させるという意味も込めての投稿でもありました。
実際様々なきっかけもこちらの投稿を通じてからでしたから(笑)久々でしたのでかなりの長文失礼致しました。
まだまだ暑い日が続いていますが、管理人様もお体には十分気をつけられこの夏をお互い乗り切りたいですね。

お久しぶりです。
私の方は、先月末まで入院というボロボロの状態です。
その関係で更新は遅れがちになっております。

今回の投稿を読ませて頂き、とても充実した職場で羨ましいという気持ちで一杯です。私も同僚に恵まれていた会社では、やっかいな仕事や残業続きのような状況であっても、苦労を苦労と感じず充実した就業ライフ?を過ごしておりました。
同僚の善し悪しとは大きいものです。
また、”恥をかく”というのはとても大切なことで、ちっぽけなプライドを捨てても得るものは大きいですね。
あらゆる面で理想的な職場のようで、このまま残りたいと思う気持ちは自然な流れだと思います。
もしかしたら、退職しても生涯付き合える人がいるかもしれません。私もこれまで渡り歩いて来た会社で、生涯付き合える人と出会っています。

就職活動に関しては、特殊法人への就職は倍率が非常に高く、地方の第3セクターのようなところではコネなんかもあったりするので、民間ではない法人への就職は困難を極めます。もし、使えるコネなんかあったら利用するのも手です。

まだ若いとはいえ、この暑さですからまさひろさんもお体は大切にしてください。
私のように入院なんかしたら大変ですよ。




<<2007年7月分 MENU

HOME

2007年9月分>>