HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2007年9月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2007年9月分


アツシさん 東京都 男性 27歳 H19/9/25

初めての投稿です。
自分でもバカなことしたと非常に後悔していることがあり、そのことについて、相談させてください。

資格取得のため、前2年間ほどはパートとして働いておりました。
結局資格は取れずに、諦めることとしまして、正社員の道を選ぶこととしました。
そして面接となったのですが、言い訳にもなりませんが、2年もの間、正社員としてのブランクがある関係で、就職活動を始める際、非常に不安でした。

転職回数も数度あったので、一番初めに勤めたA社を辞め、次に勤めたB社へ入った理由をB社の元上司に誘いを受けたためと履歴書に嘘書いてしまいました。
本当は普通に辞めて普通に面接に応募して入りました。
B社の元上司も既にB社を辞めてどこか別の職場に行ってしまったので、仮にB社に確認されても大丈夫だろうと安易な気持ちからです。

その嘘をついた会社から内定をいただきました。
何て事をしたんだと非常に後悔しています。
バレるような気がしてなりません。。。
こんな嘘つく必要なかったです。。。
やはり、大事になる前に採用辞退した方がよろしいでしょうか?

んーやっちゃいましたか・・・。
アツシさんご自身が気付いているように、つかなくてもいい嘘をついてしまって自分を無駄に追い込んでしまっていますね。せっかく決まった採用さえ捨ててしまうまでに。

結論を言えば、今回の詐称は調べようとはしないと思いますので、採用を辞退する必要はありません。
B社へ望まれて入社したというポイントは、確かにアツシさんの魅力や裁定に考慮された可能性はありますが、大きく影響したとは思えませんし、著しく経歴等を詐称したとも言えません。
もちろん、事実ではありませんから大小に関わらず詐称なのは確かです。

アツシさんが出来る事は今回採用してくれた会社から、アツシさんを採用して良かったと思わせるほど頑張ることです。
この詐称のことは忘れ、今日はゆっくり寝てくださいね。

匿名さん 女性 H19/9/20 (ご本人のご意向により伏せさせて頂きます)

管理人さん、初めまして。
皆さんの体験談を読ませて頂いて、私の体験が何かの参考になればと思い、投稿させて頂きました。

私は、障害者手帳を持っています
精神障害です。病名などは伏せます。

前職で、同僚の暴言と間接的な暴力にあい、閉鎖的な環境であったこともあって、発病しました。
離職してから一年半は全く働くことができませんでした。
働くことで受ける様々なストレスに、自分がどう反応してしまうのかが怖くてたまりませんでした。

それでも、自分の為に働きたくて仕事を探しました。

社会復帰のために、まず時間を自由に決められるアルバイトから始めました。
一日3・4時間くらいで週に3日程働きました。
最初は想像以上に辛かったです。
そして、4ヶ月ほど過ごし、気分転換のために車を買いました。
車のローンを返すために、もうひとつバイトを始めました。

そして、月に140時間ほど働けるようになりました。

掛け持ちで働くことは、全く違う環境を2つ作ることができるので、
精神のバランスをうまくとることができました。
また、そのまま半年経ちました。
両方のバイトをやめました。
そして今は、前職と同じような仕事をまだパートながらしています。
辛いこともまだまだ沢山あります。

この一年で沢山の人と出会い、色んなことを話し、多くのことを学びました。
自分には何もできない、そうふさぎ込んでばかりいたけれど、今がだめでも、次へ次へと進んでいけば、今がどんどん過去になって、ゼッタイ楽しくなってきます。

がんばれ、という言葉が大きらいだったけれど、私はがんばることをやめません。

最後に、どれだけ辛い仕事であっても、自分に仕事があることは、何より幸せです。
同じ障害を持たれながらも働いてるみなさんを尊敬しています。

また、明日からも共にお仕事がんばっていきましょう!!

こんにちは。
頂いた投稿を私に言って下さっていると思って読ませて頂きました。
”自分のために働きたくて仕事を探しました”という言葉、簡単に口には出せますが、自分は心の底からそう思っているのか自問自答しました。
これまでそう思っていると思いたいですが、なんだか自信が無くなってきたような気がします。

私もついこの間まで入院していたせいか、病いの種類は別にしても心身共に健康である大切さを考えさせられた日々でした。
車イスについても、これまでも町中で見かける時には配慮等していたつもりでしたが、自分が実際に乗ってみると、小さな段差でも上れず転倒しそうになる始末。
まだ後遺症はありますが、こうしてパソコンを使えるまでになった事をありがたく思わなければなりませんね。

匿名さんのように苦しい状況でありながら、自分が頑張れば1つ1つ乗り越えられるんですね。自分はこれまで働いている期間も含め、まだまだ駄目なままだと思い知らされました。


これまで生きてきた過程において、私の想像を絶するような苦しみがあったことと思います。それにも関わらず、こうして頑張っておられる姿勢には頭が下がりました。
私からはもう何も言えません。
匿名さんの経験が皆様の何かのキッカケになれば、私同様に匿名さんにとっても暖かい気持ちを分け合えると思います。
匿名さん、投稿ありがとうございました。

はだかの王様さん 富山県 男性 35歳 H19/9/4

管理人様、お久しぶりです。
去年9月に就職した会社は入社後1ヶ月で辞めてしまう結果となってしまいました。

総務経理事務担当として入ったものの、経理事務は社長と社長の奥さんが全て抑えており、私は全くタッチできない状態でした。
総務事務に関しても全くノータッチでした。私の後に1人雇うことになっていたらしいのですが、その連絡も無く入社手続き(雇用保険、厚生年金)がされていました。会社を辞めて始めてわかったのですが、社会保険関連の手続きは社会保険労務士に任せていたようです。

9月20日、昇給日(?)らしく社長に一人一人社員が呼ばれそれぞれ評価をもらっていました。
社長の私に対する評価は、
 総務事務業務が全く出来ない。
 期待してた程、業務改革が全く出来ていない。
というものでした。

9月25日、私1人、社長に呼ばれました。
 総務経理業務が全く出来ない。ハローワークで募集した総務経理業務の給料は経験者を想定していた。
 来月から給料を20万円から16万円に下げさせてもらう。
というものでした。

9月30日、社長からもう一度呼ばれました。
 総務経理業務に居るが、この1ヶ月全く仕事をしていなかった。
 会社の中の業務改革が全く出来ていない。
 もしやる気があってうちの会社に残りたいのであれば、出荷部門に異動してもらう。その場合、来月から給料を16万円からうちの会社の最低賃金15万円以下(おそらく14万5千円)に下げさせてもらう。
 それが嫌なら、来月15日まで総務事務業務に在職後辞めてもらう。

即日辞表を出して退職することにしました。私の考えが非常に甘かったのだということを身に染みて感じました。今でもその時感じた嫌な感覚は忘れません。

考え直してみてもおかしな会社でした。

私が1ヶ月にやった業務内容は事務とは言えないものでした。
経理事務は、その日電話等で注文された商品をシステムに入力する、月末〆の確認くらい。
総務事務は、会社周りの草むしり、郵便物発送(郵便局へ持参)、切手購入。

入社後に社員の方と色々話をしていたのですが、以前から会社に合わない人は何人も退職しているということを聞きました。女性はとにかく社長の奥さんに嫌われたら駄目だったらしいです。私より若い方が商業高校出身で日商簿記2級を持っているにもかかわらず搬入・出荷業務を担当していました。

私が勉強して資格取得をしなくても、目の前にこの人が居るのになぜこの人に経理をさせないんだろうと思いましたが、あまり気に留めませんでした。その時は「やっとで事務職に就けた」という気持ちもありましたし、入社した会社の現状を直視したくなかったのかもしれません。

ある日机を移動させるため他の机の引き出しを開けた時、就業規則を見つけました。有給休暇は一年在職したら1日付与されるなど、最低限の知識しかない私から見てもめちゃくちゃな就業規則でした。


急遽退職することとなってしまったため、次の日から再び再就職活動をすることになってしまいました。ただ、再就職活動をするにも先行き見えない状況で行っているので10月1日から非常に不安な日々を過ごしていたのを思い出します。
母親からは「いつ就職できるのか」など、見通しの立たないことについて返事するよう求められました。また、私が両親の健康保険に入れてもらったことによって保険料が高くなってしまい、その事についても責められました。

ハローワークに行って総務・経理関連の職業訓練を受講しようと思い申し込みましたが、職員に断られました。プログラマーをやっていたのだから仕事ぐらいありつけるだろう、みたいなことを言われました。ハローワークの職員が世間の事情を知らないとはいえ、職員の言葉はあまりにもひどく感じました。


去年12月に、ハローワークで地元大学の育休代替職員の求人が掲載されていました。
面白そうかなと思いましたが、雇用形態が「パート労働者」で雇用期間が決まっている部分がネックだと感じ諦めていました。また、大学ということもありかなり頭脳明晰な人ではないと相手にしてくれないだろうと思っていました。


一番最初に就職した会社の後輩と馬が合うので、会社を辞めてからも年に2〜3回飲んでいます。その後輩に以前から、「SEみたいにパソコン相手の仕事より人と話す営業のほうが向いていると思う。」と言われていました。
また年末帰省してきた兄からも、「学生時代に一番長くアルバイトしていたスーパーみたいな人と接するような仕事も考えても良いんじゃない?お前、かなり長くやっていて楽しそうにやってたし。元のSEに戻るのも良いけれど、自分の会社に来ているSEを見ていても定年まで長く続けられる職業ではなさそうだし。無理して正社員にこだわらなくても良いと思うよ。いくつか職を変わってみても良いから自分にあった職業を探しても良いんじゃない?」と意見してくれたので、他の分野も良いかもしれないと思い今年1月に応募してみました。

授業の補助なので最初は戸惑いました。面接して頂いた先生のお話では大学の授業の補助をするということでした。仕事に関して聞いている範囲ではやれそうだと思いましたが、前の会社で失敗しているので2度とあんな間違いをしたくありませんでした。
そこで、自分が実際の業務を一通りやってみる(テスト)ので、自分と先生が出来そうだなと納得したらOKしていいですか?と提案しました。先生もそれは良い考えだと言ってくださったので、テストしてもらうことにしました。テストは順調に進み、私も先生も業務は出来そうだ意見が一致したので、採用される運びになりました。

採用される事が決まり、事務の方から採用条件の説明がありました。その時、「これまでの経歴が給料に反映できます」と説明がありました。実際、募集時に提示された時給より少し上乗せした時給をもらえることになりました。給料面では、パートとは言え時給換算すると以前の仕事より格段に上がりました。
働き始めて、家に5万円入れて給料の残りを貯金する余裕が出来てほっとしています。今後のことを考えてしまい、給料を全て使うことが出来なくなっているだけかもしれませんが。

現在は職員の方が育児休暇に入ったため正規職員として勤務しています。正規職員として採用されると、採用された段階で有給休暇が即日頂けました。また、冬の賞与も頂けるみたいです。
採用条件の説明で、今休暇に入っている職員が産休中の時はパート職員として、育児休暇に入った段階で常勤職員になると言われました。その時は説明内容を理解していたつもりだったのですが、実際の自分の給料や有給休暇等が全て変わったのでびっくりしてしまいました。契約職員とも待遇にほんの少し差を付けているみたいなので「正社員と待遇の差を感じる」という言葉を雑誌で見たけれどもこのことだったのかと感じました。といっても、有給休暇が直ぐもらえないことと夏季休暇に差がついている、だけですが。

仕事面では、授業の補助なので最初は戸惑いました。というのも、学力面では私を採用して頂いた先生や学生の方が格段に上だからです。大学というだけあって少し、勉強も教えないといけないので困る時もありましたが、私を採用して頂いた先生や学生にも良くしてもらい現在に至っております。
学生からは「自分が担当した授業以外も担当してくれないんですか?今後の授業の補助も担当して欲しい!」といううれしい言葉をもらいました。
言ってくれた学生に恥じないように少しでも勉強しなくては、と思います。

ただ来年8月末までの契約期間のため、9月からは無職になることが決定しています。去年の10月時点の心身状態にならないように先月から準備をはじめました。

あまりお役に立てるかどうかわかりませんが、遅ればせながら投稿させて頂きました。
管理人様もあまり無理なさらないようお体ご自愛ください。

退職した会社はひどいです。
夫婦揃って会社経営に携わっている会社の最も悪い部分が溢れだし、勤めている従業員にとっては窮屈このうえない会社だったようですね。
本来なら社長に言いづらいような事を汲み取り暴走にストップをかけるなど、社長のサポートや働きやすい環境を築くのが努めなのにも関わらず、従業員をいびるなんてどうしようもない。このようなおかしな会社と”おさらば”したのは的確な判断だったと思います。
就業規則も、役所用と従業員用を使い分けていた可能性さえ考えてしまいます。

ご家族からは厳しい言動もあったようですが、やはり天から地へ叩き遅されたような気分になったのでしょう。
昔ならすぐに退職するのは我慢が足りないなどこちらに非がある事が多かったのかもしれませんが、今は常識の通じないおかしな会社が多いので、理解出来ないのは仕方ないのかもしれませんが。

大学の代替職員については、こちらからテストも兼ねて実際の業務を通じてお互いに確認しあうというのは良い提案でしたね。こちらの誠意を伝えられると同時に双方の不安を取り除けます。
前職の勤めてみたら話が違うという最も恐れていたことを防げますしね。

有期契約という状態は確かに気になります。
契約が切れて後にどうしようという不安も大きいですが、今の仕事にやりがいを感じ学生さんからも慕われていることから、離れなければならないという残念な気持ちの方が大きいのではないでしょうか?
契約期間の延長や期間が取り払われた正規職員への昇格など、夢のような機会が訪れると良いですね。

はだかの王様さんも、お体には気を付けて頑張ってください。

よだっぴさん 海外 男性 39歳 H19/9/2

管理人様。その後、身体の調子はいかがですか?お大事になさって下さい。私の方、6月18日から当地フィリピンにて働いています。研修期間が3ヶ月。9月18日以降、正式な社員です。もう少しですね。

今度の会社、日本国内には生産現場がなくて、中国の大連に最初の工場、その後、フィリピンに新しい工場を建てて今に至ってます。フィリピン工場は創業3周年をついこないだお祝いしたところで、まだまだ若い工場です。従業員約350名。ほとんどが20代でこれまた大変若い従業員ばかりです。いろいろ問題はありますが、逆にこういうのをチャンスと考えて毎日仕事しています。ちょうど、誰も手をつけていなかった問題を1個、クリアにして、さらにもう1つ、クリアにすべく明日からまた挑戦です。精神的な圧力は全くありません。これが一番幸いです。税金の関係で手取りはダウンですが、なんとか成果をあげて会社と交渉しようと考えています。(所得税32%ってきついですよ。。。^^)現地人と現地語でコミュニケーションが取れる日本人はいないので、いろんな意味で重宝な存在になりつつあります。ちなみに工場長は日本語ペラペラの中国人です。これまたいろんな意味で勉強になります。他の日本人スタッフも話しやすい人たちばかりで、悩んでいる私にいろいろ助言してくれて、大変嬉しく思っています。もう同じ失敗は繰り返さないと自分を信じてやっていこうと決意を新たにしているところです。

会社は年間360日稼動で日本人スタッフ、特に製造部は週6日出勤です。今、研修中でしかも問題解決に取り組んでいる私は朝6時から夜7時くらいまで働いています。したがって今、朝4時に起床です。。。毎日眠いけど、頑張ってますよ。もうすぐこちらで第二工場新設の話しも出てきますので、ますます楽しみです。

家族には結果的にかなりの迷惑をかけましたが、転職してよかったと思っています。

私も失敗を繰り返してようやく自分のフィールドを見つけた感じです。もうあとには引けないし。みなさんも前向きに行きましょうね。。。

では、また。

おひさしぶりです。
私の身体の方は徐々に回復しております。この入院は私にとっていろんな意味で良い経験となりました。
よだっぴさんは順調なようで、あと2週間たらずで正式な社員になれるそうで、本当におめでとうございます。

外国人と良好な関係を築くのは難しいとは思いますが、フィリピン人は勤勉な民族だと私は思っているので、鍛えてあげれば大きな成果をあげられそう。
いつかテレビでフィリピン人の日本人向け介護指導員の訓練を見ましたが、日本語はもちろんのこと日本人向けのきめ細かな技術を学ぶ姿を見て、この民族の学ぼうとする姿勢に圧倒されました。
日本人は、盛り場のお姉さん・農村部の嫁不足など悪いイメージばかりが先行していますが、この考えは改めるべきですね。

投稿を読ませて頂いた限りでは、人種を問わず良好な関係を築かれているようですし、所得税率が32%でも朝4時起きでも関係なさそう。
おまけに業績も良いのか、新工場建設などやりがいの感じられる職場は本当に羨ましいです。

よだっぴさんのように、楽しくやりがいのある職場に巡り会える事を、ここを読まれている方にも訪れることを祈るばかりです。私もあやかりたい。
お体には気を付けて頑張ってください。




<<2007年8月分 MENU

HOME

2007年10月分>>