HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2007年11月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2007年11月分


みほさん 北海道 女性 44歳 H19/11/26

管理人さまおひさしぶりです
このホームページにおじゃまさしていただいて書き込みしだしたのは、今年の初めだったような気がするんですがずいぶん状況が変わりました

正社員として仕事をし始めていろいろな壁にぶつかりました。
いまも悩み満載です。できればやめたいと思う時もありました。
就職できた、正社員になれたそこで悩みがなくなるわけではないです
ただやっぱり生活がある以上やめることはできません。

いえ、もしかして
やめることはいつでもできるかもしれないです。
後先考えなけりゃ

仕事をつづけるって辛いことです。
私のまわりには30年とか同じ会社に勤めてがんばっている方がみえます。
きっといろいろなドラマがあって苦しんででも思い止まったりしたんだろうと思いました。頭がさがる思いです。

私も辛いけど
がんばりたいと思っています。
自分の思い通りのところに勤めたつもりでもやっぱり現実はきびしいです。
思っていたことと違っていたりいろいろなことがありました

就職して、あらたな戦いのはじまりです
自分の「場所(ポジション)」
作っていく戦いだと思います。

私も負けません(たまに負けてますが・・・)。
管理人様も皆様も人生の上で勝利をつかむためにがんばってください

デザイナーの経験をお積みになっていた、みほさんですよね。
転職して一定期間経過した少し慣れを感じ始めた頃など、本当にこの会社で良かったのだろうか・辞めたいななど、否定的な気持ちは悩みの大小はあれ、誰でもぶつかる壁のひとつだと思っています。

同じ会社で頑張る人・転職する人、どちらもそれぞれの立場で悩みは尽きないし、良い面悪い面の両方の側面を持ち合わせています。
そのうちの同じ会社で頑張っている人は、やはり忍耐力などの強さはあるでしょう。気に入らない上司の嫌みや、大変な失敗をしても逃げ出さないで頑張っている姿勢は評価されるべきものであります。

転職する人にとって、新しい会社はやり直す良い機会であると同時に、ゼロから人間関係を築かなければならず、年齢が高くなるほど精神的にきつくつらい状況のひとつですね。自分の子供と同じような先輩に、こきつかわれたりする事もありますし。
自分のポジションを築くのは大変な作業ですが、得られるもの大きいですね。

今年はラニーニャで大雪のような話も出てますので、あまり雪が多くないことをお祈り致します。ひさしぶりに近況をお聞きできて嬉しかったです。

ごん太さん 埼玉県 男性 32歳 H19/11/17

管理人さん、この前の相談に答えていただきありがとうございます。
日増しにSのストーカー行為が酷くなっています。
今は、現場に居て作業をしている間は、完全に監視されています。
一緒に働いているOさんから、聞かされたのですがSは、私が席を外している間、永遠とHと私の陰口を叩いているそうです。

前にも、聞かされていたので判って居ましたが・・・
改めて、聞かされて心底ウンザリしました。
ほんとに、この現場の派遣メンバーを一度、総入れ替えした方が良いのではと思えてきます。

Sは完全に頭のおかしい人間で、今日もこっちの行動を端末を覗き見しながらブツブツ言っていました。私が作成して、まだ本番稼動前で完成していないプログラムの修正をしたら、Sが「勝手にプログラムを修正・・・」
聞こえないフリをしていると「無視している・・・」とブツブツ言ってきます。
かなり、小声で喋っているので相手が作業に集中して聞こえないという考えは、彼の頭の中には存在しないようです。

Hもかなり、頭がおかしいと思う時があります。
Sの行動を止めるどころか、推奨してこっちの粗捜しをさせています。

そして、Oさんこの人もかなり変な人で何かある度に、Sに現場中に聞こえる大声で問題発言をして、かなり頭の痛い人です。
たとえば、現場にバックアップを取るルールが明確に決まっていませんでした。
そこで、彼女はSに「Sさん!Sさんが現場のルールを決めて、みんなに守らせて!」とか・・・
自分のやり方にあわない方法で、作業をさせると「こんなやり方は嫌だ!」とか「めんどくさい」とか、大声で喚きます。

正直なんで、この人が現場に居れるのか不思議でなりません。
それに、こんな人を連れて来た中間会社の営業の目と頭を本気で疑いたくなりました。現場の人達は、基本的にまともですが・・・
どこか、おかしい気がするのは私の気のせいでしょうか?

前に投稿した時の管理人さんのアドバイスに従い、ストーカー関係の専門サイトに相談しましたが・・・
現場を辞めた方が良いとか、私立探偵に解決する事を進められました。
探偵事務所に、相談して料金の見積もりをだして貰ったら50万円くらいと出ました。
さすがに金額が金額なので、断りました。

最近は、警察に相談する事も考えています。
こっちの行動の監視。身に覚えの無い事実の捏造。
ちょっと、一線を逸脱した行動も見られるので相談を考えています。

今度、自社の営業さんが現場の係長さんと会食なり飲み会をやるのでその席で、Sの件を相談しようと今、動いています。
これで、いい方向に動けば。と思っています。
駄目なら、本当に警察に相談か現場を辞める方向で考えざる得ません。
宜しくお願い致します。

こんにちは。
ごん太さんの投稿を毎回読ませて頂いた感想は、改めておかしいのはごん太さんではなくSと考えます。これまでも多くの方から様々な内容の投稿を頂きましたが、これほど陰湿な内容はありません。
ストーカーを特集したテレビなんかでは、探偵などの強力なサポートにより、加害者へ活を入れるおもいきった対策で対処しているのを見たことがあります。

実際に見積もり的なものも取られたとのことで、50万円という大金は私達庶民に出す金額としては高額すぎます。
ある意味問題なのは、陰湿なやり方を社内に限定しているところで、自宅や屋外などにも影響を及ぼすほどであれば、かえって警察も動きやすく対応してくれそうな気もします。社内だけでは、単に社内の問題としか考えてくれず、多分警察は動いてくれないと思うからです。

いま残されている可能性としては、営業さん絡みの飲み会。
既に限界を超えておられるはずですが、そろそろ何らかの決着に近い動きがなければ、ごん太さんが精神的な病いになるほどのダメージを受けそうで、それが心配でなりません。
例えば県の関係のようなところへ相談等はされましたでしょうか?
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BA53/tobu_hp/gyoumu_fl.htm
私が言うまでもありませんがぜひ飲み会が、強力なかたちで動いてくれる事を祈るばかりです。

つとむさん 青森県 男性 29歳 H19/11/11

おひさしぶりです。

やっとパソコンが復旧しました。が、古い98スペックのマシンでXPを動かすのはさすがに難があるようで、しょっちゅう固まってしまいます。
ということで、今回もTurboLinuxマシーンから投稿させていただきます。

早いもので、某運送会社に入社して1ヶ月が経とうとしています。

その間に、いろいろないじめ(?)に合ってきました。「馬鹿!」と言う言葉を3回受けました。
「これは11号車だろ!何で3号車に引くんだよ!馬鹿者!」
「お前、ここでつっ立って何してんだ!あっちでみんな仕事してるだろ!この馬鹿!!」
「何で軽い荷物の上に重い荷物を乗せるんだ!これじゃ、つぶれるだろ!お前、馬鹿か!?小学生でもわかることだろ!」
と言った感じに。

大抵のひとはこれを「パワハラだ」と言って辞めるのでしょうが、私はそう簡単に折れませんからね。これをパワハラだ、ブラック企業だと言っていたら、某運送会社ならず、ヤマト運輸、西濃運輸など全ての某運送会社がブラック企業になってしまいますからね。

不思議なもので、こうした苦しみに耐えていると、段々こうした暴言に耐える精神力も付いてきます。

ぶっちゃけ、言ってしまいますと、「パワハラ」と今問題になっていますが、私(達)にとってはナンセンスに思えてくるんですね。自分の精神力がないから暴言に対して自殺とかしたくなってしまうんです。

私は、心の病にかかかったことも、「精神力がない」、すなわち「能力がない」と結論づけていますので、某運送会社で沢山のいじめに合って、自分を鍛えるのには絶好のチャンスだと思っています。

とりあえず、中間報告まで。

順調そうで何よりです。
厳しい口調での叱責は確かにへこむ時もありますが、声をかけてもらえるという事は、なんとか一人前の育てたいという愛情のこもった言動なのは間違いないですね。本当に嫌われたり見捨てられたら、決して言葉をかけてもらえないうえに、明らかな嫌がらせをされるはずです。
運送業界はこれからお歳暮の時期を控え、もっとも多忙な時期を前に早く戦力になって欲しいはずですからね。

つとむさんの前向きな生き方は大切です。
今におまえらより早く配ってみせるという、意気込みも成長を早くしてくれるはず。
しばらくは仕事の遅い厄介者のような扱いを受けるかもしれませんが、厄介者から本当に意味での同僚に昇格できるように頑張るしかないでしょう。

活気のある職場なようで本当に安心しました。
何も教えてくれないような職場ではなく、頼んでいないのにあれこれアドバイスしてくれるなんて最高です。大きな声での注意はありがたい。
大きな声で配達に来てくれるドライバーさんは見てても気持ちいいです。

余談ですが、青森では雨の災害で大きな被害を受けている地域もあるそうで、災害に巻き込まれていない事を祈るばかりです。
これからどんどん寒くなり、降雪でこれまで以上に仕事が大変になると思いますが、運転とお身体には十分にお気を付け下さいね。

人生やりなおしたいさん 岡山県 男性 43歳 H19/11/8

管理人様
ご意見ありがとうございます。投稿の仕方を間違ってしまいすみませんでした。これからはこちらの方に投稿させていただきます。

IT関係の仕事といいましたが実際にはSEの仕事をやっていました。在籍していた会社には本当によくしてもらっていたといまも思っています。がそれゆえに在籍していた会社の人にはいまだにもうしわけなくて。今は、全然付き合いもありませんが。どちらかというとお客さんの方が心配だったのですけどね。

再就職の事についてもいろいろかんがえてみました。他県で就職しても結局はずっと逃げていることになってしまいますね。この先、ずっと死ぬまで逃げ続けられればいいのかもしれませんが。それもしんどいです。ここは、開きなおってみます。それでも駄目な時はその時になってから考えてみます。仕事をしていないとどうも余計な事を考えてしまいますね。

あと、余談ですが、外仕事とデスクワークでは本当に違います。管理人さんのいうように職種が違えば従業員の気質もまるきり違います。言葉づかい、態度も自分が気がつかないうちに変わってきますよ。暗くなればおしまいなのでその点は楽ですが、雨が降ればお休みでお金も入りませんし逆にみんなが休みの旗日に働いていたりします。でもそこで知り合った人たちと今も付き合いはあるのでいい経験をしたとも思っています。

投稿方法は了解しました。投稿方法が2種類あるため、ちょっと変わった構成になっておりお手数をおかけしました。

SEをやられていたんですね。昼夜曜日など一切無視される厳しい仕事である事は、私もプログラマの経験がありますので理解しているつもりです。
長期出張なんかで相手先に張り付いた時も、SEの人なんかは子供に数ヶ月会っていないとか、ホテルに住所移した方がいいんじゃないと思えるほど、仕事に縛られ殺人的な労働だった記憶があります。

開き直るのは良い傾向です。
確かに昔の同僚に迷惑をかけたかもしれませんが、病気等は好きで患う訳ではありませんから卑屈になる必要はないですよね。もし、会ったらその時にお詫びをして挨拶をすればいいんです。それで許してもらえるかは分かりませんが、誠意を持って謝罪した人を責める人は少ないと思います。
私が前に勤めていたところで、仕事で体調を崩しそのまま退職した方がおり、辞めた事を聞いて私が思ったのは「身体大丈夫なんだろうか」・「これから仕事どうするんだろうか」など、迷惑というよりも心配だけ感じましたよ。

職種の違いは気質もまるっきり違いますね。慣れてしまえばそれはそれで結構楽しめたりします。私がプログラマ時代の時も、私の採用されたきっかけのひとつは、性格判断テストのおかしな傾向だったようですよ。
常人とは思えないカーブを描いていたらしく、そのおかしなカーブがプログラムを組むのに新しい発想なんかを導入出来るという、採用担当の変な期待からでした。
変人は変人なりに頑張っていますので、人生やりなおしたいさんも気持ちを切り替え過去に捕らわれず頑張っていきましょう。

Mr.ヨレヨレ37さん 神奈川県 男性 37歳 H19/11/8

ご無沙汰しております。
退院後、リハビリをしながらの就職活動とあっては精神的にも大変だと思います。
最近は管理人さんのサイトは久しぶりでしたが、少なくとも私よりは前向きで周囲に惑わされないでいく姿勢には見習うものがありました。
私の方は相変わらずといいますか少々悪化しています。

就活の方は2週で2〜3社程度で応募していますが、失業して2年4ヶ月目に入っているにも関わらず、面接では時間をかけて綿密に作った職歴の内容をうまく表現する能力が無くて、しどろもどろになって失敗しています。
少なくとも職歴の内容どおりに言えればいいのですが、余りに感心のない職種に無理に作った職歴を上手く言えるほど器用ではないみたいです。
何としてもそこに入りたいんだという気力がないのでしょう。
それに今更ながら3:1の面接はとても苦手です。
もうそんな事を言ってる時期じゃないのですが、死ななきゃ直らない性格のようです。

以前はこんなに話し下手ではなかったのですが、やりたかった出版関係を諦めた今は、他に何がしたいのか未だに迷ってるんです。
もちろんブランクの理由などもストレスになり、いつも土壇場で困惑しています。
はっきりとした目標や理由が無い分、大事な局面で言い伝えられないのだろうと感じています。目標や夢が無いのは今は非常に辛いです。

先日は半年振りに以前お世話になったカウンセラーの所に行って来ましたが、結果的にいつの間にか愚痴っていました。
そこでは流石に呆れられたようでしたが、私の性格を知ってのことでしょう50代後半のそのカウンセラーは「私が勧めるよりもやはりご自分で入れそうな所を探すしかない段階にきてる、私はあなたではないですから、どういうところが本当にいいのか判りませんから・・」という事を言ってくれました。
確かにこういうアドバイスになってしまうのでしょうね。

実際のところ、もう年齢的にも選べる立場はとうに過ぎていますし、未経験とあれば厳しいのは承知です。しかし現実にこういう状況になってしまっているのですから、やはり自分でどうにかしないとどうにも未来は開けないのは身に沁みているのですが、仕事を選べない優柔不断さは相変わらずなのです。
また「とにかくやってみようという職種を見つけたら何十社か受けてみては如何ですか、あなたの経験が必要だと言ってくれるところがあるかも知れないですよ、もしいま受けても駄目ならそこで初めて無理なんだと思った方がいい」とも言って窓をむき、多分、世間では当たり前の事をそこまでやってない自分に気付かされました。
またしても愚痴のような展開になってしまいまして申し訳ありませんでした。

久しぶりに立ち寄らせて戴き、なんとなくですが気が休まりました。なかなかいい話をお知らせできることがなくて全てにおいて情けないのですが、なんとか生きる元気を持ちたいと思います。
また気力が充実してきたら立ち寄らせて戴きたいと思いますので、その際はご面倒でも宜しくお願いします。

お久しぶりです。立て込んで遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
好景気?とテレビ等とは見聞きしているにも関わらず、それが浸透していない事が残念でなりません。
私も勤めて前向きな気持ちをキープするようにはしていますが、やはりどうにもならない時もあります。そんな時は、例えば僅かな興味を持った事などをサイトに書いたりして気を紛らしています。毎回湿っぽい話ばかりでは、せっかく来てくれた方に申し訳ないなと思って。

職歴だけでなく、誰かに何かを簡潔に伝えるというのは難しいですね。身近な映画等の話題でも、ストーリーを上手に話せる人って羨ましいです。話し上手になるための書籍なんか読めばいいのかな?話し下手は損ですね。

仕事を選べないのは難しい問題です。やはり、やりたい仕事を探せないとすればやりたくない仕事を除外するなど、どんな形であっても選別はしなければなりません。
こればかりは、ご自身で考えるしかないですね。
選別の基準は何でもいいと思うんです。給料・休日あるいは残業時間などの雇用条件、通勤のしやすさや会社名の好き嫌いなど基準は探せば結構あります。

愚痴は出るだけいいと思うようにしましょう。愚痴さえも出なくなったら復活するのにかなりの労力が必要になります。もういいやなんて思ったら、愚痴どころでは済まないです。
最後の最後に良い結果になればいいので、途中である今は愚痴炸裂でいいんじゃないでしょうか?これから寒くなりますが風邪に負けず、頑張っていきましょう!

人生やりなおしたいさん 岡山県 男性 43歳 H19/11/4

はじめましてこんにちは。

私は、現在、バツ1の独身男性です。約十八年程、ITの仕事をしていましたが数年程前にうつ病が原因で会社をやめ妻とも離婚しました。

人生をやり直したと思い、建設関係の学校に一年通いその方面に就職しました。前職とは全く違いいわゆる力仕事でしたので精神的なストレスはなくなりました。ただ、採用時に雇用主より提示されていた金額より低く日給制の為、少ない月だと十万前半になることもたびたびありました。また、体質的に力仕事があわなく何回か倒れることもあり退職しました。

その後、別の業種をさがしたのですが年齢と未経験だと無理のようですね。
そこで以前のIT関係の仕事に戻ろうと思い就職活動をした所、内定通知を何社かいただきました。
ただ、ITの仕事の時にうつが原因で何度か休職しています。
そのうちの何回かは区切りのいい所までがんばり他の人に引き継ぐ事ができましたが、途中で出社拒否同然でぬけた時もありました。
このような事もあり前職の仕事に戻ると業界も狭いので病気の事を知っているお客や前会社の上司や後輩に会うのではないかととても心配です。
仮に会ってしまった場合、病気や仕事を中途半端で抜けた事を噂されるのでないかと。
現在は薬も飲んでいないのですがまた、再発するのではないかという不安も。
技術がとりたててあったわけでもないと思うので採用通知をいただいたところの評価も気がかりです。ただ今回は簡単な作業からですが。

これを逃すともう就職先がないようでとても悩んでいます。よろしく、お願いします。

人生をやり直すために、全く異なる分野へ30歳を超えてから学校へ通うのは、勇気と度胸のある証拠です。
キーボードを叩くデスクワークと身体も使う建設の現場の違いは想像を超えるものだったのでしょう。
それに、職種が違えば従業員の気質のようなものも異なると思われるので、良い意味でカルチャーショックのような感じだったのかもしれません。
ただ、肝心の体力不足?に関しては、若い頃から力を使う仕事をしていた人と、デスクワーク専門だった人との体力差は大きいはずです。
それに、肝心の雇用条件まで厳しいとなれば長く続けるのは難しかったのは分かるような気がします。建設関係は日給月給が多いですね。
せっかくの大胆な方向転換が逆に作用してしまったのは残念です。

経験のあるIT関係に戻るために、過去の休職等がネックとの事ですが、同一地区内でそれほどつながりはあるのでしょうか。
それぞれの地域や職種によって、つながりの強弱はあるはずです。
経験されていたのであれば、そういった悪いつながりがどの程度だったのか想像出来るような気がします。ご自身でそのような噂などを聞いた事があるかどうかです。

確かに前職の人と会う可能性は否定出来ませんが、他業種であっても会う機会はあるものです。もしかしたら学生時代の知り合いが営業に来る事だってあります。
前職とのつながりや過去の病気などに、あんまりとらわれない方が良いと思いますよ。どうしても気になるのであれば、岡山県なら隣の兵庫や広島など大都市での就職も検討されてはいかがでしょうか。
私自身も過去を考えてしまう事はありますが、あまり気にしないようにしています。
深刻になっても、気持ちを切り替えない限り好転はしませんので、ネガティブな考えは捨ててせっかくのチャンスを生かす事を考えるべきです。

なお、掲示板と体験談の両方への同じ内容は禁止させて頂いておりますので、今回は掲載しましたが、次回はどちらかに統一をお願いします。また、掲示板の方でもレスが付いていますので、ご覧になったらお返事をお願いします。




<<2007年10月分 MENU

HOME

2007年12月分>>