HOME>みんなの助け合い>皆さんの体験談(過去ログ)メニュー>2008年2月分

皆さんの体験談(過去ログ) 2008年2月分

匿さん 佐賀県 男性 39歳 H20/2/26

管理人さんの心優しいアドバイス。ありがとうございました。
おっしゃるとおり“適材適所”ですね。

結論からいうと今回の配置換えは“適材適所”ではなく、“経験や知識を全く生かせない配置換え”というのが色濃いです。
配置換え前は事務職の仕事を中心にやっていました。(繁忙期は応援依頼があれば作業へいく場合あり)が今回は全くかけ離れたトイレ清掃などの毎日清掃他。これがいまの自分の現実です。本当は戻って事務関連の仕事に戻りたい。

ちなみに今日こんなことがありました。一緒に作業した年配の女性作業員。
共同作業していました。
事故もなく無事終わったものの些細なことで問題が発生。すぐ解決しましたが。
その1件で年配の女性作業員(現場勤務でなく人数不足による本社からの応援者)に“あんたと一緒に仕事していて私が一生懸命やっていたのに私の面子が丸つぶれた。どうしてくれるんだ”とか他の従業員にもネチネチ愚痴っていました。
しかも休憩時に寝転びながら。

途中で気分悪くなり、トイレに駆け込んで嘔吐してしまいました。が、その年配の女性従業員。自分が入っているトイレまで押し込んできて従業員や現場のビルで働く人たちに聞こえるよう自分のイヤミ等叫んでいました。
これが最近毎日続いている現状です。

もしこれが続くなら再就職活動に踏み切ります。
上司に相談しましたが“(人事決定権のある)本部長が決めたことだがら覆せない”とこのことでした。
事務=女性でなく男の自分でもお茶組、掃除、雑用なんでも引き受ける覚悟でいます。それは会社で決めることですが・・・。まずは現状報告・お礼まで。

管理人さんの返事で少し楽になりました。ちなみち適材適所は配置換えを成功するにはまず社員とのコミュニケーションが不可欠ではないでしょうか?
うちの会社では全く無いに等しいです。文章がながながとすみません。

人員の配置などは難しいものだと思います。
前回は触れなかった事で、事務を専門に勉強あるいは経験してきた者を、畑違いの営業や現場などで働かせることは必要だと考えます。もちろん、その逆の営業専門に経験を積んだ者を、事務などの内勤へ配置換えするのも同様。

たとえば経理担当者は現場の事を知らず、机上の数字合わせだけに没頭したり、営業担当者は、売買以外に関する諸手続や設備などを購入するための借入などを関知せず、事務仕事の煩雑さを忘れがち。どちらも会社には必要。

それに、将来経営幹部などに据えられているなら、なおさら専門外の他部署全般を知っていなければ経営など出来ませんから。専門外への配置はとても大切。

ただ、匿さんの会社が上記を考えての行動にはみえませんでした。

年配の女性従業員との間で何があったのか分かりませんが、嘔吐するほどの暴言というのはどれほどのものなのか、想像することさえ恐ろしいです。
そもそも、誰の目からみても些細なトラブルだとすれば、なぜそこまで悪態をつかないといけないのかも理解不能です。

考えられるとすれば、その従業員からみた些細なミスの積み重ねか、匿さんの言動が気にさわるなど、必ず原因はあると思います。
後者だとすれば、残念ながらどうにもならないでしょう。人間関係って、合わない人とは絶対良好な関係は築けないですから。

上司には相談されたそうですが、どのような姿勢(気持ち)で聞いてくれたのか考えてしまいます。本社には逆らいづらいとは思いますけどね。

お茶などは、私は女性従業員にやってもらうよりも自分でやるタイプで、女性従業員が遊んでいるんだったら別ですけど。それに、お茶などの準備って仕事の息抜きにもなります。(あくまでも自分の分だけ)

コミュニケーションには改善ポイントがありそうです。



匿さん 佐賀県 男性 39歳 H20/2/23

清掃会社でパソコンを使った事務系の仕事をしています。
本来この仕事内容で採用となりましたが、最近おかしなことが発生しています。

それはここの会社の本部長(決済および人事決定権は本部長)は儲けにとにかくこだわる人でかつ採用に際しても現在いるスタッフ(女性事務含む)で十分と称し人材不足に拍車がかかっているのが現状です。

さらに男は汗かいて外で稼げ。と称しビルの普段清掃をやらされてかつ男なのに女子トイレや浴室(ホテルなどのユニットバス形式でなく従業員専用のところ)をさせられています。

実際に自分も事務は女にやらせ現場に行け。といわれ行っていますが、精神的に参っています。戻る見込みないので転職考えています。

このようなおかしな会社がありますので就職活動しているみなさん。
応募する予定の会社研究は怠らないようにすることをお勧めします。
自分はホームページ、帝国データバンクおよび会社四季報、東京商工リサーチなどの出版物を活用しています。

公共の図書館で閲覧できると思います。ちなみに余談ですが知人で応募する予定だった企業をこれらの出版物を活用したところ倒産する危機の会社だったため断念しました。結局はその会社は倒産しましたが。

配属された後に別の部署などへ配属替えされてしまうのは、状況によってはやむを得ないと思います。また企業である以上、儲けにこだわるのは重要です。

ただ、その配属替えが適材適所なら理解出来ますが、従業員のやる気を無くし、経験や知識を全く生かせないのは、会社にとってかえって大きな損失。
女性にやらせておけば安く済むとか、性別だけで判断してしまうのは間違っている。そこを上手にやらなければならない責任者が、自己満足にひたっている可能性もある。
それに、事務=女性だけというのも、かなり勘違いしちゃってます。

掃除やお茶汲みなど、いわゆる雑用なんかを女性だけがやらなければならないという訳ではなく、男性も同様に雑用しなければならないでしょう。誰が雑用をするかは会社が決めればいいことですけど。

応募先を調べるのは、そこそこ大きな企業であれば信用情報など活用出来ると思いますが、問題は比較的小さな企業や個人事業主への応募ですね。
いわゆる噂や横のつながりなどから調べるしかありません。
地元の新聞・建物・駐車場・取引先・ネットの掲示板等、可能な限り研究することに私も同意します。

ばどさん 神奈川県 男性 39歳 H20/2/17

管理人様、毎回、お返事ありがとうございます。
明日は退職する会社に1度出向き、退職願、健康保険証、バッチ、書類の返却などの他、交通費などの清算をして参ります。
そこで少しだけ今回の再就職に際して話をしたく思いまして再投稿しました。

私の面接及び配属予定であった支店の直属の上司であるT支店長からは、退職を申し出た次の日から何かと毎日の様に御自身の携帯から私の携帯へ連絡をいただき、さりげなく色々と話をするようになってしまいました。

自分をかいかぶりするつもりは無いのですが、支店長がおっしゃるには、私の事を「あ、いいなぁ」と、第一印象で思ってくれたそうです。正直、私は頭は悪いのですが人柄は少しだけ自信があったので、これを言われたときは嬉しかったです。

初対面では緊張しやすいタイプなので、当時はしどろもどろな面接になってしまい、うまく伝えずに駄目かなぁ〜と思っていた矢先のその日の夜、「採用します!(面接のとき)本当はその場で言ってあげたかったんだけど、他の支店の採用都合もあるから遅れてね・・じゃあウチに来て頑張ってみませんか?」と、心震えるお言葉をいただき感激したことを思い出しました。

今更ながら自分のことしか考えてなかった馬鹿な自分がつくづく嫌になったりもしました。人との出会いはかけがえの無いもので、運命的なものも感じます。こんな話をして失礼しました。

ところで今日、意を決して彼女に退職してしまったことを話しました。
最初は意外とあっさりと「あ、そうなの」と言われてしまい、次の瞬間、悲しそうな顔をされちゃいました。何も相談せず私一人でコトを決めてしまったこと。
今更ですが悔やみます。今回のことで色々と学ぶことがありました。

たかが転職、されど転職?!私の事を信じてくれる人に対し、裏切るようなことは今後はしないよう努力するしかない!と強く思いました。
何か妙な投稿でしかも長々とすみませんでした。
ただこれですっきりした気がします。
この場をお借りして、管理人様にはお礼を申しあげます。

会社との清算は無事に終わりました?
今回の退職は、ばどさんにとって非常に辛い経験となり後悔も多いことでしょう。
採用してくれた会社には、仕事を理解しないまま応募し短期間で退職してしまったことで、かなり迷惑をかけてしまっています。
何よりも、人柄をかってくれた支店長さんも残念な思いのはずで、支店長として採用した責任問題を問われないことを願うばかりです。

人を採用するのは手間とお金が結構かかりますので、これからはもっと慎重に選んでください。金銭的なダメージは会社が大きいですが、精神的なダメージの大きさは自分返ってきます。
ばどさんの投稿を読ませていただき、どれだけ精神的にダメージを受けているのか手に取るように分かるんです。また、彼女をはじめまわりの人に悲しい思いをさせてしまっています。

今回は失敗してしまいましたが、ご自身を駄目な人間などそのようなことは考えてはいけません。たまたま失敗してしまっただけです。
この失敗を生かせば、きっとばどさんにとって最適な仕事を見つけられるはず。
支店長さんが評価してくれたように、他の会社へ応募した時にも同じように評価してくれる方がいるはずです。

それにしても、ばどさんは支店長さんのおっしゃるように、投稿から人柄の良さが伝わってきますね。彼女のためにも頑張ってください。

ばどさん 神奈川県 男性 39歳 H20/2/16

再びお邪魔まします。先日は確かに衝動的に投稿させてもらいました。
管理人さんの言われる通り、あの時は、直属の上司に申し出た当日の夜に投稿という形になってしまいました。
なんと説明したらいいのでしょうか、とにかくその日あったことがあまりにも突発的で自分でも整理しきれない状況を誰かに言いたくて、深く考えずに書き込んでしまいました。すみません。

今日は朝6時頃に目が覚め、しばし天井を見つめる事1時間、いつの間にか眠り込み、次に目が覚めたときはもう昼前でした。
今朝も今まで研修で夜明け前に起きていた癖で1度は目が覚めたりするので、未だに辞めたということが実感として理解しきれてないみたいです。

明日からは気を引き締めて、再び職探しを開始しないと前に進めないので頑張るつもりです。

そして個人的なことですが、就職を一緒に喜んでくれた付き合って2年になる彼女がいるのですが、まだこのことは怖くて言ってません。
今日も携帯で仕事に行ってるフリをしつつ、誤魔化してしまいました。

近いうちに言わなければならないので少し辛いですが、彼女にはどう切り出そうかと今夜も悩んでいます。

気持ちの高ぶっている状態を、文章化することで落ち着きを取り戻せるなら別に構わないと思いますよ。そういう時こそ本音も出るし、冷静になれるチャンスです。
万一ですが、当方への投稿で度を超した不適切な表現などあれば、公開せず私の胸に閉まっておけば済むことですから。気にしないでください。

体のリズムについては、朝6時に目覚めるなら逆らわず起床すれば、健康的ですし1日を有効に使えます。維持しておくほうが最適ですね。

問題は彼女についてです。
大切なことだから言えないという気持ちは分からないではないですが、このまま隠し続けることは不可能ですし、延ばすほどダメージは大きくなります。
恥ずかしくても、自分の気持ちを洗いざらい話し、理解してもらえるまで話しをしてください。

事前に彼女へ相談しなかったことで、大きく傷ついたはずです。
2年という長い期間付き合いと、若い人ならともかく年齢的に結婚を意識して当然の年代ですから、心から謝罪をして就職活動を応援してもらえるように努力してしましょう。近いうちと言わず、可能な限り早く告白する機会を作ってください。

男女関係は苦手なんで、この分野に関しては適切なアドバイスが出来ず、申し訳ありません。

ばどさん 神奈川県 男性 39歳 H20/2/14

今年2月に就職し、研修期間中に能力的にも精神的にも耐え切れず、2週間で辞めてしまった者です。
以前は事務職をしておりましたが、内勤ということで、人とのコミュニケーションが余り無く、しかも変化の無いルーティンワークに嫌気が差してしまい、刺激があるであろう営業という職種に挑戦してやるぞ!という気持ちで意気揚々と退職し、どうせなら稼げる報奨金制度のあるモーレツな会社に色々探した挙句に2カ月後に入りました。

しかし大して会社の事を調べもせずに直感で入ってしまったせいもあり、予想以上に苦しくて研修期間は神奈川に住んでるのに埼玉の方に毎日朝5時起きで通勤し、座学でとことん知識を詰め込む内容。
自分で日に200件以上掛けるテレアポも兼ね、契約をとる為の厳しいロールプレイング研修の毎日。

何とかかんとか眠気と共に耐えてきましたが、同期のエリート(?)達の冷たい視線と未経験の為に周囲にとうとうついていけず、もう逃げるように退職を申し出ました。
転職してから初めてやっぱり営業は苦手なんだ、という事に気付き、こんな思いをするくらいなら事務職の方が全然良かったと、後悔しています。

しかし現在求人をみるに、39歳という年齢はまともな会社に転職するには絶望的に厳しく、普通の事務などは女性の求人が多くて私などの中途採用は余り無いみたいです。

先日、人事の事務職に応募しましたが3社とも不採用になりました。あーあ、これからの私の人生、どうなってしまうんだろう。いっそのこと死にたくなります。
変な投稿ですみません。以前からこのサイトは気になっておりまして、会社でよく閲覧しておりました。
まさか私が参加するとは思ってもいなかったので、少し不思議な気持ちです。
どうかコメントをいただければ参考にしたいと思っています。

もしかして、再就職して離職した直後の投稿でしょうか?
事務職を長年経験した者にとって、営業は想像以上に厳しく特にテレアポや飛び込み営業は、営業経験者にとっても大変な仕事だと思われます。当然ノルマを課せられる仕事だったはず。

たとえば、事務職という職種ひとつをとっても、経理・総務・人事・庶務など言葉がたくさんあると同時に仕事も多岐に渡っております。
同じように営業も、テレアポなどの不特定多数への営業と、ルートセールスなどの特定の顧客を相手する営業もあります。また、カウンターや店舗内など内部での営業もありますね。

事務職経験者にとっては、新規開拓の営業よりも特定の顧客への営業をおすすめします。もちろん、特定顧客への営業も違った意味で苦労はかなり、例えば気に入らない人と設定が続いてしまいますしね。
もし、営業をまだ考えであれば、営業職の内容を再吟味するとまだまだ可能性はあるでしょう。

私も事務系ではありますが、不特定多数への飛び込み営業やルートセールス的な特定の顧客へ訪問する営業も経験があります。
不特定多数への営業はかなりきついもので、訪問しても無視されたり罵声を浴びたりと苦しいものでしたが、特定の顧客への訪問は次第に溶け込め気軽に世間話もできるまでになりました。

今回は自分を見つめ直す意味で良い経験だったと思います。自分の不得手を漠然とは分かっていても、それを実際に経験を通して分かっただけでもめっけもんです。
自分を責めず、気を取り直して再出発しましょう。

以前からご訪問いただいていたとのことで、とても嬉しく思いますが、このようなサイトは長居するところではありませんので、再出発するための踏み台代わりにでもしてください。またこれからもお気軽にご訪問くださいね。

kainyさん 静岡県 男性 49歳 H20/2/14

管理人様からの早速の懇切なる励ましと貴重なアドバイスをいただき、誠にありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

少し気分が高ぶっていたせいか、管理人様がご指摘のように文面に非常に気負いが見られ、下手をすると空回りしそうな印象があります。
仕事を把握し職場に溶け込みそして組織をどう押さえるか(実をいうと3ヵ月後の本採用時に25人程度いる支社の責任者含みでの入社になります)、確かに非常に難しい課題だと思っています。

気負いの点につきましては、ここで述べたことは本音として胸に秘め、当面(組織を把握するまで)は表立って出さない程度の社会人としての知恵は年の功で何とかありそうです(と信じたいです)。

ビジネスマン人生の最後に一花咲かせられるよう精一杯頑張りたいと思います。
管理人様本当にありがとうございました。

採用の決まった時には、高ぶって当然だと思います。
私だって採用の決まった時には、一人でガッツポーズをとったり大声を上げたりして、年甲斐もなくはしゃぎ気合いを入れまくってました。完全に空回り状態です。
空回りは怖い部分もありますが、モチベーションを上げるには最高です。

すぐに入社ではないようなので、今はこれまでの経験を発揮できるように頭を慣らすことの他に、人間関係を円滑にするための本なんか読んでおくといいかもしれませんね。
人間関係とはやっかいなものです。

まずは、再就職のお祝いパーティーですね。

kainyさん 静岡県 男性 49歳 H20/2/12

管理人様には長期に渡り、無職者に希望を与えるこのようなHPを開設していただき本当に感謝いたします。
度々拝見させていただいておりましたが投稿するのは今回が初めてです。

あまりの多忙と不摂生により、糖尿病を悪化させて退職のやむなきに至ったのは約1年半前のことでした。体調を崩してから引継ぎ等で実際に退職するまで5ヶ月ほどかかり、それがさらに身体へのダメージを深めました。
その後治療の結果、半年ほどで薬と運動療法で通常の生活が営めるようになり、求職活動を始めました。

前回転職したのは10年ほど前のことで、その時は手始めに受けた会社2社から両方とも内定をもらい、最初に内定をくれた会社に転職しました。転職した会社は中規模でしたが伸び盛りであり、仕事は忙しく厳しいものでしたが、その分やりがいと収入とポジションは満足のいくものであり、在職時会社の発展に少なからず寄与しているという矜持のようなものはありました。

お恥ずかしい話ですが、自分のスキルからすれば10年前と同じように今度も求職活動はそれほど苦労することはないだろうと高をくくっておりました。それがこの一年信じられないほどの苦労と屈辱を味わい、自分の考えがいかに甘かったを思い知らせれました。
中高年の失業者が想像以上に多く、それに対して需要は極めて少なく、少し条件のよい求人だと競争率は何倍どころか何十倍にもなることを知り、戦慄しました。

そのような環境の下、私の求職活動も困難を極めました。1年間に70以上の会社にエントリーし、書類審査をパスしたのはそのうち1/4程度、最終役員面接まで至ったのは6社でした。うち、4社は不採用、条件面が合わずに1社辞退、そして今日ようやく1社採用が決まりました。ほっとしたのはもちろんですが、社長に人材として評価していただいたのが(この1年ゴミ扱いされた身としては)涙が出るほど嬉しいです。3度目の面接では現状事業の再構築や今後の事業展開に至るまでかなり突っ込んだ話ができ、入社後の自分の立ち位置を具体的にイメージすることができました。

自分を拾ってくれた社長の恩に報いるよう半年以内に必ず成果を上げ「あいつを採ったのは間違いではなかった」と再認識させるのはもちろん、自分を採用しなかった連中を「お前らは間違っていた」と絶対に見返したい。それを胸に仕事に励みたい思います。

嬉しさのあまり迷惑な長文となり失礼いたしました。
採用が決まったらここに投稿することが夢でした。
管理人様ありがとうございます。

kainyさん、再就職おめでとうございます。
投稿を読ませていただき、喜びの大きさが伝わって来ると同時に、これまでの苦痛も感じ取れました。糖尿病という病いとの闘いをわずか半年弱で克服するなど、精神力の強さに頭が下がります。

前回の転職が10年ほど前とのことで、バブルがはじけ不況突入した後とはいえ、現在より雇用環境は恵まれていました。その経験があったからこそ、今回の失業は想像以上に苦戦したはずです。
ましてや、失礼ながら年齢も40代後半となれば、求人票の数は激減し競争率はおっしゃるように大変なものだったはずです。

その僅かな求人へ応募しても、採用されるどころか屈辱と虚無感の連続。プライドなんかボロボロにされても、我慢し耐えてこられたんですよね。

今回採用された会社では、社長さんに高い評価を得られたようで、これまで培った経験をもとに、社長の期待以上の戦力となって、会社へ貢献されることを祈るばかりです。

初出社日はいつなのかは分かりませんが、出社日までに体調を勤務モードに整え、入社早々風邪などで休まないようにするために、万全の備えをしてください。
また、早く認めさせるために無理はしないようにしましょう。

成果も大切ですが、同僚達へ早く溶け込むのも大切です。人間関係はある意味仕事よりも複雑で難しく、些細な失敗で信頼を失いかねません。
kainyさんには、頼れる先輩として信頼されるようになることも忘れないでくださいね。

今日は高ぶって寝られないかもしれませんが、今日は羽目をはずしてもいいですよね。
本当に再就職おめでとうございました。

もし、入社後でも何か不都合などありましたら、ご相談に乗りますのでいつでもお立ち寄りくださいませ。
これからのご活躍を期待しております。


しっくさん 滋賀県 男性 34歳 H20/2/6(回答訂正

初めてご質問させていただきます。

現在失業保険の受給中なのですが、以前よりお付き合いのありました会社へ
ヘルプでアルバイトに行っております(月に数日ほど)

給与体系は時給ではなく委託の歩合給のシステムですので、待機約4時間、実働2時間以下です。給与は売上に応じて決まります。

給付期間に入りましたので、ハローワークに申告に行ったのですが、売上に応じて給与が入るシステムですので、実際には、交通費等で赤字になっている日もあるので、まともに収入が入った日のみ申告したのですが、赤字であろうと実際に収入があった場合はすべて申告せねばならないと後で分かりましたので、申告を修正したいのですが、それは可能でしょうか?

また、ハローワークから勤務先へ確認の電話などが入る可能性はありますのでしょうか?(勤務先の名前は伝えてあります)

就労有無の印の付け方について、おっしゃるように収入の有無や黒字赤字は関係なく、就労等したかどうかだけの判定になりますね。
失業認定申告書の誤りについては、明日にでも安定所へ記入の誤りを報告し、事情を説明し訂正をお願いしましょう。

また勤務先への連絡については、可能性はゼロとは言い切れませんが、多分連絡はされないと思います。
もし、何かご心配であれば一言伝えておくと良いと思います。

重要(回答差し替え)
私の知り合いで、訂正した記憶があったのですが記憶違いでした。
申告書の訂正は出来ませんので、故意か過失かは問わず、状況によっては不正受給と判定され、支給停止などの処分をされる恐れがります。
今後、どのようにすべきか安定所へ確認をお願いします。
大変申し訳ありませんでした。

ヤングマンさん 大分県 男性 42歳 H20/2/4

昨年11月に退職をした者です。
初めての失業で不安ばかり募って、なにか情報を得ようと思ってネットを探していたところ、貴サイトに辿り着きました。
掲示板や過去の体験談をじっくりと読ませて頂いている途中です。過去ログのボリュームは凄まじいですね。読み応えがあります。

ご相談は、今回はじめての確定申告を行うことになるとおもいますが、どんなタイミングで行ったらよろしいのでしょうか?
また、どこに行けば良いのでしょうか?とても難しくご指導をお願いいたします。

確定申告は確かに難しいかもしれません。
確定申告のページをご覧頂ければ、だいたいは分かると思います。
簡単にご説明すると、年末調整の時と同じように生命保険料などの証明書を準備します。それら書類を申告会場へ持っていってください。
申告書は、その会場で作成出来ますので、必要な書類等を持って行くだけで大丈夫です。
会場については、ここでは長くなってしまいますので、独り言のページへ記載しました。合わせてお読みください。




<<2007年1月分 MENU

HOME

2008年3月分>>