皆さんの体験談過去ログ

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H20/9/26

毎回、適格明瞭な回答に感謝してます。
回答します。

1.理事長の件
理事長へ手紙を躊躇する事由は、円満退職ではあったものの、独立ではないけれどもコンサルタント会社にSOHO的雇用形態で専門職として勤務することになったと言う事由で退職してますので、「かっこ良い事言っていたが、所詮うまくできなかったではないか」と言うような空気に対する重圧の懸念。

もう1つは、私が望む営業活動や必要な時間の確保を事務長同様に許可してくれるか等の心配です。

この医療機関の事務系の就業環境ですが、事務長が非常に問題人事で理事長の信頼はありません。しかしながら現在事業継承(息子51歳)の心配で80歳になろうかと言うのに息子へ権限を移譲していないのです。

息子は医師だから医療に専任したい、経営はよく判らないので、事務長に依存していますが、世間を知らないので事務長の事を信頼してます。事務長は定年を延長してますが、65歳位まで居て欲しいとの事を息子から言われてます。

親父である理事長からは何時でも辞めてよいとの事ですが、結果として部下に後継者が育成しておらず(全員50台後半です)それがまたチャンスといえばチャンスだと思うわけです。

2.開業会費の件
開業に関して必要な経費は、開業の初期登録に必要な費用は11万程度です。政治連盟の費用は年間で数千円です。それも含めての金額です。
毎月は会費の8000円だけです。

3.臨時収入について
私も勤務形態で会員登録しておりましたが、数ヶ月前に退会しました。理由は勤務社労士では入会の意味がないと知ったからです。

臨時収入は、社労士会からの募集で監督署の総合労働相談員(月15日程度の勤務で、1月12万円くらい)ですが、人気があって地元にあきが空きません。社会保険事務所の年金相談員や各種会場での年金相談会(1日6時間で時給1200~1500円月4回)や各種運営委員会(総務、会報、研修他)の打合せ(月4回で3月程度、日当7000円)と色んな団体より社労士会が依頼されての講師(これは1回数時間(25000円程度)毎年の国家試験管(1回20000円)があります。
従って、安定的なものはありません。

4.相談者の件(社労士・司法書士)
どちらかに絞らねばいけない理由は全くありません。

5.開業に10割向けられない理由
管理人様の見解にある顧問先等の確保不安による安定収入以外の理由はありません。

お手数をおかけしました。

1.理事長から「ほれ見たことか」のような事を言われたら、確かに格好悪いですし悔しい気持ちで一杯になることは予想されます。
しかし、理事長の前で格好悪い醜態をさらしたとしても、安定的な仕事につながる可能性があるのなら、試してみる価値は十分にあると思います。

ここまできたら、何でもするくらいの気持ちを持ち、当たって砕けたからといって社労士の資格を奪われる訳ではないし、彷徨中年さんの仕事を受けないよう理事長が地域に箝口令を敷く訳でもなく、今と同じ状態になるだけかと。

事務長の問題に関しても、理事長は信頼していないということですから、理事長に対して事務長不要論が飛び出るくらいの提案をすることで、こちらの流れに持って行けないでしょうか?

どんな提案をするのかがカギだと思います。理事長に面談する時に、医師である息子さんにも同席をお願いする選択肢も検討出来ませんか?

理事長と息子を納得させられれば、事務長との関係においてこちらが舵を取れる可能性もあります。おっしゃるように格好のチャンスです。

人ごとのような言い方になってしまいますが、大恥をかいてもこのチャンスを生かせる可能性があるなら、試してみる価値はあり、あとはどれだけ恥をかく覚悟があるかのような気がしました。

2.会費に関しては、固定客が付きさえすれば、支払うのに問題はないようですね。

3.少ない金額と競争率の高さに驚きました。知り合いの税理士は、確定申告の説明会などの無料相談を、面倒でやりたくないようなことを言ってましたので、てっきり社労士の世界でも同様で入り込む余地があるのではと思っていたんです。

4.問題無いのでしたら、両者に相談されるのが一番かと思います。

5.分かりました。
それでしたら、すぐに収入に結びつくとは思いませんが、ネットで顧問料・相談料を得ている先生もおり、このようなネットを通じて活動する選択肢は難しいでしょうか?

ネット活動なら自宅兼事務所で運営出来ますし、会社によっては地元の社労士には相談したくないとこもあるはずで、遠方だからこそ仕事に結びつく可能性もあると思います。

また税理士の話になりますが、とある開業医が地元の税理士に内情を知られたくないことから、あえて遠方の税理士に相談している例もありました。

以前も申し上げたとおり、開業医はとても良い顧客であり、無駄と分かっていても医師会に働きかけたり新規開業医に飛び込んでみるなど、前職の病院以外の新規顧客開拓をする行動力も必要です。

安定収入を確定させてから行動したい気持ちも分かりますが、起業する人は開業してから顧客を開拓していき、最初はリスクを抱えた状態からスタートしているような気がしました。

まずは、理事長とコンタクトを取るかどうかを考えてみてください。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H20/9/24

お世話になっています。
再々度の投稿ですが、前回の継続ですが理事長あてに文書を郵送する事に少し躊躇いがあります。

理由は、前回、前々回と管理人様にアドバイスをいただいた内容と自分の思惑をよく考えた際に相当な精神力が必要に思えます。
しかし、求人はありません。

開業の件ですが、開業する事は簡単なのですが、開業する場合、所属する組織への登録が必要となり、会費が毎月10000円程必要です。

開業して数ヶ月の内に顧問先が1件でも確保できる見込があれば開業へ着手しようと思いますが、これも努力次第なのですが、思うようにいかないのが現状です。

私の本音は、安全に離陸できるような就業形態がないものか探索中であり、その1つとして前回の復職の件を考案しました。常勤と言う雇用形態であっても、時間の自由を考慮してくれるような経営者だった(事実、事務長は趣味のための時間を許可してもらっている)ので、何とかならないかなと思いたったものですから・・・

それから管理人様へ質問ですが、開業へ関する相談者として2名候補者がいます。1名は同じ地区の開業社労士(社員3名雇用)と同老舗司法書士(詳細は不明)に開業に関する相談をする事はいかがなものでしょうか?
本当に迷っています。

選択肢としては、開業希望7割、サラリーマン3割ですが、これはあくまでも開業で成功のきっかけを作れる可能性がある場合に思います。

サラリーであってもきちんと評価をしれくれる医療機関であれば問題はありません。
管理人様レベルの回答者でないと相談できる人がいないのでよろしくお願いします。

こんにちは。
理事長さんへの挨拶については、部外者の私でも分かるくらい、相当な精神力を要すると思います。

ただ、この精神的なものをクリア出来なければ、開業という大きな目標に押し潰されそうな気もします。
もし、理事長さんにボロクソに言われたとしても、理事長さんとの間でこちらが失うものはなく、理事長と縁が切れてしまうだけで済みます。

ただ、過去に付き合いがあるだけに、言い出しにくい気持ちはとてもよく分かります。

開業については士業の場合、確かに所属する会に様々な会費を支払わなければならず、通常会費の他に政治団体への会費など、相当な負担はありますね。
顧問先の無い状態では、この負担はあまりにも大きすぎるのも確かです。

社労士の会のことは詳しく知りませんが、税理士だったら確定申告の時期になると、会に所属している税理士が税金の相談会などにかり出され、顧問先の少ない税理士にとっては貴重な収入源になっていると思います。

同様に、社労士でもそのような臨時収入的なものが望めないか気になります。

相談先として候補にある、社労士と行政書士、どちらに相談してもメリットはあるはずですので、両方に相談するのはまずいですか?

社労士の先輩なら、これから自分が直面する諸問題を解決するのに貴重なアドバイスなどいただけるはずですし、行政書士なら人脈から顧問先を紹介してもらえる可能性があります。

どちらかに絞らないといけない訳などはあるのでしょうか?

私自身、開業経験がある訳ではありませんので、開業をする度胸や知識など、どれだけの重圧なのかは想像を超えていますが、開業希望7割は微妙な割合に感じます。

私ごときでは、難しい問題です。相談相手に関する疑問点と、開業に10割向けられない理由は、顧問先を抱えられるかなどの収入の安定以外の問題は無いかなど、お聞かせ願えますか?

  • つとむさん
  • 青森県
  • 男性
  • 30歳
  • H20/9/13

こんばんは。

遂に、退院の見通しが立ちました。
障害年金が認定されたためです。
今月下旬に退院許可を出すとのことでした。

現在、単独(同伴者無し)で外泊中です。

悪い過去を振り返るのは好きじゃないけど、私は過去を気にする癖があり、また嫌な気持ちを溜め込むのも良くありませんので・・・

昨年派遣が終了して、コンピュータ会社を受けたときのこと。
青森県は氷河期で、書類選考すら通らないのはお話ししましたが、特にひどかったのが、こんな会社でした。

職安から紹介を受け、会社の中へ入り・・・
面接室まで案内されたまでは、ごく普通。
ここから先が信じられますか?

履歴書を見るなり、「一身上の都合」を見つけては、「なぜここの会社を辞めたの?」の集中砲火。
まあ、ここまでも許容範囲内としましょう。

面接官「なぜここの会社を辞めたの?」
私「ちょっと心が病んでしまいまして・・・」
面接官「オー。ストレスが処理できない人間はすぐ鬱になるもんやー(笑)。」
面接官「なぜここの会社を辞めたの?」
私「能力不足で・・・」
面接官「オー。能力のない人間はすぐ切られるもんやー(笑)。」

さらに、面接中に煙草を吸い始める。
仕方なさそうに、職務経歴書をさらっと見る。
面接官「ううん、これじゃ駄目だ。まあ、社長と相談してみるけど、たぶん駄目だろうな。」
これで収まりません。

面接官「あのー。職安の紹介で来たところ申し訳ないけど、うちは君みたいな人間要らないんだよ。だけど、職安が紹介する以上、断るわけいかないんでな。本来求人票も出したくないんだけどな。」

後日、郵送で送られた採否通知は、見る間でもなく、不採用。
また腹立たしい文面。
「社長と相談し、悩みに悩んだ結果申し訳ありませんが・・・」 と、いかにも「いい人だな、どうしようか」と悩んだかのような文章。嘘つけ!最初から採る気なかったんだろ!!

後から思ったのですが、これだったらこちらから「だったらもういいです!!」 といって、ドアを「ドーン!!」と閉めて帰ってきた方が良かったと思うくらいです。

最後に・・・ 「面接官の暴言集」にこれを入れて下さるかはお任せします。

お久しぶりです。
いろいろなことがありましたが、退院という区切りをつけられたことは、素直に喜んでいいと思います。
大切なのはこれからどうするかということですから。

悪い過去を悔やんでしまうことは、過去の教訓を次ぎにつなげることになり、同じ過ちを繰り返さない要因になる反面、精神的に追い込み強迫観念のようなマイナスの影響も大きい。

私も、どちらかといえば、過去にこだわってしまいがちなので、つとむさんの気持ちはとても分かります。

良い部分は分かっていても、精神的に弱い自分を守るために、早く忘れるようにしつつ持ち前のマイペースを駆使して、無謀なくらい明るいイメージを描くようにしています。

面接を受けた会社の対応には呆れました。
ハローワークからの応募者が嫌なのであれば、新聞や人材サービス会社等に有料で依頼をすれば済む話であり、薄っぺらさ全開の面接官。

たかが一面接官のくせに、自分は神にでもなったつもりだったかと思うと、あまりにも哀れです。

最初から会社の考えていた人材と合わなかったのなら、書類選考さえやっておけば済む話ですし、結局応募者が思っていたよりも少なかったので、応募者全員を面接したと考えられます。

面接官を見れば、いかにその会社の人材が乏しく、将来性に不安を抱えている会社なのか分かりました。
そんな会社に採用されていたら、かえって大変なことになったかもしれません。

会社が断る権利があるように、応募者側にも断る権利はあり、私は面接で話を聞いた結果、将来性に不安を感じ速攻で辞退したこともあります。

求人票だけでは分からないことが多く、辞退した私の行動は結果的に正しく、その会社は倒産してましたよ。

とりあえず退院した後についても、自分の状態を最優先に考えて行動するのが、最善の近道のような気がします。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H20/9/10

毎回、懇切で適性な的を得た回答に感謝いたします。

復職に関するアプローチですが、理事長宛に文書で行うと言うのは、問題はないでしょうか?何分、離職して1年9ヶ月程経過する事と気が引けるような気がして・・・

それからその医療機関の人事ですが、事務系の幹部は皆、60代と50代後半で後継者もなく育っていません。そのポストも空白です。規模が大きいので人手は必要なはずです。

そこで私のアプローチ方法としては、資格を有効活用した仕事をしているが、ちょっと落着いたので、もし私にお手伝いできるような業務があれば、常勤とほぼ同様な雇用形態で就業させていただけないかとアプローチしようと思っていますが、そのような言い方はどうなんでしょうか?

落着いたという部分ですが、現段階での仕事量は、常勤に近い形態で勤務できるくらいのボリュムであり、今後もこの許容範囲を超えた場合は、その時点でご相談させて頂こうと思いますし、顧問や専属コンサルタント契約等の形式で関与若しくは就業できるかと思いますというアプローチを試みようと思いますが・・・と言う内容です。

つまり自分の立場に弱みを見せたくないのです。
かっこつけている場合じゃないと思いますが、就業するに至ったとしても、対等な立場で交渉したいと言う気持ちがあります。

非常に立ち入った質問ですが、アドバイスをお願いします。

パソコントラブル(無職の独り言)により、回答が遅くなってしまい大変失礼しました。

さて、理事長宛に文書で連絡するのは結構なことではないでしょうか?
かえってこれだけ長期間接点がなかった訳ですから、いきなり面談等では言いたいことも言えない可能性もあります。

文書(手紙)でには、時間をいただけるならいつでも時間を合わせ伺えるなど、会う機会を作っておくのは欠かせません。

また、手紙に関しては、理事長宛ならパソコンで作成する味気のないものより、手書きの方が真心が伝わるような気もします。 これは私の考え方ですので、パソコン等がふさわしいと思われるなら、それはそれで構わないと思いますよ。

万一ですが、理事長さんが彷徨中年さんに対して否定的な気持ちを持っているとすれば、最悪は無視されるかもしれませんが、おそらく別の方から何かアクションはありそうです。

問題の内容に関しては、私てきには最初から常勤と同様など条件面を提示するのは考えてしまいますが、弱みを見せてしまう可能性もあり、対等な立場での交渉に影響する可能性もあります。

積極的な方法を用いるのであれば、彷徨中年さんのアプローチ方法も良い考えだと思いました。

対等な立場で交渉したいという気持ちには同感ですし、奴隷になる訳ではありませんから、交渉するのは当然の権利ですが、まずは対等な交渉の前に会う機会を持ってもらえるかが気になって仕方ありません。

これは考え方の違いも大きいため、私の方法と彷徨中年さんの方法、どちらが成功するのかは誰にも分からないと思いますし、あえて違う意見を出させていただきました。

もし知人等で相談できる方がおりましたら、その方の意見もお聞きになってみてください。もちろんご家族でもかまいません。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H20/9/7

管理人様、おはようございます。

今までの中で一番満足の行く、的確なアドバイスに感謝します。
私の心情を読心されているかのように思いました。

管理人様のご意見どおり、復職にずっと傾いているのは事実です。
しかも、その事業所におけるポストは空白ですが、パワハラオヤジはもうそんなに長くない勤務期間ですが、やはり復職をよく思わない人間がいたり、別の問題や給与の問題も心情として察しており、それが復職を思いとどまらせる要因です。

管理人様、アドバイスのコメントで「蛇足ですが」とありましたが、全然蛇足なんかではありませんから社労士の資格を所有にも関らず仕事がないと言う件についても遠慮なくコメントください。

私の本音は、やはり苦労して確保して取得したライセンスを有効活用したいので、それには独立しかないと思います。

しかし、独立が安定に達するまでの、所謂安定した収益の確保(高額でなくても良い)ができればと思い、臨時職やアルバイト等を探しているのですが、中々思惑通りの仕事がなく、行き詰っているのが実情です。

それが確保できれば営業して努力する気持ちはあるのですが、どうすれば良いかで結果、サラリーをしながら週末開業で展開をするのが、安全に離陸できる方法だろうと思っています。

そのつもりで勤務した医療機関がパワハラと自分の気の弱さ所以に頓挫した状況です。
このような2つの草鞋を履くような考え方には、賛否両論あろうかと思われますが、サラリー的視点であれば非常識なのでしょうか?

正直、何とかしたいと思い、ハローワークにも週1回通い、ネットでの検索は毎日、紹介業者への登録は済ませております。

一方、管理人様同様、ホームページを立上、メルマガを2つ発行し、グーグルアドセンスの広告を貼り付けたりしてます。ヤフー登録は未だです。

管理人様のアドバイス再度お願いします

回答が的外れになってなくて良かったです。
まず最初に、社労士を含めた士業について考えてみました。
士業は、社労士以外では弁護士・会計士・税理士・司法書士・行政書士・土地家屋調査士など、いくつかあるのはご存じだと思います。

この士業の収入源を、定期収入と不定期収入に分けて、不定期収入を得られる機会の少ない順に並べ替えてみました。

社労士→司法書士→行政書士→会計士(税理士含)→弁護士→土地家屋調査士、多少順番に異なる部分はあると思いますが、このように感じました。

彷徨中年さんご自身、週末開業でもそこそこやっていける需要を、どこまで見込んでいるのか気になります。

医療事務経験者ならご存じかもしれませんが、開業医は社労士に依存している割合の高い分野。

理由は2つあり

  • 経費節減と収入確保を優先させ奥様を事務にする
  • 看護師・受付など規模の割りに使用人が多い
奥様を事務としてスタートするものの、これまで専業主婦だった方に経理と総務は出来るはずもなく、結果的に委託するケースが多く見られます。

開業医とつながりを持てれば、同じ病院・大学等の他の医師が開業する時に紹介してもらえることもあり、士業にとっては魅力的な分野です。
また、小規模でも一定の収入はのぞめることから、金払いも良いこともあげられます。

ここまで長くなってしまいましたが、社労士とサラリーマンの2足の草鞋というのは大変なような気がします。

税理士なら、確定申告時期にアパート経営者等の不動産収入の方について、申告書類は割りと楽に作成出来るので、比較的2足の草鞋も出来るんですけどね。

復職の問題点については、既に理解され加味して検討されているようなので、あとは問題点を納得・解決・妥協出来るのなら、お願いしてみるのも良いと思います。

もし復職を断念されるのであれば、人材サービスサイトなどに登録してみる方法もあると思います。社労士を生かせそうな気がします。

サイト運営でのアフィリエイト収入は、サーバー代や専門書等で消えてしまいませんか。もし儲かっていたらアドバイスをお願いしますね。(嘘ですよ)

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H20/9/4

はじめまして、このHPは、時々拝見させて頂いてており、投稿をさせて頂こうと思いアクセスしました。

私は、実はある企業へ勤務しておりました。その企業は、病床数500床を越える医療機関で、職種は総務管理でした。

入社のきっかけは、その医療機関の事務長を個人的に存じており、その事務長からのお誘いでした。しかし、1回目の面接では、不採用になりました。
私以外にも応募者がおり、そちらを採用したそうですが、その方が10ヶ月ほどで離職したしまいました。

丁度、その当時私は、失業中で社労士の国家試験勉強をしており、当時合格ラインまで到達してましたので、理不尽な不採用より、そっちに関心があり、結果翌年合格しました。

その合格発表を待っている頃、再度その事務長より連絡があり、同じ提案であり、私は正直悩みました。
それは私と同じ年齢(その当時39歳)の方が10ヶ月ほどで離職していると言う事実。これは経験上、事業所に問題があるのではないのか?と言う不安。

2つめは、一旦不採用にした人間に再度、同じ事を言う心情。2回目の面接時における理事長の謝罪のなさ。。
しかしそうは言っても背に腹は変えられないのが実情でした。採用を受理して勤務をはじめました。

勤務を開始し、思惑通り同属企業であり、愕然とする環境でした。
しかし、その中でも自分の専門性を有効活用できるような業務を理事長や事務長より頂き、充実しつつある日々でしたので、長く継続できそうな気配でした。
これから副業で独立して社労士の仕事もできるなと思っておりました。

ところが同じ部署に58歳の行き場のない人事がおり、これが私に対してパワハラをしてきます。
そのパワハラの理由は、彼も従前税理士を目指して学校に通ったが三日坊主で諦めたようで、同じような国家資格者でしかも自分より相当年下であることが許しがたいのと言うのが本音だったようです。

私は直属の上司や事務長に迷惑しているので何とかしてほしい、改善が出来ねば退職も考えている旨、申告したのですが、反省の色がなく、業務妨害をしてきます。

再度、申告をする気力はなく、最寄の神経内科へ受診、うつには罹患していないが、環境の改善が最重要だと言うことで、離職しました。
円満に離職する必要があったので、社労士の資格を生かした専門性の仕事がしたいとの事でしたが、理由はパワハラでした。

退職の際、理事長にじきじきに理事長室で、連絡先を教えておいて欲しいのでと言われました。非情にありがたい言葉でした。

それから別の医療機関へ管理職として採用されたのですが、就業環境が最悪で経営改善が見込めない条件が存在しており、結果、3ヶ月で離職しました。

それから1年になりますが、今までの反省をする日々で、求職活動を行ってますが、面接に行く事業所すら見つかりません。
そこで私としては、再度、パワハラの病院へ復職を願いでたいのですが、勇気がわいてきません。

そのパワハラオヤジは内部の情報によると時間の問題のようであり、私はどうしたらよいか判りません。
復職を願い出る行為は非情に恥ずかしいことでしょうか?
アドバイスをください。

こんにちは、何度かお立ち寄りくださっているとの事、ありがとうございます。

復職を願い出る行為は恥ずかしいことか、これは個々の感じ方と考え方次第と思います。

気になるのは恥ずかしいかよりも、彷徨中年さん退職後、別の人を採用あるいは人事の異動などで、希望しているポストがどうなっているのかという点と、 仮に空白ポストだったとして、理事長さんは今も彷徨中年さんを採用したいという気持ちがあるのかという点です。

また、関係していたパワハラオヤジは別としても、復職することを快く思わない方もおります。
さらに、給料など待遇面でも以前と同様とは限りません。

そういったマイナス面を理解したうえで行動する必要があります。

逆に理事長から熱望された場合でも、ポストに収まっている人を左遷等してそこに収まるような場合、これもまた内部からの反発は強くなります。

パワハラオヤジに関しては、こちらに非は無いと考えられるので、以前と同じ接し方では、以前よりもパワハラはひどくなるのは目に見えています。

以前勤めていた時と同様に、事務長などに改善を要望しても受け入れられる可能性は低いはずですので、今回こそ対決しなければならなくなります。

本来なら目上の先輩ですから、経緯を払うのは当然と言えますが、パワハラをするような相手にはパワハラに負けない姿勢で臨み、パワハラが無くなるように仕向けていかなければなりません。

復職は、就職よりも精神的には気を遣う場面も多く、その負担を受け止める自信があるのなら、理事長にお願いしてみる価値はあると思います。

この体験談に投稿されるほどですので、気持ちは相当復職に傾いていると思えました。 それに、医療機関の事務職というのは非常に少ないことも、復職を考えてしまう要因のひとつかもしれません。

蛇足ですが、社労士の資格をお持ちにも関わらず、この1年間応募したいところが見つからない理由、それを自分のなかで整理してみる必要はあるかと。

給料が低いなど明確な理由があるなら必要ありませんが。

  • 抜け出せ出せないトンネルさん
  • 愛知県
  • 男性
  • 41歳
  • H20/9/2

人生最悪の経験をしてしまいました。
アルバイト1日でやめてしまったことです。

ガソリンスタンドのアルバイトで、マニュアルを読んで仕事が合わず、突然店長に辞めるといってしまい、メチャメチャ怒られたことです。
1~2時間も説教され、私はどうしても辞めたく、辞めてしまい、最後、制服をクリーニング出し、2~3日で返却という事態が発生してしまいました。

面接時、会社案内などのパンフ・労働契約の提示など肝心な物もなく、何も関係ない雑談で終わってしまいました。
会社のことで分からない・知らない・理解できないまま一方的に面接が終わってしまいました。

面接当日中に採用の連絡が突然採用の連絡が入り、何も答えが出せず、もう少し考えるで一時保留しました。
翌日、働きますと電話連絡し、翌日に制服を取りに行ったけど、あんまり説明のないまま、アルバイトの初日に入ってしまいました。

アルバイトの初日からトラブルだらけで、私がこの仕事が合わず、店長に突然辞めると言ってしまい怒られてしまいました。
アルバイトやるにあたり、タイムカード・名札などは用意されておらず、労働契約書や雇用契約書も書かれていません。
また、教育制度なども整っておらず、私もどうしたらいいかわからないことです。

何とかして1日でやめさせてもらえたことには私少しホッとしていますが、制服をクリーニング店で自己負担でクリーニングして返却と、バイトの給料ゼロになってしまいました。
それでも私が苦痛1日のみで済んだので何も文句はありません。
今回、新聞・チラシの中には、待遇面が整っていない会社があることを認識しなければならなかったことです。

これから会社選びは慎重にしなければならない思います。今回の求人思わぬ落とし穴がありました。

こんにちは。
何と申し上げたら良いのか、面接で仕事の話をしてくれず、雑談だけで採用を決めてしまう会社には疑問を感じます。

ただ、こちら側としても疑問点を確認しないまま面接を終え、採用確認の時に確認するチャンスがあったのに、その時点でも疑問点を確認しなかったのはこちらの落ち度とも言えます。

ガソリンスタンドというと、最初に思いつく仕事としては給油に関する仕事だと思いますが、マニュアルを読んだだけですぐに接客を一人でやらせたとすれば、せめて初日は先輩の仕事をサポートするなど、実務に慣れるための指導は必要だったと思います。

あくまでも憶測ですが待遇面については、時給は800円~など求人票に記載されていたはずですので、あとは労働時間・休日などを決めないまま初日を迎えてしまったということだと思いますが、これは文書で提示されなかったとしても、口頭で確認しておくべきでした。

本来なら、会社側から提示しなければならないことではありますが、会社がハッキリしないようであれば、こちらからどんどん希望を言っておけば良かったかもしれません。

もしかしたら採用する会社側が、人を採用するのに慣れていなかった可能性もありますので、次回からは曖昧なまま決めないように、提示されなければこちらから率先して決めておくと、トラブルを避けられるでしょう。

雇用契約書を提示せず、初日からマニュアルだけ読ませて現場に出した会社が悪いと思いますが、今回は採用に関するトラブルの勉強と思うしかなく、次回からは疑問点があるまま採用を受け入れないようにするしかないと思います。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索