皆さんの体験談過去ログ

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H21/1/26

無職の卒業管理人・くつ様ご無沙汰しております。
今年もよろしくお願い申し上げます。
新しい勤務先での苦労が、痛いほど理解できます。

私も他人事ではなく、自分にも勤務すれば同様になる可能性はあるわけであり、覚悟を決めています。

私も今月で失業1年6ヶ月を経過します。
昨年の暮から本日現在まで、応募できた求人は2件であり、すでに1件は不採用です。まあ、この求人はもともと無理な条件ではありましたが、可能性に賭けてみたいと思い応募しました。

事業所は、軽費老人ホームです。

現在、これも相当厳しい狭き門ですが、医療機関の総務や経理の職種へ応募しています。

1週間ほど前に風邪(インフルではなかったのが不思議)をひいて、38度を上限として、喉が焼けるように痛かったですね。
現在は回復はしたものの、喉は相変わらず咳が時折出て、調子が悪いです。

何はさておいても、仕事がありませんね。
応募をしたくても、応募をする事業所すらありません。相当、条件を下げ、間口を広くあたっていますが、厳しいですね。

最近、思います。私が希望しているような事務系の職種は、募集はなくなり、それこそアウトソージングする事になるのではないだろうか?とですね。

事実、自社で事務職を雇用するより、アウトソージングする方が経費も軽減できるはずでしょうし、そそうなるとアウトソージング会社への就職もねらい目かって思ったりですね。

とにかく地道にハローワークを中心として就活するしかありませんね。

くつ様も精一杯頑張ってください。

私の方が落着き、くつ様とも時間の調整が可能であれば、何時の日か食事でもしたいものですね。

いまは、とにかく仕事が欲しいですね。

彷徨中年さん、お久しぶりです。
こちらこそお願い申し上げます。

私の方は、独り言のとおりブランク3年以上と決算時期という繁忙期だったこともありますが、まだまだ分からないことだらけで、恥ずかしながら未だに苦戦しております。

就職の採用は、いつ決まるか分からないもので、私も決まる前週までは自堕落で変わり映えのしない日々でした。

いくつかご応募されたそうで、医療福祉分野は確かに狭き門ですね。
事務系の医療分野は、診療所クラスでは受付兼レセプトなど、女性を求めていることが多いうえに、入院設備のある病院は数自体少ないことから、求人自体少ないかな?

それと福祉分野は、ケアハウス・デイサービスなどの形態は、少ない収入でやり繰りしており、現場の人材不足などかなり苦戦しているようです。
特別養護老人ホームや授産施設など、ある程度の規模を備えた施設があると良いのですが。

風邪には注意してくださいね。せっかくの面接も風邪では受けられなくなってしまい、最高のチャンスを逃すことになりますので、体調管理も就職活動の一環です。 (そういう私も風邪・インフルエンザ・脊髄炎の入院などやらかしましたけどね)

事務系の就職は確かに少ないですが、内部の状況を全て把握できるポジションを、外部委託に総入れ替えは考えにくいと思います。

規模の大小に関わらず、数字を誰でも見られるようにはしませんし、外部委託するとすれば会社の根幹から離れている事務作業に限定されます。

私と同様、地道にハローワークを探すなど、諦めないことが最も大切です。3年以上ブランクでも諦めませんでしたよ。
ぜひ諦めずに頑張ってください。いつの日かお会いする機会があれば良いですね。就職祝いに天神あたりでご馳走してください。(あれ?)

  • つとむさん
  • 青森県
  • 男性
  • 31歳
  • H21/1/10

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、来月2月から、病院に附属している障害者ワークセンターで、実習が始まることになりました。
障害者雇用ですので、一段一段階段を上っていくことになります。

ざっと流れを説明しますと、
病院の就労ディケアで就労訓練→ワークセンターで実習→会社を借りてジョブコーチつきで就労テスト→雇用
と言った感じです。

当然、実習やテストで不合格ならば、また最初からやり直しになるのは言うまでもありません。障害者雇用だからといって、緩いと思ったら大間違い。一般雇用の方と同じくらいハードルが高いです。

さて、近日、派遣切りがニュースになっていますが、陰で障害者雇用の方がバタバタ切られているのはご存知でしたでしょうか?私も、ディケアのスタッフの方から、初めて聞きました。

ただでさえ、障害を持った方の仕事の需要がない。そこへ、派遣と言え健常者の方さえバタバタ切られている。だから、障害者の需要はますます減る。

厳しいですが、これが現実。

でも、これを掲示板などで嘆いたところで、世の中は変わってくれるわけじゃありませんし、ハードルが高ければ達成感も高いはずですので、何とか頑張っていこうと思います。

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、実習開始おめでとうございます。
実習でコーチ付きとはいえ、実務として現場に就く以上いろいろな場面に遭遇することと思います。

お互いに病の違いこそあれども、入院した経験もあるうえに患者としての心細さを知っており、その経験も何らかのかたちで生かせればいいですね。

実習やテストなど、学ぶ場を与えられたことは本当に良かったですが、相手は患者だったり病院スタッフなど、お互いに真剣勝負の場ですから、様々なご苦労に対処し何とか乗り越えてください。

時間がかかることは気にせず、ひとつひとつクリアしていければ良いと思います。

一方、製造業の派遣切り問題が落ち着けば、今度はホワイトカラーの派遣や、正社員等他の雇用形態にも労働問題が降りかかり、その対象には障害者雇用も当然含まれることでしょう。

今年の雇用は、今後どの程度悪化するのか全く先の見えない状況ですが、まずは与えられた機会を大切にし、何でも挑戦してみる気持ちを持って進んでいければ良いですね。

これからは冬本番を迎え、気候的に厳しい期間になりますが、風邪など体調を壊さないようにお互いほどほどにやって行きましょう。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索