皆さんの体験談過去ログ

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 44歳
  • H21/2/23

こんにちは
独り言を見ようと思い、アクセスしたら大変な事になっておられ、心配になって投稿しました。

尿路結石なのでしょうか?
もしそうであれば、激痛を伴う場合もありますよね

私の友人が20代の頃に罹患し、石の大きさから外部で破壊する治療を行ったそうですが、いきなりの激痛にわけがわからない状況だったようです。

くつ様、お大事になさってくださいね。

勤務と治療で大変でしょうが、踏ん張りどころです。
お互いに健康には注意をしなければいけませんね。

私も今回の妻の件で、身にしみています。
妻の病室は8人部屋ですが、他の患者さんは糖尿病の合併症とかの関係ばかりのようです。

私も数ヶ月前から市運営のジム(1回70分でロッカー代込みで110円)で、週3~41回につき350~400キロカロリー消費します。

たまにサボりますが、しんどいですね。この年のなると・・・
この投稿への本題ですが、例の病院は今週の金曜日に面接が決まり、あと1社、これは一般企業ですが、ハロワの紹介で応募しました。私の思惑では今週中に面接になるかも知れません。

くつ様より、アドバイス戴いた作文のテーマを含めてネットで検索し、勉強しています。
どうかくれぐれも大事にしてください

こんにちは。
44歳になられたんでしょうか?
就職活動だけで見れば、あまり嬉しいことではないかもしれませんが、年齢を重ねていくことは素晴らしいことだと思います。

さて、お見舞いのお言葉ありがとうございます。
おっしゃるように尿路結石だったようですが、知らぬ間に石は排出され、腎臓の腫れなど回復傾向に向かっております。

あとは腎臓の腫れが完全に収まってくれれば、痛みから完全に解放されるようです。

奥様の病室は8人とは大きな部屋ですね。私の入院した病院では、4人部屋が基本で一人当たりのスペースがかなり広く、車イスならベッドまわりに5台は駐車できました。

病室はともかく、回復傾向に向かっていることをお祈りいたします。

また、面接は既に終えられているとは思いますが、自分で納得のいくものなら良いのですが、悔いの残るようなものなら残念です。

いくつかめぼしいところを選別されたようですので、どこかと良縁が実ることを願うばかりです。

彷徨中年さんも、看病と就職活動で大変だと思いますが、お身体には十分配慮してくださいね。

  • つとむさん
  • 青森県
  • 男性
  • 31歳
  • H21/2/17

今日、ハローワークへ雇用保険(失業保険)説明会へ行ってきました。
31歳で早くも3回目の説明会出席です。
説明の内容も、前回5年前とそう変わってなく、「そんなもんとっくに分かってるよ・・・」って感じでした。

そんな中、私はもう、健常者と同じ土俵で闘うのは全面的にやめて、ハローワークにも、障害者であることを明かし(つまりハローワークにも「就職困難者」として登録)、じっくりハローワーク職員や病院と相談しながら、就職活動をしていくことにしました。

そう聞くと、真っ先に「えっ?そんなことして大丈夫!?」と思われるかもしれませんが、これは、もう、病院の主治医の指示(と言うか、命令?)でもあるし、病院とも連携して進めていけるし、また20代の間、無理をして何回も退職したと言う結論も出ていますので。

それに、失業保険の所定給付日数が、通常90日なのが、300日とずいぶん手厚くなりました。

話は変わりますが、私は、30代になって早々、入院をし、これまでやってきた実績、愛車・・・等、衣食住以外のすべてのものを失いました。つまりどん底です。

「どん底」と聞くと、「もう二度と這い上がれない地獄」と言うイメージがあると思いますが、実は逆にどん底に落ちたほうが、いい発想が出てきたり、盲点に気づいたりするものなんです。

例えば、私は、未だどんな仕事が自分に向いているのか分かりません。こう聞くと、たいていの人は、「30代にもなって未だ自分の適職を見つけられないなんて情けない」と言うのでしょう。でも、ハローワークの職員は違いました。

「まあ、実際に働きながらじゃ、どんな仕事が向いているか分からないのも無理ないでしょう。まず、自分がどんな仕事が向いているのか探ること。ここが本当の出発点でしょうね」と言われたのです。

こんな感じですが、「就職困難者」と言うことで、その通り道は険しいですが、地道にやっていこうと思います。

またまた話は変わって、管理人さんの独り言を読ませていただきました。働いて3ヶ月目ということ、いろいろ苦難が出てきたとのことですね。何事も「3」が節目とよく言われますよね。3日、3ヶ月、3年。この時期から誰でも苦難が出てくるんだそうです。周りも人当たりがきつくなったり。

管理人さんも私も、質は違いますが、苦労していることに変わりはありません。お互いがんばっていきましょう。

こんにちは。
お互い若いうちに何度も失業し、ハローワークの説明会は確かに慣れもあるかもしれませんね。できれば知らないまま過ごしたいものです。

就職困難者という状況は、一般と違う部分も多々あるとは思いますが、どんな状況であれ置かれた状況のなかで、最善と思える選択をしていけば良いと思います。

今回の病いでは、心身共に辛い状況になり、失ったものもたくさんあると思いますが、だからこそ見えてくることも確かにあり、あとは登るだけかもしれませんね。

また適職についても、年齢を問わずどうすべきか悩んでいる人はかなり多く、今後どのような仕事に携わるかは人生において大きな問題であり、じっくりと考えてみて下さい。

3という数字。独り言にも書きましたが、ようやく3ヶ月という節目を超えられたと思ったら、またしても病気になってしまう情けなさ・・・。

これからどの程度の期間、治療を続けることになるのかまだ分かりませんが、健康を維持することの重要性を痛いほど知っているからこそ、早く回復できるよう医師の指示にキチンと従っていきたいと思います。

お互いに焦らず、でも納得のいくスケジュールで進めるよう、家族の力を借りつつ努力して行きましょう。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H21/2/15

こんにちは
妻へのお気遣いありがとうございます。
また、娘の私立の高校の合格のお言葉ありがとうございます。
最後に私へのご配慮、すべてに感謝です。

求職活動ですが、非常に厳しいですね。最近、新規に登録した人材紹介会社からの情報では、管理系の求職は増大傾向だが、逆に求人は減少傾向にありますとの事でした。

ある経営コンサルタントの方より、医療機関を専門とするコンサルタントチームを新規で銀行バックアップの元に立ち上げるのでと言うことで、一応参加させていただいているのですが、思う案件も中々ないようですね。

無職の卒業管理人くつ様のように諦めずに頑張ります。

くつ様に質問ですが、20日に妻の職場である保育園に給与の件等で行くのですが、妻の説明ではこの保育園は有給休暇は、1年間の保有(つまり最高で20日)を上限としているようなのですが、それは間違いで、2年間である旨を意見してもよいものなのでしょうか?

妻はあまりそのような事を言ってほしくないようで傷病手当金の請求の件でも同様であり、理由は働くにくくなると言うので、労働者の権利を主張することが何が問題なのか?理解に苦しんでます。

しかし、経済的に困窮しており、私は有給の残りを全て消化後、傷病手当金の請求もして戴くつもりです。

私も経験がありますが、社会福祉法人の事業主と言うのは、どうも肌があわない人が多いように思えますが、それは私だけでしょうか?

こんにちは。

労働者の権利を主張することは、本来当然の権利ではありますが、この取扱は非常に難しいこともあります。
奥様は、あまり波風を立てない方向で話しを進めて欲しいと希望している以上、退院後もその職場で働くのは奥様ですから、意見を最優先に尊重する必要があると思います。

有給休暇はおっしゃるように翌年まで繰越できますが、単に法律を知らないのか、それとも悪意を持ってそのような風潮にしているのか、どちらなのかは判断出来かねます。

また、傷病手当金については、該当する期間は給与を払わなくて済む会社にも大きなメリットです。

いずれにしても、会社の雰囲気や風潮というのは、そこに勤めている人にしか分からないものがあり、労働者としての権利を主張しやすい環境なのか確認し、もし判断を誤って昨今の不況を理由に解雇でもされたら、家計に与える影響は大きすぎます。

弱腰の意見ですが、ご自身で勤めている会社ならともかく、退院後の通院や体調回復までの期間を考えると、少しでも休みやすい早退しやすい環境も大切です。

どんな会社でも声高に言えるようなら、サービス残業や理不尽なリストラなど無くなりますが、現実は氾濫していることから、主張するにしても奥様に確認してから行動してください。

もし、友人知人等に相談する機会がありましたら、多くの方から意見を伺ってでも良いと思います。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H21/2/9

妻への配慮ありがとうございます。
また、作文の題目についても感謝しております。

妻の件ですが、明日午後より入院が確定しました。
本日、担当医より詳細な説明がありました。

外来での全部の検査結果は、出ていないが、現在回答できる範囲で言うと、毛細血管炎だろうと思うとの事でした。
治癒するのか?との質問に絶対や100%とは言えないが、今迄の実績では可能であるが、ステロイド等の服薬を継続しなければいけない場合もあるとのことでした。

漢方との併用は?と言う質問に回復状態を見ながら東洋医学の専門医と相談しながら可能ですと言われています。

ともかく、痛みや痺れがあるようで、大変な病であることを思い知らされました。これから共に闘って行くつもりです。

一方、娘が私立高校の進学クラスへ合格したのは良かったのですが、早速、入学予約金を近日中へ納入です。来月には、残りの金額を納入です。学費は公立の3倍です。ああ~頭が痛い。。。

くつ様より返信戴いたアドバイスと自分でも考えて、何とか採用されるように食い下がるつもりです。
くつ様のご親戚の方も膠原病とかで、お気持ちを察しますと、胸が痛いですね。 何で原因が不明な病があるのでしょうかね?
治療方法があるだけありがたく思わなければいけないのでしょうね

病気の話ばかりで申し訳ありません。

こんにちは。
奥様入院の件、もう入院されていることと思いますが、頼れるのは家族だけですから、日頃の感謝の意味も込め頑張って看病してください。

治療に関しては、ステロイド等服用されるとのことで、私の患った脊髄炎もステロイド等服用で治療し、副作用等で悩まされました。

長期間服用しなければ深刻な副作用はありませんが、副作用のひとつである食欲を抑えられない状態になり、私は1ヶ月で10キロ程度増加! 更に副作用を防止するための様々な薬や治療など強いられました。

そんな困難も、私も家族の支えで治療に専念することができ、今は元気に生活し過ごしています。

娘さん高校受験おめでとうございます。
金銭的には非常に苦しい状況だとは思いますが、娘さんの将来のために、今はお父さんが頑張る時ですね。

病気・進学・就職と、人生において大きな節目を一度に迎え、今は訳の分からないつらい状態のことと思います。
しかし、今が正念場の時であり、数年後に「あの時は大変だったね」と家族と笑って話せるように、悔いの残らないような行動をしてください。

奥様のご病気が早く回復に向かい、お嬢さんは学校生活を楽しく送り、彷徨中年さんは就職して活躍されることをお祈りいたします。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 43歳
  • H21/2/8

こんにちは、返信確認いたしました。
毎回、感心するのは、くつ様の的確なアドバイスや心の配慮が生きている点は、脱帽です。

私に最悪な事態が舞い降りました。

妻が膠原病と言う疾病に罹患し、検査入院を近日予定しております。

問題は、病院の費用は、加入の保険等で対処できるものの、毎月の生活費は、傷病手当金を当てにしながら苦しい生活になりそうで、その上、下の子供がもし私立の高校へ入学すれば膨大な費用が必要であり、公立でやっとぎりぎりと言ったところです。

学資保険での対処は限界があり、何とかしなければと思います。まあ、病院の加入保険が全部支給されれば対応は可能かなと思っていますが、甘く考えていてはいけないと思い、悩む日々です。

この病気は、慢性的激痛があり、現在の診断名は血管炎と言う確立60%だそうで、総理大臣の親戚が経営している病院へ入院予定です。

話は変わりますが、アドバイスを戴けないでしょうか?
前回のログで、お知らせしたとおり、1件医療機関の事務職の求人へ応募しているのですが、病院側の説明では、採用人数は原則1名、場合によっては、2名とお聞きしております。それに対して応募数は現在で20名だそうです。

職種は事務(経理や経営分析)で、所謂将来の幹部候補です。病床は200弱で、急性期の医療機関です。

採用試験は、一般常識、作文だそうです。
作文についてのテーマは、判りませんが、どのような情報に目を通しておけばよいでしょうか?

作文は自分では得意な方ですが、今回はブランクがあるので悩んでおります。

ぶしつけな質問で申し訳ありません。

こんにちは。
奥様のご病気、非常に残念でなりません。

実は、私の母も膠原病の一種で通院しており、どれだけ大変な病気なのか他人事とは思えません。
最近は落ち着いているものの、ひどい時には歩けない状態で、トイレに這っていったり苦痛に満ちた生活をしておりました。

膠原病には多くの種類が存在し、一部は難病に指定されるなど苦しんでる方は多いと思います。

私自身も別の病気で入院しましたので、病気の苦しさは自分も含め家族にとっても本当につらいものです。 仮に膠原病だとしても、内服治療で日常生活に支障のない状態に、可能な限り早く回復されることをお祈りいたします。

ご応募を検討されている病院事務、はなんとかモノにしたいですね。
将来は幹部候補となれば、年齢的にも良い感じですし、これまでの経験を生かせる貴重な機会です。

採用試験の作文については、いくつか題材を考えてみました。

  • 高齢化に対する病院経営
  • 医師・看護婦不足の人材確保
  • 10年後の自分
  • 救急医療・小児科・産婦人科の在り方
  • 福岡(世界・日本も含)の今後の経済
  • 福祉施設との連携
  • 最近気になったニュース
  • コンプライアンス(法令遵守)の取扱
  • 題目自由(これが一番困る)

医療問題は、多くのニュースで耳にする機会があり、そのような医療関係は絶対に外せません。 もちろん、昨今話題のニュースも気に止めておく必要はあります。

ただ、どんな題目かは非常に難しいので、とりあえず色々な気になることを、自分なりにまとめておくと良いと思いますよ。頑張ってください。

追伸:奥様をいたわってあげてください

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索