皆さんの体験談過去ログ

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 44歳
  • H21/4/20

こんにちは。。。
毎回ご丁寧で適切な回答ありがとうございます。
人生の中でこんなに長期に渡り、失業するとは思ってもみませんでした。

しかし、その責任は全部自分にあり、どうしてこのような窮地に追い込まれたのか理解に苦しみ毎日です。
くつ様が以前コメントくださったように、簿記会計の資格勉強をはじめてみようと思います。私の場合は、会計的ノウハウが不足していると思います。

事務系の職種は、総務と経理がセットで募集されているケースが多々あり、それに対応できる人が採用になる可能性も高く、極端には人事や労務より経理や財務、税務等の求人の需要が多いのが常態であり、しかも日商2級以上と掲載を見ます。

この前の病院もその条件を満たしていれば展開が変わっていたかも知れないと思うと残念です。

可能であれば1級まで取得できればと思います。1級が取得できれば税理士の受験資格をそれ単独で得ることも可能になりますので、幅が広がるのではないか?と思っています。

こんにちは。
簿記の受験を検討されているそうで、確かに会計的な知識は強力な武器になると思います。

経理知識ゼロの状態から、簿記3級なら3ヶ月・簿記2級なら6ヶ月勉強すれば、ハードながら可能性は十分にあります。

ただ、1級となればかなり難易度は高くなりますので、まずは段階を踏んで着実に取得されることをお勧めします。

3級なら独学でも安心ですが、2級では場合によっては講習会など独学以外の方法を検討し、着実に早く取得できるよう対策を考えてください。

簿記の勉強を実務ですぐに生かすことは難しいですが、家計簿を簿記で管理すると勉強になると思います。

商工会議所サイトを見ると、簿記2・3級は6月・11月・2月に試験実施されます。ぜひご検討を。

  • トンボさん
  • 埼玉県
  • 女性
  • 46歳
  • H21/4/18

初めまして 私は46歳のおばちゃんです。
業界的に福祉業界にいて資格的には介護福祉士、若葉マークのケアマネを所持しています。今、県立の病院の看護助手をしています。

週、三回、平日、給料まあまあ、夜勤なし、家から徒歩10分程度、条件的に言うことありません。
ただ、人間扱いされません。ナースの支持もいい加減で、指示通りにやって怒られることが多々あります。しくじりをなすりつけられます。
正直、到底終わる量ではない仕事の量で、毎回一時間程度のサービス残業です。

うちの病棟は、満室で特にひどいです。仕事が終わリ、着替え終わるとき、立ち上がれないほどへろへろになります。
太っていますから、いいのですが、この半年で、私は7キロ痩せました。

適正体重に近くなって嬉しいのですが、最近ケアマネの方を本格的に探した方がいいのか迷っています。

それとも、これくらいは世間の常識と考えたほうがいいのでしょうか。

こんにちは。
投稿下さった内容を見て、一番気になったのは指示のいい加減さ~なすりつけの部分です。
ボリュームやサービス残業よりも、この部分があるせいで心身共に疲れていると感じました。

ちなみに私の場合ですと、勤務内容は全く異なりますので比較するのは無理があるかもしれませんが参考まで。
この5ヶ月ほどで体重は10キロ以上減り、サービス残業はありますし、休日出勤(休出手当・振替休日有り)を何度もしています。

他の職種に変えることも検討する必要はあるかもしれませんが、職場を変えることで解決する可能性もあり、介護の世界は医療の世界と比較して、現在と同じ待遇で採用されるかは分かりません。

ちなみに、病棟を変えてもらうだけで解決するかもしれませんので、他の病棟で働いている同じ勤務待遇の人から情報を得てみてはどうですか?

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 44歳
  • H21/4/11

おはようございます。

今月2回目の投稿となりますが、前回は主に妻の退院の件や病院の理不尽な対応を投稿させて頂き、肝心な私自身の事が少なく、本来の目的とは違っていたので再度投稿させて頂きたいのです。

結論から言って、仕事がありません。ハロワへ週1か2週1ペースで通っていますが、無しのつぶてです。
条件も限度以上に下げて検索していますが、職種自体が存在せず、仮にあっても女性主体での求人です。

私としては、社労士のライセンスを有効活用して、心当たりの事業所に営業展開を試みようかって思いますが、間に合っている事業所がほとんどではないかと疑心暗鬼で営業に動けません。

人材活性化や採用支援を看板に考えておりますが、思うような展開は見込めないような気がしています。

かと言ってこのままでは、ジリ貧ですし、待ちの姿勢で何時になるか判らない求人をあてにするような状態が継続することに不安が隠せません。何時の日かメンタル的に弱い私は追い込まれるかも知れません。

今月末で失業1年8ヶ月と今迄の失業人生の中では最長です。現在は妻の傷病手当金が17万ちょっとありそれのみで、今回は第1回目の支払でしたので、残り17回分で終了です。

生命保険金が2つの保険会社の合計で約100万程度です。

妻の症状は右足の痺れの改善が思わしくなく、これが改善できれば問題は解決できるようですが、それまでに何とか私自身が奮い立たねばと気持ちはあるのですが、進路がありませんのでどうしようもないのが実情です。

子供たち2人の公立高校の学費合計で2万5千円の捻出も何時の日か、免除申請をしなければいけないのかって思うと、自分が情けなくて、自分の無能さを思い知らさせています。

管理人くつ様は、失業中の経済的な対策はどうされておられたのですか?差し障り無ければアドバイスくださいませんか?

改めて、こんにちはです。

男性を求めている事務系の仕事は、いつの時代でも狭き門にも関わらず、昨今の不景気な風潮によって異常な状態になっています。

高学歴・経験者・有資格者など、強みを持っている人でさえ苦戦を強いられることもしばしば見られ、早く景気の上昇を願うばかりです。

さてご質問の経済対策についてですが、収入面においては我が家では共働きだったことと、私の個人的な預貯金・副収入・臨時の手伝代などでした。

また支出面においては、あらゆる支出を徹底的に見直すところから始め、基本的な生活費のカットしたうえで、無駄な支出を一切しないことを徹底させました。

冬場の暖房も、私一人の時には防寒服を着て運動して身体を温め、暖房機器の電源を切断したり、季節に問わず自宅にいれば電気を使いますから、日中はどこかに出かけるようにするなど、光熱費を極力抑えてましたよ。

その結果、私の失業で大幅収入減になったにも関わらず、なんとか3年半の不安定な時期を乗り切ることを出来ました。
ただ、正直この方法でも最終的にいつまで耐えられたか・・・。

収入を変えることは難しいですが、支出のカットは頑張り次第で変えられます。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 44歳
  • H21/4/6

こんにちは。。
娘の合格祝いの言葉ありがとうございました。

まずは、妻の退院の報告から・・・
先月末に妻は退院をして、本日、退院後の最初の外来での検査日でした。採血の検査結果は、今のところ良好でステロイドが6錠に減量です。

しかし、入院中から現在まで、右足のしびれ(足首から下)が著しくあり、踏む行為(アクセルやオルガンのべダル)ができないと言うか、感覚が鈍くコントロールに支障を来たしています。

くつ様所有の情報で漢方等、良い情報はお持ちではないでしょうか?あれば回答の際に掲載戴けるとありがたいです。

さて、退院したのは良いのですが、私は自分が社労士でありながら始めて身にしみて感じていますが、傷病手当金って申請して3~4週間程、給付までに必要なのですね。

期間は知っていましたが、お役所仕事であり非常に手ぬるい取扱に不服を感じています。

予断ですが、本日病院の外来で2回目の傷病手当金の申請をお願いし、次回の診察日が15日になっているため、それまでの期間の療養担当者の証明をお願いすると、月をまたいでいる場合は、またいだ最終月末になると言うではありませんか?

私は、「へえ~前回の入院中に申請をした際にはそのような事はありませんでしたし、退院後の手続きも確認したら同様の期間で可能だと言う見解を主治医より聞いていますが・・・」と理屈をこねてやりました。

すると、外来の受付のおばはんは、「主治医は入院中はA医師だったが、外来ではB医師になります。A医師だからそのような証明となったのでしょうが・・・B医師は・・と妙な事を言ったので、入院中もA医師とB医師は2人とも同時に診察をしてくださっているので、2人とも同様な見解を戴いているのですよ。」と理屈こねて更にまくしたてました。

「ちなみお尋ねしますが、貴殿がおっしゃているような手順は、何時定められたのか説明してください。
それと私が言っていることが信か偽か主治医であるB医師に確認してくださいよ。
それから申し上げておきますが、もし月末とかしか証明できない場合、この傷病手当金は申請して少なくとも3週ほど必要なので、その間の生活保障はどうなるのですか?貴殿かこの病院が保障してくれのか?」とまくしたてました。

すると。おばはんは渋々、内線で確認、医師はあっさりOKでした。それはそうですよ。元々そうだったのですからね。

要するのにそのおばはんは、自分が医師に「そんな簡単な問題でいちいち電話をしてくるな」と叱責されるか、「患者さんの言うとおりですよ」と言われる事を知っていたのだと思います。自分の立場が全く理解できていない人でしたね。

話は変わりますが、私の事ですが・・・
本日、ハローワークへ行きましたが、相変わらずです。真剣に前向きに向き合っていますが、応募対象の職種がうそのようになく、生活も相当追い込まれています。

生命保険料と傷病手当金だけしかなく、何時か行きづまりそうです。

パートでもアルバイトでもと思っていますが、それさえ、応募しても応募の対象ではないと書類選考で除かれています。

こんにちは。
大変遅くなり失礼しました。

投稿下さった段階では、奥様は踏む行為に支障をきたしているとのこと、私自身を含めそのような症状を体験したことがないため、残念ながらリハビリなど安易なことしか思いつきません。

また給付金を含め公的手続きに時間を要するのは日常茶飯事であり、健康保険証の発行も恐ろしいほど待たされてしまうため、その間に通院する場合には病院とのやりとりに四苦八苦します。

スピードを要求される現代でも、公的手続きのほとんどは昭和のままのスピードであり、早く現代のスピードに追いついて欲しいものです。

それに病院は公的手続きに接する機会の多い場所でありながら、私自身は不満を感じたことはほとんどありませんが、限度額適用認定証の説明を怠ったりするところもあり、患者の立場に立てないところもありますね。

  • 諸行無常さん
  • 群馬県
  • 男性
  • 47歳
  • H21/4/6

管理人様
コメント頂きありがとうございました。
こちらこそ改めてお久しぶりです。

母の介護生活に明け暮れている間もいつもROMさせて頂いておりました。こちらには本当に長いお付き合いとなりました。いつも下らぬ愚痴を書き込ませて頂き感謝しています。
母へのお悔やみを頂きまして、改めてありがとうございました。

自分に責任のない不運な理由による体調不良に悩まされ、その為に無職の生活が長期化、合わせてこの期間の度々の不況の波にも振り回され、自分の就労スキルを習得する機会などありませんでした。

政府は、昨年のリーマンショック以来発生した危機的な雇用情勢を憂慮し、今頃になってようやく不安定な非正規雇用者向けの就労支援プログラム等を具体化させていますが、再び社会復帰するために社会の力を貸して欲しい!と、何十年も訴えて続けて来た自分などにとっては、正直手遅れだと言いたい。
それでも、雇用におけるセイフティネットの重要性がやっと意識され整備されつつあるのは、良しとしなければいけませんが。

ここ数年集中的に精神医学を勉強してきた今になって思えば、軽い発達障害・人格障害も疑われる亡父の遺伝子を引いたせいか、兄弟そろって精神疾患持ちとなったのもハンディでした。

そんな無責任な亡父の債務を承継した挙句の自己破産(亡くなった母も連帯債務者として破産者になる)、そして無一文になり生活保護と、落ちるところまで落ちましたが人間何とか生きていけるものですね。我ながら驚いています。現実はどうにもなりませんからね・・・。

管理人さんもコメントされているように、近くに頼れる身内のいない現在の我が家は、市の障害福祉課・社会福祉課など行政関係、社会福祉協議会の担当者、ハローワークの障害担当、かかりつけの病院のDr・精神保健福祉士(PSW)、そしてご近所の町内会のみなさんなど、いざという時に備えて、これまでそれなりの人脈を構築してまいりました。

「プライベートなセイフティネットの構築」というところでしょうか。

母が亡くなってから益々強く自覚するようになったのですが、本当に人の世は助け合いで成り立っており、いつもお世話になります!の気持ちで、常に社会・世間とは意識的に係わりあっています。

その一環としてですが、ユニセフ・あしなが育英会・日赤と各1千円ずつ寄付させて頂いております。現状社会から頂くばかりで、なにも出来ない自分としては、せめてもの社会参加のつもりですので。

今回頂いたコメント大変励みになりました。ありがとうございます。

先程、今年度初めて地元ハローワークへ新年度の挨拶という事で顔出しして来ましたが、当地のハロワもご多分にもれず、輸送機械・電気関係と輸出関連企業が多い群馬という地域事情を反映してか、まあ大変な混雑でありました。一般相談はなんと1時間30分待ちとか・・・。

私は障害者枠での相談だったのでほんの数分待ちで相談が出来ましたが、ため息出ました。いつもお世話になっている担当者の一人が移動でいなくなり、新しい男性職員にこれからお世話になる旨宜しくお願いして来ました。

もうハロワ通いも長いので、私の詳細な事情を知る職員さんもだんだんといなくなる事が多く、また一から説明しなければならなくて大変です。

帰宅後に市のワーカーさんから、明日就労支援プログラムの話があるのでご来庁願いますとお電話を頂きましたので行って参ります。
それでは。

こんにちは。

いろいろ思うようにはいかないことも多いと思いますが、諸行無常さんは一人ではありません。様々な公的機関の方達がそれぞれの役割を担い、少しでも良くしようと試行錯誤してくれているはずです。

問題解決には、身内や他人という区別よりも、どれだけ自分の立場に立ち物事を考えてくれるかで結果も変わってくると思います。

力になってくれている方のためにも、自分でできるところから始めてみることが、恩返しするための近道のような気もしますね。

今は迷惑をかけているとか負い目を感じる必要はありません。誰だって助けを必要とする時があり、その助けを借りずやせ我慢してしまい、かえって悪くなることもあります。

与えられたチャンスを逃さず、チャレンジしてみることが大切ですね。

  • 諸行無常さん
  • 群馬県
  • 男性
  • 47歳
  • H21/4/3

管理人様
久々の投稿となります。

当方の近況ですが、 大腸の末期がんにて二年と7ヶ月闘病していた母をこの1月末に看取りました。
現在は昨年11月より生活保護を受けつつ、精神障害1級の弟(障害年金1級)とオンボロ賃貸で二人暮しとなり、二ヶ月ちょっと経ちました。

母がいなくなり寂しくはなりましたが、心身ともに長らく苦しんできた母も、ようやく楽になりホッとしていると思います。それぞれ精神疾患を持ち、まともに働けない二人の子どもを残しての旅立ちは、それなりに心配であったと思いますが。

どうした事か、ずっと悩みの種であった弟も、自分から病院へ通い服薬も自分でするような劇的な変わりようで、きっと母の見守りの賜物と勝手に思っております。簡単な料理・洗濯・買い物等も手伝ってくれるので、今では大いに助かります。現在の生活は、兄弟二人で営むグループホームのようなものです。

私は、いま生活保護の担当ワーカー(女性)の支援を受け、「就労支援プログラム」に参加し社会復帰する予定ですが、何分ご存知のような大変な経済環境・雇用情勢にあり、現在何も具体的な話は役所から来てはいません。もちろん、障害者枠ですが。

週末の買出し、月1の精神科への通院・家族会への出席を除いて、原則毎日することがありません。
母の介護・通院治療も終わりましたし・・・。一日三回きとんと食事をして(基本自炊)、新聞や新書などを読んで、まあ調子のよいときはネットでもするくらい・・・。

今年もまた新年度・春がやって来ましたが、この時期が一番辛い・・・。
嫌です・・・。
新社会人・新入生のニュースが流れるたびに、激しく落ち込む自分です。自分が惨めで、思わず耳と目を塞ぎたくなる。
もう「人生の春」が自分に巡って来なくなってから、25年は経つでしょうかね・・・。
ずっと、「暗黒の見えないこころの地獄」の中をさ迷っているようです。

自分で自覚の出来ない、予想だにしなかった精神疾患と、手術の後遺症から来る体調不良から人生は転落・・・。気がづけば、健康・仕事・家族・地位名誉・お金、何もない空っぽの人生となりました。
亡くなった母には申し訳ないと思った・・・。

私の場合生まれつきの体質のようなもので、本当は小さい時からケアしなければならなかったのですが、「精神保健の啓蒙」のほとんど行き届かなかった大昔のこと、それは叶わぬ夢でありました。

つい最近、家族ぐるみで何十年とお世話になっていた地元の名士である小児科医の先生が高齢で亡くなられ、私は親戚と二人告別式に参列して来たのですが、開業生活60有余年になるという先生でしたが、先生はこの間に私のような精神疾患を持つ子ども・児童を診察したことがあるのかなあ~・・・、とふと思いました。

今でこそ、それなりに知られるようになった「精神科の病気・こころの病気」ですが、昔はどうでしょう・・・。
自分の住まいするところは、今でこそそれなりの大きな地方都市ですが、ほんの10年・20年前は、
大きな心臓手術も県内で1箇所しか出来ないようなお粗末な医療レベルでした。そんな時代でしたから、いわんや「精神科」なんて、どこにいるか医者だってそんなに知りませんでしたからね。

因業で損な病気だなあ~とつくづく思う。

20数年来続く体調不良(慢性疼痛・パニック発作・抑うつ)は、二年前より投与している抗うつ剤(安定剤はずっと)にて何とか対処していますが、副作用(口渇・便秘・発汗異常など)がきつく、慣れるのが大変。いつまで経っても私は、楽にしてもらえません。

今時の季節の変わり目には体調不良がきつい時が多く、辛くて自殺を考えないことはないですが、亡くなった母のことを考えて何とか思いとどまります。もちろん、きちんと抗うつ剤を服薬して、寝逃げするのが一番ですけど・・・。

何も出来ない自分ですが、今年は十数年ぶりに花見が出来そうで、デジカメも新規購入したこともあり、楽しみにしております。

ところで、管理人様もお体を壊された由、遅ればせながらお見舞い申し上げます。どうかお体ご自愛下さい。この貴重なHPにお世話になってもう10年以上になります。

ありがとうございます。

お久しぶりです。
お母様がお亡くなりになったことにお悔やみ申し上げます。

お亡くなりになってまだ日も浅いことから、まだ弟さんとの生活に戸惑うことも多いと思いますが、弟さんも何かを感じたのか、一緒に生活することに協力してくれるのは嬉しいです。
精神的な部分では、弟さんの存在そのものが支えになっている部分もあると思いますし、これからも支え合える関係を築けることを願うばかりです。

近い身内を亡くすというのは、誰にとっても非常に悲しい出来事であり、今は弟さんとの2人だけの生活を維持するため、無意識に自分が頑張らなきゃと思っている部分も多いと思います。

せっかくワーカーさんもいるのですから、頼れるところは頼り自分自身の負担を大きくしすぎないよう注意してください。

私も体調を崩してからは、それまでは一切考えたことのない「健康」というものを強く意識するようになり、身体のどこかに不調を感じないことは、とても凄いことなんだと気づきました。

一時的な病気以外は、治ることを考えるよりもどう上手に付き合っていくかを考え、体調のコントロールをいかに早く身に付けるかが重要ですね。

この冬は比較的暖冬だったこともあり、一昨年からある足の痛みをほとんど感じず過ごせたのは幸いでした。ダメージを受けた足の神経の再構築も、順調に進み安定しているのでは?と思うようにしています。
運動神経がノーダメージだったのは本当に救いです。

私の結石に対するお見舞いの言葉、本当にありがとうございます。人生っていつ何があるか分かりませんね。

また、本当に開設当初からお立ち寄り下さり、私にとっては嬉しいことである反面、本来ならこのようなサイトとは関わらなくて済むのが最善であり、なんだかとても複雑な気持ちで一杯です。

最後になりますが、お母様の看病諦めずによく頑張ってこられたと思います。亡くなったお母様もきっと感謝しているでしょうし、弟さんと支え合って生きていくことを望んでいるはずです。

お母様のご冥福をお祈りいたします。

  • 抜け出せないトンネルさん
  • 愛知県
  • 男性
  • 41歳
  • H21/4/3

失業が6年3ヶ月という、今までにない深刻な事態です。

正社員・契約社員での応募はほとんど書類選考で不採用になってしまい、アルバイトも応募者が相当数殺到していて、求人が出た日にすぐに電話問い合わせてももう締め切りですというありさま。これではどうにもできません。

アルバイトでも、今穴場というところは全くありません。求職活動しても無駄だらけでどうにもなりません。

週1~2回ハローワークに通っていますが、求人検索で20~30分待ち、職業相談・紹介で2~3時間以上待ちです。
また、ハローワーク求人の応募も競争が激化していて、10~20倍以上の競争率になっており、また、大部分の求人は書類選考がつきものになってきています。
私は今まで160社不採用になっています。未だに再就職できません。

これから、正社員がリストラになりつつあるなかで、失業者にとっては、死活問題です。長期失業者で再就職が一生できない人は孤独死という選択をしなければならないでしょうか。

求職活動はしなければ再就職できませんが、もう職を求めるのも困難な時です。景気良くなるのはいつでしょうか?
今度景気が良くなったとしても、私は45歳以上になってからではないと来ない見込みです。仮に45歳になってから、景気が良くなって雇用情勢が良くなったとしても、年齢的に採用は厳しい事情には変わりないと思います。

2002年12月に大手自動車部品製造業でのクビがなければいい生活が送れたのに、相当悲惨です。

ブランクの長期化、自動車免許以外の資格なし、最終学歴高校普通化卒、自動車部品製造業16年9ヶ月勤務中の良い実績・資格取得なし、退社後、正社員の求職どこも採用してもらえずブランクだらけ(一部期間アルバイト転々)このようなことでは、もう就職活動しても、深刻な景気悪化でもう行けれる所はほとんどないという事態です。

41歳の場合、どうしたら再就職が可能なんでしょうか。もういくら条件緩めても、どこも雇ってもらえる会社はなさそうです。

パートやアルバイトも、主婦・学生を最優先される会社が多く、フリーターとしてやっていくのも相当困難な事態です。パート・アルバイトも、競争率10倍越えが多く、簡単に決まるものではありません。これからどうしたらいいかわかりません。

もういい見通しはないです。普通に収入得て生活できる糸口はないでしょうか。このままでは自分の将来はないです。

お久しぶりです。

昨今の急激な景気悪化により、雇用情勢の厳しさは増すばかりです。
愛知県はトヨタの力で他県がどん底状態にも関わらず、比較的恵まれた地域だったと思われますが、数値には見えてこない実際の求人内容が気になります。

東北や沖縄などの地域では、首都圏の好景気をよそに回復することもなく、不況が更なる不況に変わった状態ですから。

製造業と一口に言っても、大規模工場と町工場では別の職種のように異なると思いますが、製造業16年以上の経験を生かせないのは残念でなりません。

先日テレビを見ていた時に、自動車関連の製造業に派遣として勤めていた方の再就職のドキュメントがあり、町工場のようなところの応募で「ノギス」の使い方をさせられたとありました。

その方は「ノギス」の使い方を知らず、不採用という決定を即座に出され、残念な結果となります。

話を戻してブランク6年というのは、もう能力を見てもらう前に判断されてしまう可能性が高く、この期間は派遣バイト経歴で埋めるようにし、ブランクをブランクではないようにする必要があると思います。

そうしてブランクがあまり無いような状態にし、まずは能力などを見てもらえるように持って行ってください。
多少の経歴加工はやむを得ないと思います。もちろん推奨しているつもりはありませんし、やりすぎると経歴詐称として不採用にされる可能性もあり、諸刃の剣状態なのは覚えておいてください。

ただ、仮に不採用になったとしても今より状況が悪化することはないでしょうし、最初はかなりの薄給でも能力で追々昇給してもらえるように、待遇面は考えず働いている期間を作ることに尽きるような気もします。

待遇面を考えないのは酷な話ではありますが、どんな薄給でも働いている事実さえあれば、転職に持って行くことも出来る土俵に乗れます。
経済的に苦しい状況になっても、今はあらゆる待遇を考慮する段階は過ぎ、とにかく勤務した実績作りが近道のような気がします。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索