失業者本人への配慮

失業は本人だけでなく、家族全員の生活を一変させてしまいます。

自分の不安を何とかしたいために、失業している当人の行動に納得いかず、文句を言ったり就職活動を促すなど、何かしたいことも多々あると思います。

そんな時にあなたの些細な言動ひとつで、再就職に最善を尽くしている本人のやる気を削ぎ、不安を増大させ、居場所さえ奪ってしまうことを忘れないでください。

失業状態は、当人がどれほど惨めな思いをしているかを、理解してあげる必要もあります。

再就職を目指す本人の、やる気と自信を取り戻すために、水を差すような結果になりがちな、してはいけない言動があります。

1日も早い再就職を願うなら、それらは絶対に止めてください。

絶対してはいけない10の言動

子供へ悪口を言う
子供から失業していることを馬鹿にされたら、親としての威厳を完全に失ってしまいます。
自分の親へ悪口を言う
お盆や正月などで会った時に、ただでさえ居場所を探すのに難しいのに、親にまで責められたら立場がありません。
逆に、親が悪口を言ってら守ってあげなければいけません。
ゴロゴロしているのを注意する
ほとんどは好きでゴロゴロしているのではありません。手持ちぶさたと不安で、ゴロゴロするしかないという場合が多いのです。

そのことを注意されたら、家に居場所は無くなってしまい、公園などで時間を潰すしかなくなってしまいます。
就職先を探すのを促す
当人は精一杯探しています。ハローワークはもちろんのこと、その他の媒体や知人等など可能性のあるところを、すべて潰しています。
帰る時間の早さへの不満
ハローワークは毎日行っていると、端末を操作する時間は10分程度であり、往復と待ち時間を合わせても、1時間~2時間もあれば十分なんです。
毎日のように動向を尋ねる
就職先というのはそうあるものではなく、条件に合う就職先というのは、1ヶ月に1~2件程度あれば良い方なんです。
したがって、毎日尋ねられても答えに困ってしまい、残るのは気まずい雰囲気だけです。
「何かしたら」、「ゆっくりでいいね」などの声かけ
何もしたくなくて過ごしている訳ではありません。
本人の意思とは逆の状態で家にいるので、仮に笑顔でやさしく言っても、想像以上につらい気持ちにさせてしまいます。
怒りに任せて言うよりも、笑顔の方が破壊力があります。
やる気を疑う
「しっかり探して」など、何もしていないようなことを言われると、反感を抱くうえに人格を否定された気分になり、就職活動に悪影響を及ぼします。
あなたの雇用条件を押し付ける
条件を設定すればするほど難しくなるのに、それを勝手に設定してしまっては、応募先は益々無くなってしまいます。
不採用通知を責める
通知を受け取って一番落ち込んでいるのは本人です。
それを責めては立ち直れなくなってしまい、就職活動に恐怖を感じるようになり、応募できない状況になってしまいます。

どうしても気になるという時には、日常の何気ない時などではなく、時間に余裕のあるタイミングに、真剣な雰囲気のなかで話し合ってください。

また、長引いているようであれば、二人で仕事の方向性や条件面など、選択肢を広げるようなことを、話し合うのも必要になってきます。

とにかく、今の就職難というのは恐ろしく厳しい状況であり、この苦しさは失業している本人にしか分かりません。

その苦しい気持ちを、黙って分かってあげるのも必要なんです。この黙って見守るというのは効果的です。

もちろん、明らかにだらけていたら叱責しなければなりませんし、自信を失っていたら本人の頑張りを評価し、やる気を振るい起こしてあげなければいけません。

とにかく、味方はあなただけなんです。
力を合わせ頑張ってください。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む