失業給付の基本手当

基本手当の支給起算日

ハローワークに申請を行い、受給資格者である確認を受けた日から、失業の状態にあった日が通算して7日間経過後になります。
これを待機期間といいます。

なお、自己都合での離職・重大な責任による理由で解雇された場合には、待機期間経過後さらに3ヶ月経過した後から支給対象になります。
これを給付制限といいます。

基本手当の所定給付日数

倒産・解雇等による離職者(就職困難者を除く)

  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日 -
30歳以上35歳未満 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 240日 270日
45歳以60歳未満 180日 240日 270日 330日
60歳以上 150日 180日 210日 240日

倒産解雇等以外の事由による離職者(就職困難者を除く)

  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢 90日 120日 150日

就職困難者

  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
45歳未満 150日 300日
45歳以上65歳未満 360日

基本手当の支給額

離職した日の直前6ヶ月間の賃金等を基に、総額を180で割って算出した金額を賃金日額といいます。

その賃金日額の50%~80%(60歳~64歳は45%~80%)が、雇用保険で受給出来る基本手当日額になります。

賃金と支給される割合は反比例しており、賃金が低いほど割合は高くなります。

賃金等には以下は含まれません。

  • 賞与(年3回以下)
  • 見舞・祝金
  • 出張旅費等

具体的な支給額等については、給付くんにて計算出来ます。

基本手当の支給日

認定日で認定を受けた後、金融機関のおおむね4営業日後に口座へ振り込まれます。

支給される総額については、認定日に受給資格者証へ印字されますので、事前に把握出来ます。

ただし、毎年8月1日に基本手当が見直されますので、8月をまたぐ認定のみ若干の増減があります。

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む