面接本番

面接本番当日、ケアレスミスをしないように基本的な注意点と手順を確認します。

面接先に入る前のポイント

服装などのポイント

  • 髪の乱れはないか
  • 襟の裏返りなどないか
  • ボタンのかけ忘れはないか
  • 携帯電話の電源をオフにしているか
  • 肩にフケなど汚れていないか
  • ネクタイの結び目は曲がっていないか

自家用車のポイント

  • 違反しないよう安全運転を心がけます
  • 汚れのひどい場合には洗車しておきます
  • カーステレオは駐車場に入る前にボリュームを下げます
  • 駐車位置は駐車場内の遠くにします

面接の基本的な手順

  1. コート等を脱ぎ、スーツのボタンを閉め社内へ入室します
  2. 受付に面接で来社したことを伝え指示に従います
  3. 控え室などへ通されたら末席のドア付近の席へ着席します
  4. 待つ間、携帯電話をいじったり・上着を脱いだりしてはいけません
    (相手からの気遣いでも脱がない)
  5. 面接室に入る時には、2~3回ノックをして入室の許可を得てから入ります
  6. ドアは閉まるまで手を添えておきます
  7. 椅子の横に立ち、お辞儀と挨拶をして座るように言われてから座ります
  8. 背もたれには身体を預けず、背筋を伸ばして座ります
  9. 手の位置は、男性はグーにして膝の上に置き、女性は軽く重ね足の中央に置きます
  10. 顔の向きは面接官を常に向き、目だけで面接官を追わないようにします
  11. 視線は面接官の顔中央・口などを見るようにします
  12. 回答する時には、即答せずに3秒ほど間隔を置きます
  13. 時間経過と共にリラックスし過ぎないように注意します
  14. 面接が終わったら、椅子の横に立ちお辞儀をして謝辞を述べます
  15. ドアのところで再度お辞儀をして退室します
  16. 玄関を出るまで社内の人への会釈を忘れないようにします
  17. 玄関を出たら会社が見えなくなる・駐車場を出るまで気を抜かないようにします
前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む