皆さんの体験談

失業に関連するお悩みに、管理人なりの意見を併記して掲載させていただく場です。

回答は、掲載した後に追加・訂正させていただく場合もありますので、日を改めてお立ち寄りいただければ助かります。

なお、実際に行動をする場合には、必ず関係役所・知人等に確認してからにしてください。

投稿をご希望の方は、体験談に投稿は管理人のみ回答し、掲示板に投稿は管理人を含め複数の方から回答を得られ、反応も早いです。

体験談に投稿 掲示板に投稿 掲示板に投稿
  • 電子の怒りさん
  • 和歌山県
  • 男性
  • 48歳
  • H26/1/18

こんにちは電子の怒りです。
平成12年7月7日に初書き込みをさせていただいた者です。

その後も何度か投稿させていただき、管理人さんにはお世話になりました。「無職の卒業」も立派なサイトになりましたね。
今や雇用・失業問題の重要なインフラになったと言ってもよいでしょう。ここまでこのサイトを継続発展させて来られた管理人さんに心より敬意を表します。

さて私は先日11年7ヶ月勤務した職場を退職いたしました。
理由は従業員のマルチ能力化による業務のボーダーレス化についていけなくなった事です。
入社時ここでは何でもやってもらうという条件で採用されたのですが、主な業務は事務と企画であり、その他の部署の業務は手伝い程度でした。

ところが3年ほど前から業務のボーダーレス化が進み、事務、レジ打ち、皿洗い、ウェイトレス、宴会場の接客、敷地の草刈りなどありとあらゆる仕事をしなければならなくなりました。

それも手伝い程度ではなく、高レベルのサービスを求められ、私なりに努力はしたつもりですが、体も頭もしだいについていけなくなり、最近はケアレスミスやトラブルの連続で同僚と口論が絶えず、 かと言って事態を改善する対策も考えつかず、このような状況で勤務を続けるのは私にとっても職場にとっても良い事ではないと考え退職しました。

平成12年の初書き込み当時、私はまだ34歳でした。それでも当時はこの年齢ではもう仕事がないと言われました、
現在、私は48歳。再就職の困難さは前回の比ではありません。しかし探さざるを得ない。

どうしても再就職の場が見つからなければ自分で何かを始めるという事も考えねばならないかと思います。 このような理由でまたしばらく「無職の卒業」のお世話になります。
私からも有用な情報があれば上げていきたいと思います。どうぞよろしく。

自分でもよくここまで続けてきたなという気はします。
再会できたことは嬉しい反面、複雑な気持ちでいっぱいです。

業務のボーダーレス化、確かに限られた人員で目の前にある業務をこなしていくには、スペシャリストよりゼネラリストのほうが便利いいのかもしれません。 しかし、それでは現状維持が精一杯で企業として成長できるのか疑問に感じます。

当然不慣れな仕事では失敗はするしまごつくし、お客様に迷惑をかけてしまう可能性は高くなりますね。
私も機転の利く何でも屋タイプではないので、初めての業務は誰よりもまごついていることと思います。ケアレスミスが続き、次のミスを招いてしまうこともあり、 双方にとって良くないことと考えてしまうのは似ているような気がします。

現在の年齢48歳、これまでの経験があるとはいえどのような仕事を選ぶかで難易度も変わって来ると思います。
世の中には一定の年齢以上でないとという求人もありますので、年齢にとらわれず希望条件を上げ下げしながらじっくり探してみてください。
まずは、精神的な疲れを癒し、いい表情を出せるような生活も心がけましょう。

  • いたるさん
  • 愛知県
  • 男性
  • 46歳
  • H26/1/14

まだこのURLでないころに投稿した記憶があります。
もしかしたら、そのサイトではないかもしれませんが、同じ「無職の卒業」と題されてますので、昔の再現になりますが、再度。前と同じ名前で投稿します。
で、またか、という話になりますが、大学を卒業して20年以上、ずっと無職です。

今はささやかなアルバイトをしていますが、1日に得られる収入はわずかで、これではとても食べていけません。
この年齢だと、アルバイトの求人に応募しても、体裁よく断られます。
職に就けないことが病気かもしれないと思い、精神科にも通い、カウンセリングも受けました。
はっきりとは言われませんでしたが、主治医もカウンセラーも、「あなたは働くという能力が欠落している病気で、就職は無理」と言いたそうでした。
それでもなんとかならないかと資格も取得しましたが、どうやらこの資格は趣味の資格で、これを使って仕事をするのは無理だと悟りました。

私は今年が勝負の年だと思っていて、今年就職がダメだったら、就職をあきらめて、自宅に引きこもって、最近話題の孤立無業者になろうと思っています。
落ちることが分かっているのに、もう就職できず46歳。職歴なし。これで就職できるとは思ってません。

おそらく私には、無職からの卒業はもう無理でしょう。今年こそは、と思いましたが、まもなく1年の24分の1が過ぎようとしているのに、その24分の1で何もなし得なかったのなら、残りの24分の23で事態が改善されるとはとても思えません。
それにしても、私はふつうに就職して、ふつうに働きたかっただけなのに、その人がやっていることが、人ができることが、なぜ私にはできなかったのか?
そう思うとすごく悲しくなります。

愚痴をこぼしてすみませんが、今の私にはそういうことしか言えません。
ただ、せめて、20年以上も無職なんて、と叱られたかったので、ここに書き込んだ次第です。
もはやだれも叱ってくれさえしなくなったので。
もし管理人さんが、あなたには就職は無理です、とおっしゃられたら、私は完全に就職をあきらめて、社会との接触を断って生きていこうと思ってます。長々と失礼しました。

お名前を憶えているので私のサイトに投稿いただいたものと思います。
現在はアルバイトをしていて収入を得ていることには自信を持って良いと思います。

しかし、カウンセリングの先生がすべてだとは思いませんが、ひとつの意見として聞く必要はあるでしょう。
「就職は無理」と言いたそうと感じたのなら、そういうオーラを出していたと同時に自分でもそう感じてしまっている部分も少なからずあるのかもしれません。

諦めるのはいつでも出来ますので、今年を勝負の年と位置付けているなら、それに全力で向かってみてはいかがですか?
勝負するという意気込みが足りないように感じる節もありますので、勝負するのか社会と断絶するのか、揺れ動く気持ちは分からないでもないですが、決めるのはいたるさんしか居ません。

ここに投稿するにも相当考えたことと思いますが、断絶するとどうなるかもっと考える余地はありそうです。
勝負することを無駄と考えるなら就職は難しいでしょうし、仮に駄目でも今と同じ状況のままのはずですよ。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 48歳
  • H25/10/22

無職の卒業管理人 様
ご無沙汰しておりますが、お元気でお過ごしでしょか?時々、サイトの訪問をさせて頂いておりますがとくにお変わりないような気がしますので安心しております。

さて、本題ですが、仕事の方は相変わらずですが、実は2月ほど前にハローワークの求人で問い合わせた小規模事業所が年度末の頃に事情が許せば連絡を頂けないか?場合によっては雇用と言う形にはなるが、可能性の余地があるとの事です。

もう1件は、それこそ昨日の話ですが、先週にいきなり連絡があり、20年以上前に勤務していた会計事務所の№2より、仕事の件で相談したいとの事でしたので、久々に訪問したのですが、方針やビジョンが当時のままであり、愕然としました。

当時のスタッフ(№2以外)は誰1人残っておらず、世代交代と言う壁とライセンスの所持者の壁にぶつかっており、人を探しているということでした。私は丁重にお断りしました。

自分が望んでるならともかく、1度離職した会社には戻りたくないと言うのが本音ですし、仮にカムバックしても、同じ事の繰り返しであろうと言う予測が過去にこの事務所への未来予測を推断させたように思うからです。

私は残念に感じたのは、労使共にこの20年が幸福でなかった事の事実であり、離職者の行方が皆、成功者が出ていないという事実でした。そして反省が生かされていない事でした。

今後の就活と自分の人生において、1つの事業所の行方が見えたありがたい勉強をさせていただいたと天に感謝しております。

掲載が遅くなり失礼しました。
さて、1件目のお話は規模はともかく内容によっては興味深い案件だと思います。詳しい話を今後聞いてみる価値がありそうですね。

2件目は、20年以上経ても進化していないということは今後改善される余地は無く、現状で充分ならともかく期待は望めそうにありませんね。
また離職した会社にカムバックするというのは私も抵抗を感じます。

離職者が誰一人成功していないのは残念です。私のまわりでも成否が分かれていますが、その人自身の能力や行動力もありますから一概に前職ばかりとも言えないでしょう。
会計事務所は定年まで働くような職場ではないので、当時のメンバーがいなくてもそんなに不思議ではないと思います。

1件目の企業に期待したいと思います。

  • 職場の渡り鳥さん
  • 大阪府
  • 男性
  • 38歳
  • H25/9/6

どうも、初めまして。
職場の渡り鳥というHN通りのこれまで職種こそ総務経理に一貫して勤めてきましたが、如何せん会社を変わっている回数が多いのがネックとなって中々再就職に辿り着けない感あります。

この国の企業は基本的に定着性を求める傾向ありますから。因みに転社は5回ですが、この中にはスカウトされたものもあり、職務経験は約15年で簿記資格も1級を取得していまして一般企業の総務経理ならば十分対応出来ると自負しております。

ですが、求職活動も3ヶ月過ぎた今、意外と苦戦しておりまして、書類選考で落とされる事も結構あり、世間的な自分の評価はこの程度のものだったのか?と落胆したりしました。

が、先週末にある会社の最終面接を受けまして、その場でほぼ私で決まりかの様な会話があり、勤務部署の各社員とも挨拶を交わしたりもしまして「それでは、週明けぐらいには正式な連絡を入れるから、それまで待っていて欲しい!」と如何にも採用を仄めかす様な事を言われました。

その言葉通り、その後は求職活動を休止して待っていたのですが、今日現在、未だに連絡ありません。これは、どういう事なんでしょうか? 勿論、会社に問い合わせば、結果は分かる事なのですが、敢えてそういう気持ちにはなれません。

また、その時の会話次第では怒りが爆発してしまいそうですので・・・。
管理者様は、今回の件、どう思われますでしょうか?
単にいい加減な会社だったという事でしょうか?

こういった期日を守れない会社は、そう珍しいことではありません。
まさか忘れているということはないと思いますが、考えられるとすれば、
・もう一人の候補と決めかねている
・社内の事情が変わった
・コネなどの能力とは関係無い人を採用する可能性が浮上
・応募者全員に同じ対応をした
・連絡を入れたがつながっていない(電話番号記入ミスや圏外)
・単純に忘れている

こんなことが予想されますので、まだ連絡が来ていないようであればそろそろ連絡する必要があるかもしれません。
どういった話をされるか分かりませんが、電話をするか諦めて放置するか、よく考えて決めてください。

ハローワーク経由なら、ハローワークに相談するのが良いと思います。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 48歳
  • H25/7/12

無職の卒業管理人 様
ご無沙汰しております。

前回からの続きになりますが、パートで勤務していた診療所でしたが、予定通り4月末で退職いたしましたと言うより、契約期間満了で身を引きました。
この診療所も後継問題で壁にぶつかっているが、親子の医療経営に関する思考の違いにより、足踏み状態であり、経営を握る事務長も80代の女性で院長夫人の話し相手です。

私はこの医療法人の院長夫人、2代目、事務長、師長があてにしていたようですが、全然完成されていない膨大な運営内容や2代目の思考に共感できるか?や自分への評価を総合的に勘案すると、責任転嫁をされて、いずれ揉める火種ができそうなので、身を引きました。

2代目より、何度も慰留をされましたが、医療経営に関するビジョンがなく。経営方針に賛同や共感を見いだせないので、お断りしました。

それから以降、仕事がなく、家事を行ったり、オークションで少額を稼いだり程度です。
これは私の考え方なのですが、何故か私が勤務する事業所で、人間関係が嫌と言うほど、立ちふさがり、事業所に仕事をするために来ているのに、どうして、妨害をするのだろうか?絶対に許容できないので、毎回、衝突します。

私に非はないと毎回思いますし、そもそも、言葉では人間関係と言う言い方ですが、これは子供の世界で言うことろのイジメやイビリに匹敵する行動であり、法的にも問題があるのですが、どこの会社でもあるからと言う言い方しかできない人間が多いことに労働意欲を喪失しています。

私は、もしかしたら適応障害なのかも知れません。
自分の専門分野である職務はこなせる自信も実績もあるのですが、それが上記のような環境が少しでもあると発揮できないばかりか、労働意欲が喪失してしますのです。

そして、アメリカのような自由な考え方、アメリカの国家の在り方にすごく共感や賛同を覚えますし、我が国の社会では息苦しくてしょうがないです。

インターネット小売り最大手のアマゾンのような考え方に共感を覚えます。
こんな私は、やはりおかしいのか?考えが間違っているのか?社会に適応できないで、生涯を終えるのか?等、最近、よく思います。

なぜ、私にはいつも、うまくゆかないのかと歯がゆいです。
私は間違った考え方を持った人間なのでしょうか?

人間関係は永遠のテーマでしょうね。
私もこれまで完全に充実していた時期はありませんし、私の物差しで計ると無能とも思える人の下で働いてきました。
当然ながら、やり甲斐よりも給料を単純に選んだから働き続けられるし、少しずつでも良くしようあるいは自分の考えを広めようと努力は惜しみません。

もちろん自分のためではなく、会社あるいは働いている人が気持ち良く働けるようにするためにです。
そうした努力を重ねることで次第に共感してくれる人も増えるし、少しずつでも出世できるようになりました。

自分を殺すのは本意ではありませんが、生きていく以上お金が必要なのは言うまでもなく、どこで折り合いをつけるかが、長く働くコツのひとつでしょう。
妥協しているとかおかしいと思われる方もたくさんいると思いますが、生き方は人それぞれだと思うので、人に迷惑をかけないならどう生きようとその人の自由です。

成果の達成をどこまで先を見据えて行動するか、内容によりますが今は5年後を目標にいろいろ行動していますよ。

彷徨中年さんは、私よりもは結果を早く求めすぎている部分があると思いますので、もし変えるとしたらそういった変え方もあると頭の隅にでも入れておいていただければと思います。
ただし、誤解しないでいただきたいのは、間違っているという意味ではなく、自分で納得する考え方を突き進むか、どこかで妥協できるなら変えてみるのもひとつの方法だということだけです。
結果をいつどこまで求めるか、これに尽きるかもしれませんね。

  • 諸行無常さん
  • 群馬県
  • 男性
  • 51歳
  • H25/5/3

管理人さん
お久しぶりです。

この5月のGW明けにて入職2年を経過しますが、ちょっと早めですが近況報告致します。現在フルタイムの就労としては最長記録を更新中です。たったの2年とは情けないですが。2年と8か月前に利用者として障碍者登録して通所しておりましたが、採用後は意外にも、障害枠ではない一般枠として採用されたようですが、実質は障害を考慮してもらいながら@800円の約7時間前後の雇用条件。
50過ぎの男が、終日頑張って20万稼げないのが辛いですね。時給制の身分なので、連休時などひどい落ち込みです。改めて障害を負わなければ・・・と無念に思う事しばしばです。

所詮行政からの補助金頼りの「福祉施設」ですので、大した収入は期待できません。
まあ、良かれ悪しかれ自分の適性にあっている職場なので、こうして続いていると思いますね。でもSTの出入りは結構ありましたね。人間関係とかステップアップのためとか理由は様々ですが。仕事は作業室での指導管理&昼食の配膳担当と業務日報作成。ようは雑用メインな訳で、「便利使い」されております。
後は利用者向けの傷害保険の加入・請求・脱退関係の事務にもタッチしておりますが、これは日常ルーティン業務ではありません。こんな訳で昨年末は一時かなり鬱で落ち込んだので、一度現状に関してハローワークにいる知り合いのPSWから施設の責任者に、こちらの気持ちに関して話を入れてもらったのですが、あまり変わりませんね。

当初数人から始まった現職場も、いまは登録者60数人を抱える大所帯となり、毎日30人前後の難しい利用者(←特に発達障害の人)の扱いに苦慮しております。失礼ですが、「大人の幼稚園」という感じでしょうか?私も持病の慢性疼痛とうつ・パニックを薬でコントロールしてやっと職場に適応している身分です。これが一見、障害持ちに見えないので、そこを指摘されると少しく怒りを感じますね。
自分の主治医がこの分野で地元で著名な関係もあり、なにかとこちらか紹介が来る事が多いんです。精神科でも、だれでも診られる疾患障害ではないらしい。Drにも得意不得意ありますから。たくさんの患者に接して知見知識を深める必要があるらしいです。精神科固有の難しさですね。

さてこのように仕事は単調の極みですが、「感情労働」として最大限の疲労をします。
終末は一人きりになり、「人疲れ」を癒す生活です。
生活保護受給者バッシングが激しい昨今でありますが、こんな収入でも約16,000円ほどを毎月納税しております。きついですよ・・・。そして、通院日には必ず募金を3,000円します。これはお金に、自分に代わって相当の仕事をしてもらうためです。今の自分は、諸事情からこんな仕事しかできませんので無念で仕方ないのです。まあ生活保護を受給しているワーキングプアな自分であります。世間的、対行政には、これで何とか顔が立っているところであります。あと数年で還暦・60歳になるという信じられない現実でありますが、うちは「定年がない」という嬉しいような悲しいような職場でありますが、いつまでこの仕事をやらねばならないのか・・・と、退職金・貯蓄もない自分は、どっと疲労感を感じる事もあります。

昨年のGW頃、ちょうど就職が決まった頃になりますが、音楽好きな自分ですが、上京してクラシックの生演奏を鑑賞する事を始めました。チケット代はもとより、足代の交通費の負担が痛いですが、今を楽しまないと、もう先のない人生・・・。行動療法もかねて予定を立てて実行しております。体調不良の時などは、チケット代をふいにすることもありますが。欲望もほとんどなくなった今は、数少ない現実に意識をつないでおける手段です。
日々朝夕のミーティングで利用者の情報を共有するため、前頭葉はフル回転・・・。記録係も担当すること、人の話を聞く事と記録を起こすためのワープロ打ちが日々の業務であります。それでは。

ご無沙汰しております。
2年という年月は振り替えると短い気もしますが、日々過ごしているところから考えるととても長いです。
3年前に今の姿は想像つかなったと思いませんか?20万円の収入を得て働いていることをもっと誇りに思って良いです。

従事している業務は一般的には総務課で行う範囲にも含まれていると思いますが、地味であってもどんな会社にも必要な業務であり、会社や仲間のことを考えられる人でなければできない仕事です。
それに薬を使用して人は一見普通と思える人にもたくさんいて、最近ではメンタルヘルスという言葉を見聞きする機会も多くなりました。
これは心の病がいかに普通のこととなっているかを物語っている証拠ですので、自分を特別な存在と気にする必要はありません。

上を見ても下も見てもキリがありませんから、他人と比べず与えられたことを一生懸命やりましょう。私も毎日そんな感じですよ。

クラシックコンサート鑑賞はいいですね。私も過去に何度か足を運んだことがあり、正直曲も奏者もあまり分かりませんが「炎のコバケン」は鳥肌が立ちまくりました。 ただ価格が高い・・・。そのため一番離れた安い席を買ってのんびり聴くこともありました。

GWも明けて普通の生活に戻ってしまいましたが、大変なことはあっても一応平穏な日々を過ごせていると感じる日もあると思いますので、これは幸せなことだと思います。

  • つとむさん
  • 青森県
  • 男性
  • 35歳
  • H25/4/22

こんにちは。すごくお久しぶりです。

1年以上、体験談への投稿がなかったので、また・・・と思われたかもしれませんが、そんなご心配は無用。今も順調に働いています。
気がつけば、入職してから2年と3ヶ月経過しました。2年と3ヶ月と言えば、新卒で入社した会社の勤続期間で、お恥ずかしながらこれが今までで会社勤めした最長期間です。
今のところ大きな問題もなく、どうやら、この最長勤続期間を更新できそうです。

ただ、私の性格柄、「なんでも自分でやらなきゃ」と過剰に思うところや、些細なことも「自分が悪い?」と考えてしまうところが少し心配だと言われました。
あと、風呂には、朝に入るようにしています。前の日の夜に入っても、どうせ寝ている間に汗をかいてしまいますので。
まだありますが、あまり話しているとプライバシー等粗捜しの心配がありますので、この辺で。

便りが無いのはこのサイトに限って言えば良いことです。
就職して安定した生活が続くと、失業生活は過去の話になって忘れてしまうものです。

これまでの最長記録更新中は素晴らしく、これからも記録更新し続けてくださいね。
性格というのは誰でも変えたいと思っているところはありますので、それを受け入れてできるだけ後に引かない選択をその場その場でしていくしかありません。
悪いところを分かっているということは、そのような場面に遭遇した時には改善できるチャンスですし、他人に迷惑をかけないのなら気にする必要もないと思います。

日々の過ごし方も自分で良いと思っているなら、変える必要など一切ありませんし、朝風呂は清潔なまま出勤できるので良いことづくめですよね。
これからも長く働けるように頑張ってください。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 48歳
  • H25/4/17

無職の卒業管理人 くつ様
少しご無沙汰しております。また、体の心配をいただき感謝しています。ありがとうございます。

さて、突発性難聴の症状ですが、最初よりは改善はしてきた感覚がありますが、100%ではなく、良い時は100%ですが、まだ症状が良かったり、悪かったりで不安定です。
耳鼻科医師の診断予定では、おそらく今週の土曜日に検査を行うと説明しておりました。
その結果次第でどうなるかですが、改善を自分の体に期待したいです。

一方仕事の方ですが、後7日です。
後任者が火曜日より、勤務しておりますが、事務経験者ですが、人事手続未経験者であり、引継に時間がかかりそうなので、実戦で行っています。
主に入・退職処理、2月に1度継続給付、特開金の申請程度ですが、基本はタイムカードに賃金台帳であり、様式は全部フォーマットがあり、事務手続きの説明の冊子もお渡ししてあるから、なんとかなりそうです。

給与計算とタイムカードは別の人が行っているので、実質上の職務内容のボリュウムは無いのですが、プリンターも共用、USBを介してのプリントアウトなので、非効率極まりなく、思った以上に時間を費やしています。
私は1日も早く療養に専念したいです。

一難去ればまた一難で、今度は妻側の親戚の問題で相談をされており、書類の作成等もあり、話し合いに行く際のドライバー兼メンバーにならざるを得なくなっており、正直、療養に支障が出ないように配慮しています。

体調は以前より落ち着いて来たようで安心しました。
仕事にひと段落付くことで、肉体的にも精神的にも落ち着き症状が軽減されることを祈るばかりです。
検査を行うことで原因追究が進み、効果的な治療で以前のような状態に戻る弾みになると良いですね。

後任者は人事未経験で不安はあると思いますが、学ぶより慣れるしかないと思いますので、今後は試行錯誤を繰り返して頑張っていただくしかありません。
ご自身の退職に関する手続きだけは、しっかり指導しておいた方が無難ですね。そうでないと自分の退職手続きに関する処理を自分で行うことになりかねません。

ご親戚の問題も、せっかくの知識ですからいかんなく発揮していただき、治療に専念する時間を早く確保できるよう早急に進めた方が良さそうです。
当面落ち着かない日々かもしれませんが、体調管理を優先させて無理をしないようにしてください。

  • エミリー圭さん
  • 中国
  • 男性
  • 46歳
  • H25/4/15

今年の2月中旬から中国・北京市でサービス業やってます。
46歳の中高年発達障害当事者です。

私は頼る身内も兄弟姉妹もいませんので2年前に地元の北海道のとある自治体臨時公務員の仕事をしていましたが、低収入でした。
学習障害からくる資産管理能力不足で作ってしまった借金を自己破産して解決し、当時、友人知人の支援を受けていましたが、 ”北海道を拠点に海外に出稼ぎしたい”という事を受け入れて貰えず、廻りとの人間関係も自ら壊して北海道からスーツケース1つで仕事を探して関東圏に出てきましたが、 雇用保険の支給額が少なすぎて生活が成り立たない為、さいたま市で『生活保護』を短期間利用してバイトしながら、 ハローワークは勿論、ネット求人サイト、知人の手伝い等々、ありとあらゆる社会資源を利用して再就職出来ました。

私はアスペルガー障害&ADHDもあるため、どんな仕事や会社でもいいわけでは無いし、資格も高卒で自動車運転免許証しか無いので、国内の就労活動は年令や障害特性もあり、 書類選考すら通過しない状況でした。

以前働いていた海外就労の充実感が忘れられず、語学力はないけど閉塞感のある国内より海外で生きて行く事を決断して 日本の国籍はそのまま維持して住所抹消して中国・北京市でマンション暮らししながら、お仕事頑張っています。

こんにちは。
自分のやりたいことをできるのは良いことです。
知らない土地でさらに言葉の不安もあるなかで、生活していく苦労は本人にしか分かりませんし、日本で生活している人にとって当たり前と考えらえることも他では不思議なことも多々あることと思います。

そんな不安を抱えながらも、仕事に生活に充実しているようで羨ましいと感じる人も多いと思います。

人と違うことは気にしていたらキリがありませんので、末永く充実した生活を送れるように後悔しないよう頑張ってください。

いつの日か日本に戻ってくることがあれば、北海道やさいたま市でお世話になった方たちにお礼を言える機会があれば良いですね。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 48歳
  • H25/3/29

無職の卒業 管理人様
毎回、的確かつ冷静な分析を踏まえた回答に感謝しております。

早速ですが、近況報告です。
先週の火曜日頃より、左耳の非常に弱い閉塞感を認め、金曜日にはその閉塞感は増大していたので、水曜日にネットで調べると、どうもアーティストの浜崎あゆみが罹患した突発性難聴に症状が類似しており、急性低音型難聴ではないか?と自己診断をくだし、最寄りの耳鼻科専門医がいる診療所を受診いたしました。

診断の結果、思惑通りの疾病でした。
医師の説明では「検査結果に基づく診断では、鼓膜に異常は認めないが、左耳の低音域が正常値に比し低下した聴力であり、この症状は突発性難聴の前触れだと診断します」と言われました。

ショックが隠せず、冷静を装ったのですが、どうしいうもなく、家路につきました。
突発性難聴の症状パターンは、自分が明確に覚えているほど、いつから聴力を失ったかというものらしいのですが、私の場合は聴力はあり、どうも耳鼻科領域での厚労省のガイドラインではそのような診断となるようです。

突発性難聴のカテゴリーに急性低音型難聴も含まれており、治療方針はほぼ同じで、2週間以内の治療を開始しないと聴力が戻ってこないという症例が確定されているようで、体が震えました。
突発性難聴については原因は究明されていないそうですが、急性低音型難聴はストレス、疲労感、感冒の類似症状であり、ほぼまちがいないと思います。
念のため、セカンドオピニオンで総合病院の耳鼻科でも診療を受けましたが、聴力に異常は認めない、鼓膜も正常だと言うことです。

医師より、無理をせず静養すること、労務に服することは遠ざかることを言われており、今週月曜日より休暇をとっています。
昨日、試験的に1日だけ出社しましたが、本調子ではないので、今週いっぱい休みます。
今月末、来月中旬に離職する人事がおり、その処理、労働保険料申告等があるので、それが山場と思います。
それもほぼ処理ができているため、予定通り、契約満了で離職する予定です。
やはり、体に無理をしいていたのか?と無理ができない年齢であることを痛感しました。

こんにちは。
投稿を拝見してあまりにも驚いてしまい言葉もありませんでした。

セカンドオピニオンをされたということは、診断結果は問題ないということでしょうから、治療方針も決まり既に始められていることと思います。
自分でも気づかない精神的な負担が大きかった可能性もあったと思いますが、まだ勤め始めたとも言える期間ですので、結果的には最初から無理をしすぎていたのかもしれません。
どんな場面でも多少の無理を強いられるとは言え、難聴を招くほどのストレスは当事者でなければ分からないほど厳しいものだったと思います。

不幸中の幸いだったのは、すぐに異変を感じて診察を受けたことと契約満了が重なったこと、もし無理をしていたら症状が悪化していた可能性もあったでしょう。 しかし、治療はどの程度の期間と失業中では経済的な部分である治療費も気になります。
一度でも身体を壊した経験のある人にとって、健康を維持して働き続ける難しさと大切さを理解しており、私の言えることは治療を何よりも最優先して欲しいということです。

くれぐれもお身体を大切になさってください。
1日も早いご回復をお祈り申してます。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 48歳
  • H25/3/9

無職の卒業 管理人 くつ様
ご無沙汰しております。

近況報告です。
その前に・・・・
管理人様同様、私も必要に際しパソコンを購入しました。そのことを少し語らせてください。
従前のパソコン(デスクトップ)はDELLのDEMENSION3100Cと言うモデルで、OSはXPでした。
約5年以上使用し、まだ動きますが、OSのサポート期間終了を踏まえて、新規購入に踏み切りました。
スペック概要は、CPUはI5 OSは7 HDは1TB メモリー4GB モニターはハイエンド23インチ 専用スピーカー と言ったところでしょうか?今回もDELLで購入いたしました。
これだけのスペックで8万強でした。安い
各種設定、自分が使いやすくするカスタマイズ、普段アクセスするサイトのお気に入りバー保存、オフィスのインスコ等で、まる2日かかりました。
おまけに従前のデスクトップの無線wifi設定とノートブックの無線wifi設定等、ルーターも新規購入しました。
データーも最小限のものだけでも、50MBあり、USBメモリー16GBでコピーを行いました。ちなみにUSBメモリーも新規購入です。

さて、本題です。前置きが長くなりすぎました。
現在、パートで勤務している事業所は、想像を絶する就業環境です。一言、人を迎え入れる環境が整備されておらず、事業所から購入してもらったのは、ボールペンとマーカーだけです。
パソコンも共用ですし、プリンターもUSBメモリーで毎回、プリンターの場所へお願いしてプリントアウトするような状況です。

20年前の就業環境を保持しており、理事長がそれで納得している様子なので、どうしようもありませんが、パソコン世代でITマニアの私としては、とても効率が悪く、仕事ができません。

不平不満を言ってもどうしようもありませんが、労働者への要求に対するレスポンスができる最低限の整備がされておらず、高齢者が多く、思考が完全なアナクロニズムです。
私はパート勤務ですが、職務内容は正規社員や管理職並みの職務を要求されており、賃金に見合ったものでは到底ありません。

私が使用させて頂いているスペースは、非常勤医師と共用で、医師が使用の際は別室の応接台にわざわざ別室との共用のノートブックで処理する環境ですから、話になりません。
私のスペースの隣室にあるケアマネージャーと最近よく話すようになり、内部の情報をよく聞くのですが、思いは同じでした。来週に飲みに行くことになりました。情報交換です。

この事業所では一時凌ぎの上司(女性で高齢)ですが、彼女及び理事長夫人や2代目は、私に契約期間満了後も引き続き残ってもらいたいようなスタンスを匂わせており、病棟師長も同様な見解であり、私自身とはベクトルが逆なのです。

私が最終判断する時期は来月末ですが、冷静に総合的に勘案して判断した結果、大変偉そうな言い方になりますが、この事業所の規模では、私が要求する最低限の賃金確保は難しいでしょうし、労働者たちの賃金を拝見しても、とても要求は通りそうになく、ビジョンも理念もなく、就業規則すら整備がなく、通常ある就業環境とは言えない環境です。

従って、退職人事の慰留や入職人事の手続き等、福利厚生等の手続きが山住で、仕事内容は好きで得意な専門分野ですが、肝心な就業の永続性と事業所側の将来がないので、非常に残念です。

一応、更新はできないと回答した上で、考え直してもらえないかと要望された場合は、月単位での契約更新(自動更新条項適用)で、週3日勤務、パートの人事の手続屋さん的立場であれば、当方が求める事業所確保まで、厚かましく在籍した方がよいのか?それともあまり深入りしないうちに撤退した方がよいのか?判断に苦しんでいます。

この事業所では、入職、退職、扶養適用、解消等の基本的な事が処理できる人間がおらず、顧問社労士に委託しているのですが、その労務士に渡すデーターが不正確だったり、不足だったりで、労務士が間違いが多く、労務士との溝が深く、先週に顧問契約からスポット契約に変更しており、私をあてにしている有様です。

どうしたものでしょうか?非常に困惑しております。
管理人様のアドバイスをお願いします。

こんにちは。
最近は新しいものを購入する時のわくわく感は以前より薄れ、多少面倒という気持ちが強くなってしまって、こんな自分が少し残念で仕方ありません。
新しいパソコンにして半年ほど経ちますが、ようやく使い方に慣れ以前と同じ環境になったのを実感しております。 パソコン等のIT関連の速度が速いのか、自分が立ち止っているのかは分かりませんが、いずれにしても遅れていることは確かなので、最低限の知識を身につけるために日々努力をするように意識しています。

パソコンの共用については、職種によって影響度合いは全く違って来ると思いますが、事務系の仕事で専用パソコンではないのは大変です。
プリンタも1台で移動しなければ印刷すらできないのも効率を悪くしますし、USBメモリーは紛失等でセキュリティ面の不安も抱えているので、本来オフィスには不向きの機器ですし。

ただ、少人数のところではむしろこれが普通の環境で、これを改善するための支出どころかもっとお金をかけなければならない箇所も手つかずという感じでしょう。
仕事する机や場所についても、ギリギリの人数で業務をしてきたと思いますので、仮に正式に採用されたならともかく辞めるかもしれない状態での準備は難しいでしょう。

既に結論は出ているように思えますが、仮に経営側の方達の希望を汲んで正式に職員として残ったとしても、今感じている不満を解消するのは難しいと思われ、現状を受け入れ収入減少の覚悟を持てないなら、受け入れるべきではないと思われます。

もし受け入れて改善が見えないとしても、それはもう経営側の責任ではなくご自身の責任です。社会経験未熟な方ならともかく、社会を熟知している方ですから厳しいようですが仕方ありません。

まだ結論を出すまでに時間はあるようですし、とりあえず働きながらまわりがどの程度変わってくれるかを見て、そのうえですっぱり辞める・パート継続・正式に職員として迎え入れてもらう、この3択から決めても良いと思います。

  • 10年越えの長期失業者さん
  • 愛知県
  • 男性
  • 45歳
  • H25/1/31

平成14年12月末に自動車部品製造会社がクビになり、失業が10年を超えてしまっています。
今まで数千社電話連絡等で年齢・性別・実務経験等で応募お断りに、400社以上不採用(書類選考含む)でもうとてもじゃないけど、これから採用される見込みはほとんどなく、会社勤め事態困難な事態です。
いくら応募しても、近年面接にたどり着けることはほとんどありません。

また、求人には掲載されていなくても男性の応募はお断りとか、40歳越えの人の応募はお断りが目立ち、ハローワーク・新聞・チラシ等求人応募できる会社はほんのまれにしかありません。このままではもう一生再就職は不可能に近い状態です。

面接受けられる会社も、実務経験がなく、初めから教える事態、年齢面から到底困難という会社が目立ち、受け入れてもらえる会社がないのが実情です。

10年前の自動車部品製造業でライン作業・単純作業で技能・資格等が身についていない状態でクビになったため、求職活動が今までにない期間長引き、就職活動費が馬鹿にならないくらいかかっています。
今から、資格取得しても、すんなりと再就職できる会社はないのが実情です。最終学歴が高卒普通科、普通動車免許取得のみでの再就職の道は並大抵でないことです。

今、正社員での再就職はほぼ不可能な事態、私は、派遣労働・雇用は希望してないので、より難しいということです。
パート勤務は女性中心のため、男性が行くことできる所はあまりありません。

親に長期迷惑しているのですが、自分は、求人募集自体、女性のみや40歳くらいまでの条件でほとんどダメになってしまっています。
このままでは、生活保護申請をしたいところだが、弟が正社員で勤務しているため、受けることはできません。
一生親や家族に迷惑かけなければならない事態なのでしょうか。
これからの再就職、女性しか応募できない会社の撤廃を求めます。今のままでは再就職ほとんど不可能。

こんにちは。
失業長期化は経験したことの無い人にしか分からないとてもつらいことです。
40歳超えの求人に関しては、確かにハードルは高くなり応募できるところが限られ、当然ながら競争率も高くなりちょっとしたことが合否の分かれ目。

これまでどのような業種に応募されたのか分かりませんが、もし業種を限定していたり特定の分野を避けていたのであれば、この機会に再度検討してみてください。
現状では今の就職環境の変化は望めず、こちらがこれまでにない変化をするしかありません。

それに資格等も経験を必要としない分野を探し、簡単なものでも受けてみる価値はあります。
資格を生かせなくても、勉強をしたことは伝わるはずなので今よりも悪くなることはないと思います。

また、書類選考や面接では、見た目や服装などの清潔感をこだわったり、表情を明るくして声の高さを変えてみるなど、これまで試していない方法も探してみてください。
靴や爪にも気を配ってください。

それから求人に関して性別ではじかれた経験は私も何度もあり、男女雇用均等法をとても恨みました。
応募できる機会を増やすための法律だとは思いますが、肝心の求人側も応募側もほとんどは未だに混乱しており、双方無駄な時間と費用を費やしているのが現状です。
恐らくこの法律で助けられた人より、振り回された人の方が圧倒的に多いと思います。

年齢制限に関しても詳しくは分かりませんが、微妙なラインの時には求人側に自由が与えられていないので、求人側は面倒だからもっと上まで受け入れ可能なのに下げてしまっているケースもあります。
応募できる機会だけかもしれませんが、明らかに年齢制限を超えていたとしても、応募できるかハローワークに確認してもらって損はありません。
仮にダメでも、今より悪くなることはなく現状維持です。

ご家族は、どのような関係になっているか分かりませんが、家族の目や世間体を気にしていると思うようにいかないことがあり、自分の素直な気持ちで応募して良いと思います。
まずは、これまでやっていなかったことや方法を180度変えてみるなど、変化を付けた言動で就職活動に挑んでみましょう。

  • 髭ロックさん
  • 京都府
  • 男性
  • 38歳
  • H24/11/21

くつ様。お久しぶりです。
以前はこの体験談に多く方の投稿が頻繁にされていた様ですが・・・いったいどうしたのでしょうか?
最近は何か私の投稿ばかりで申し訳ないです。

あれからですが、当然、求職活動は続けておりまして週に1件は応募しているのですが、どうも良い結果に結びつきません。
最近はハローワークでも書類選考~面接という求人が殆どで以前みたいに応募者がある程度集まると募集を止めるという事もしなくなくなったので、もの凄い競争率となってしまうのも原因なんでしょうね。

然し、応募した中には、自分としては、条件的には、結構妥協したものもあり、そんなとこでさえ、それなりに応募者が集まったりするんですよね。
その会社には失礼だと思いますが、本来ならばこちらから断るレベルの条件・・・そんなとこから不採用通知(しかも書類選考の段階で)が届いた時は、めまいを起こしそうでした。

またハローワーク求人の中には、やたらと募集を繰り返している会社もあり、本日ですが、三週間前に募集をかけていて応募した会社(まだ採否の結果不明)が、新規求人として同条件で募集しておりました。
前回は、2名採用が今度は3名採用になっていて、何か怪しいというか、よく分からないですね。

話は変わりますが、前職の勤務先の会社ですが、後輩の話では労働基準監督署が動き出して何度か会社に来て調査をしている様です。
どうかそれなりの厳しい処罰を下して欲しいものです。(今後において犠牲者を出さない為にも)

髭ロック様こんにちは。
またまた今回も遅くなりました。詳しくは独り言に記載しております。大変失礼しました。
投稿は波がありますし誰かと競争している訳ではないので現状で充分です。

ハローワークの求人で募集を締め切らない方法は、少しでも良い人材を確保できるように選択肢を広げておきたい時に使いますね。
逆に一定期間で締め切る場合には、一人に多くの時間を割いて吟味したい時や会場や面接時間等の都合で吟味せざるをえない時です。

私の勤務している会社は後者の方で、基本的に条件にはまらなくても面接をする方針のため、採用に割く時間は最長1日以内になるように人数を調整します。

募集を繰り返している企業に関しては、個々の事情でやむを得ない事情があるかもしれませんが、私が就職活動をしていた時には避けてましたね。

労働準監督署の調査は何を探っているか結果が後輩からいつ届くのか気になります。

今年も1か月を切りましたが、節目にこだわりすぎると動きにくくなるし、動かないことを正当化する(私はそうでした)理由になるので、意識せずに頑張ってください。

  • 髭ロックさん
  • 京都府
  • 男性
  • 38歳
  • H24/10/24

くつ様、こんにちは。
その後の求職活動ですが、正直なとこ、苦戦しております。
勿論、その厳しさは、退職前から覚悟していた訳ですが・・・。

失業がもう3ヶ月目に入り最初の解放感が不安に変わりつつあります。(とはいえ、家族からすると呑気にしている様に見えるらしい)応募は何件かしておりますが、一人採用に何十人と殺到したり、実は女性希望の求人であったり・・が多いですね。
今は夕方に近づくと何だかほっとしたりします。

あと私は、在職時は、土日祝はまず家でじっと過ごす事はなかったのですが、今は、逆にその日は外出を控える様になりました。
平日はとにかく家でゆっくりと出来ないゆえにというのもあります。

話は変わりますが、風の噂で前職の会社のある退職者が労働基準監督署に「精神的に追い込まれて(自己都合扱いで)辞める事になった挙句に(25年勤務分の)退職金まで値引かれた。」と訴えに出たそうです。
実は私も同じ事をされたのですが「今は求職中の身だし、ヘタに前職とは揉めない方が、良いかも」と思い、結局何もしませんでした。
私の場合は金額的にも1ヶ月働けば取り戻せる様な額だったというのもありましたし。

ただ「犠牲者の一人」としては労働準監督署に会社には何らかの処罰を下して欲しいと思っています。お咎め無しという結果だけにはならないで欲しいです。

くつ様はどういう結果になると思われますでしょうか?

髭ロックさま、掲載が遅くなり失礼しました。
失業している者を家族やまわりの人から見ると、なぜか呑気にしているように見えるらしく、ほとんどの失業経験者は経験していると思われます。
事実私もそうでした。

これは家族等が求職の厳しさを知っているつもりになっているだけで理解しにくいことが原因です。
したがって、具体的にどういうところが求人をしていて、どこに応募して実際はどうだったのかを説明してみてはいかがですか?
ハローワークの端末で一定の条件で検索したリストを印刷して、それを見てもらうだけでも違うと思います。

退職金に関しては就業規則でどうなっていたのかによると思います。
退職理由も、自己都合と会社が決めたとしても最終的にはハローワークへ行った時に事情を考慮して決めることなので、ありのままを話すようにすることが大切です。

退職金や精神的なハラスメントなど、監督署がどこまで追求してくれるかは分かりませんが、納得いかない結果であれば公的機関の法律相談等に行ってみる方法もあります。

  • 髭ロックさん
  • 京都府
  • 男性
  • 38歳
  • H24/10/10

くつ様、お久しぶりです。
昨年の10月26日に投稿した者で2回目の投稿になります。

結局、勤務先の会社ですが、その後も思い出すのも嫌なくらいに色々ありましたが、今夏に無事に?退職致しました。 前回の投稿で貴殿が申された様に辞意を申し出てもなかなか受理して貰えず、その後退職に至るまで本当に大変な思いをしました。
これまで何社か経験してきた私ですが、ここまでしつこい会社は初めてでした。 また退職後も1ヶ月近く毎日の様に携帯を鳴らされたりして落ち着かない感じでした。

最近はやっとそれもなくなり求職活動に専念の毎日な訳ですが、本日、自宅のポストに先週応募した会社から早速、不採用通知が届いていました。 前回の失業の時にも感じたのですが、この瞬間って非常に嫌なものですね。

書類選考でのものでしたので何か自分の事を全て否定されてしまった様な気がしました。 勿論、面接まで通過して採用を仄めかす様な事を言われたあげく落される時も衝撃的な辛さですが。

私としても本来ならば次の職場を決めてから辞めるのが、ベストなのは、分かっておりましたが、当時の私には、そこまで精神的にも時間的にも余裕もなく、(とにかく、ただでさえ大変な決算時期に各金融機関への融資の為の提出書類を作成していたくらいだったので)もはや次の職場を見つけるよりもどうしたら無事に退職出来るか?みたいな感じでした。

ところで、くつ様。お聞きしたいのですが、面接時に退職理由として「人間関係」等は挙げるのは、不利だという事は聞きますが、「給与遅配」や「社会保険未納状態(1年近く)」等を挙げるのはどんなものでしょうか?

実際、これらの事を挙げないと退職の動機としては弱くなる(人によっては不平不満が溜まって退職したみたいな受け取り方をされる場合もある)気がするのです。
どうか宜しくお願い致します。

髭ロックさま、こんにちは。
お名前が印象的でしたのですぐに思い出しました。
通常ではあり得ないご苦労が相当あったことと思いますが、このまま頑張れるかと考えるよりも、どうすれば辞められるのかを考えるようになった時点で、精神的には限界を超えていると私は思ってます。

それでも無理をすれば病気へのカウントダウンが始まっており、健康を取り戻せなかった可能性を考えると退職は最善の行動だったと思います。

ご質問の退職理由に関して、給料遅配や社会保険未納を理由とする退職は全く問題ないと考えます。
これは不満を感じると言うよりも、もう働く意味がない状態であり通常の生活を営めないことから、もしこのことを責めるような会社に応募してしまったら採用されても前以上の苦労があるかもしれません。

もちろん正当な理由として認めてもらえるだけで、優先的に採用してもらえるかは微妙ですが隠すよりも退職理由として伝えてください。

現在38歳、就職活動は決してやさしくはないですが、年齢が高くなると健康面で悪い印象を与えると致命的な場合もありますので、常に健康である状態を維持して現役で頑張れることを伝わるように、身なりにも気を付けてくださいね。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 47歳
  • H24/9/4

無職の卒業 管理人 様
御無沙汰しております。

残暑厳しき折、いかがおすごしですか?
ひとりごとを拝見していますと、管理人様が健康管理に苦悩されておられるようですが、管理人様の前回のコメントにあるように「健康第一」です。
私も健康マニアの館「http://kenkoulife2012.web.fc2.com/」と言うホームページを立ち上げ、以前、このサイトでお知らせさせて戴きましたが、URLを変更したので再度お知らせいたします。
このサイトを立ち上げるにあたり、健康情報を勉強しましたが、このサイトで紹介させて戴いている故甲田光雄氏著者の「奇跡が起きる半日断食」と言う書籍は相当レベルの高い健康情報です。
現代栄養学の盲点を指摘し、人は何故病気になるのか?病気にならない条件等が記されております。私もこの方法で10キロ以上減量しましたし、体も軽く、体質改善を行っています。
管理人様のお役に立てば幸いです。

さて、本題です。
就活ですが、厳しいですね。応募対象の求人が発生しておらず、応募させできない状態です。
このまま、労働人生を終わりたくはなく、最後のチャンスを願っています。
就活の最後に笑顔で終わりたいものです。

就活方法は、ハロワのホームページにによる情報、人材銀行、民間人材紹介企業への登録、知人等へ依頼、ハロワのリクエスト制度利用等、ほぼ手は尽くしているつもりです。

毎日は、娘を最寄りの駅まで送迎、裏庭の雑草と格闘、腰を痛めた母親の病院送迎、買物代行等。
時々、コーヒー焙煎、ホームベーカリーでパンを焼く等
夕方には週3回程度、自治体運営のジムで運動等を行っています。
毎日、こんなんで良いはずはないと思っていますが、どうしようもありません。

管理人様の方でアドバイスがあればお願いします。

こんにちは。
健康管理はあらゆる面で最優先すべきことであり、健康であるとついおろそかにしてしまいがちですが、自分に合った健康管理方法を探して決して無理をせず、長く続けることが大切ですね。
健康のためなら何でもするという人もいますが、肉体的な健康ばかり追求してしまっては、精神的に余裕が無くなり結局は身体を壊していしまいます。

これはダイエットにも言えることで、私が過去にダイエットをしていた時には、ウォーキングを中心に行いご褒美としてお菓子を食べていたし、食生活も揚げ物を避けた程度で3ヶ月で15キロ程度は減らしました。

これをほぼ数年経った今でも維持できているので、無理をせずに長く続けることを最優先させた成果だったと思ってます。

さて本題の就職活動。
できることはすべてやっていると思いますので、少し精神的に追い込んでみる方法も人によっては有効です。
今は1日のローテーションがほぼ固まっているように思えますので、あえてやることがない時間を作り出すことで焦りを強く感じるように仕向けます。

基本的に自分を追い込むことには反対ですが、こうすることで求めている条件を見直すキッカケとなり、不本意であっても就職できる(する)人がおります。
その不本意な就職先で頑張りながら働くことに慣れ、働きながら希望の条件に近い転職を探す方法です。

働く場があることで、経済的な不安からは解放され悩みも働く環境を求めることからより高い環境を求める質の変化もあり、失業状態の悩みから就業中の悩みに変わります。

この方法を決して勧める訳ではなく、人によっては効果が期待できる可能性があるという話しです。
環境や考えを変えるという自分を変化させる方法も考えてみてください。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 47歳
  • H24/6/29

無職の卒業管理人 くつ 様
ご無沙汰しておりますが、その後体調はいかがですか?

私の方ですが、まず就職活動ですが、1~2件の応募対象先があり、応募いたしましたが結果にはいたりませんでした。
知人等、声はかけており、就活も地道に行っておりますし、人材銀行や人材紹介会社への登録も行っておりますが、応募対象の事業所がありません。

話は変わりますが、私を幼少期より可愛がってくれた尊敬する父が4月に他界しました。病気だったのですが、非常に残念ですが、人は1度は他界しないといけないので、やむをえません。

それから私自身が先月下旬に痔瘻のオペを受けまして、現在はこのようにパソコンまで使用できるまでに回復しました。
私の痔瘻は複雑痔瘻で前兆である肛門周囲膿瘍はなかったと思いますが、よくよく思い起こせば、労務士の国家試験の勉強時にお尻の臀部がにしこりのような痛みを伴う出来ものがありましたね。

オペは15分ジャストで終わったのですが、私がこのようになった原因は、早食い、食べ過ぎが主な原因かも知れません。
痔は生活習慣病ですが、今回この疾病の患者の多さに驚愕しました。医師の説明では、痔は国民の8割は罹患しており、無症状の人もいるらしく、人間だけがなる病気らしく、羞恥心や手術は痛いとの誤った情報が先行しておるので手遅れになるケースが多く、初期段階での患者は非常に少ないそうです。

ちなみに年齢、性別は関係なく、遺伝も医学的根拠はないが家計で肛門が弱い等、生活習慣、職業によって発症の有無が違ってくるそうです。
私はこの病気になったので、正直言ってかなり詳しくなりました。それから内科や外科の医師でも痔はよく診断できないそうですよ。
肛門科専門医でないと正確な痔の病名は判らないそうで、肛門はデリケートな部分であり、専門医や専門指導医に診察をお願いするのが、ベターらしいです。

彷徨中年さま、こんにちは。
お父様のこと、ご病気でお亡くなりになったとのことで、この場を借りてご冥福をお祈り申し上げます。
とても可愛がってくれて尊敬できる父、いろいろな思い出がたくさんあることと思いますが、他人の私に尊敬できる父と言えるお父様が居て幸せな方だと思いました。

さて、こうしている間にも応募されたとのことで、結果は残念でしたがすぐに次が見つからなくても、根気強く探してみるしかないでしょう。私もそうでした。

さら体調を崩されたとのことで、痔瘻は患ったことはありませんが大変だと聞いたことがあります。
どんな病気でも苦しんでいる当人にしか分かりませんが、健康第一!これはいうまでもありません。
私も今年は入院してしまいましたが、病気も治ると健康の大切さをわすれてしまいがちになるので、今は注意して生活しているつもりです。

  • 諸行無常さん
  • 群馬県
  • 男性
  • 50歳
  • H24/5/8

管理人さま
お久しぶりです。
近況を拝見しましたところ、何やら大変おつらい状況におられる由、お見舞い申し上げます。 当方がどん底にある時、こちらのサイトには本当に何度もお世話になりました。
感謝申し上げます。愚痴を聞いて下さるだけで楽になりました。
いつも感動的なコメントを頂き、立派に「精神療法」となりました。

自分もほぼ四半世紀、病苦とともに人生を歩んで来ましたが、いまはやっと異常に長いトンネルから抜け出したようで、50歳からの遅い出発ですが、日々仕事に追われ過去の苦しみをほぼ忘れて生活しておる毎日です。人生は諸行無常と申しますから、管理人さまの苦しみも永遠には続かないでしょう・・・。

さて当方ですが、作業所の通所者からスタッフとして、どんでん返しの就職をして以来、やっと一年を経過しました。無理せず何とか仕事はしております。

相変わらず利用者と一緒に軽作業をするのがメインですが(←この、「一緒にいる」という事自体が治療的に作用するらしい)、「事務」といっても、毎月の工賃を計算するための地味な日々の記帳が主な仕事です。集計が住んでしまえば後は、エクセルが自動で計算して終わりです。

他には会議やミーティングの議事録作成などをたまに作成する、文章をつづる機会が多いです。自分は毎日雑記録を付けていますが、なかなか上達しません。

長時間の膨大なデータ入力などはありませんので、痛みを抱え薬でごまかしながらでも何とか日中仕事をこなせておりますが(←もしそうした前頭葉を酷使するような仕事だったら早晩過労で落ちてしまいますね・・・)。

いまの仕事は私の個性といいますか、長らく病人や障碍者を当事者として生活してきたためか、これまでの経験がすべて生かせている状況で、皮肉なものです。時給800円の非常勤ですので相変わらず生活は貧しいです。

しかしながら、生活保護受給所帯としては、弟の障害年金と合わせてすでに停止廃止の基準に抵触しておるそうで、この前うちの施設の上司と、役所まで今年の担当CWと相談に行きました。

最大の懸念の大きな医療費の出費に関しては、その時はただちに保護を再開する旨の言質を取り、あと1万円前後の収入増にて停止廃止の方向になりそうです。あくまでも体調が安定しているという条件付きですが、私ももっと働きたいですし、時間的にも内容においても上を目指したいですね。何のために進学校から大学(東京の私立法学部)出してもらったかわかりませんから。

この仕事は、「感情労働」と申しますか、難しい障害を抱える当事者と微妙なやり取りが必要で想像以上に気を使います。週末には疲れて一人きりになりたいと思う。福祉の資格を持つ専門スタッフのような知識もスキルのない自分ですから、あくまで「当事者スタッフ」という微妙な立ち位置にいます。

当然失敗することも多いが、いろいろな立ち位置のスタッフがいてよろしいと、通院先HPのPSWには客観的なコメントを頂いて安心しています。

これが自分の希望していた仕事なのか・・・と思うことはありますが、まあ向いている・できる仕事という事でこうして一年持っていると思います。

高校時代に挫折した理数科系の勉強は趣味として細々と続けております。また楽器の演奏も変わらず続けています。先月はバイオリンの弓の張り替えをしました。GWには上京しコンサートを二度鑑賞。銀座の某楽器店にて破格の値段にて中古フルートの入手がまったく偶然にもできました。仕事をはじめて人間関係も広がりを持ってきました。ありがたい事です。嬉しいことが続きました。

明日は入職した日でありますが、私の朝礼の当番日でもあります。

管理人様、改めてお体ご自愛くださいませ。
それでは。

お久しぶりです。
掲載が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。

まずは1年経過おめでとうございます。
パソコンでのOfficeを使用した事務作業、確かに地味な作業であり正直疲れを感じる作業だと思います。
私もパソコンを使用する機会が多いですが、パソコンに入力するのは清書するようなもので、そこまでに至る収集やチェックは集中力を要し能力を問われるところですね。

また、議事録作成も集中した会話を聞き内容をキチンと理解しなければ、参加者に納得のいくものには仕上がりません。
個人的には文章作成よりも表計算での集計業務の方が好きですね。

時給に関しても、上はキリがありませんし下は640円台の最低賃金まであり、800円をどう考えるかは人それぞれだと思います。
それに給料がいくら高くても、つらい仕事は長続きしないどころか身体を壊し結果的に、給料の額ではなく自分に合っているかどうかが長続きの秘訣!
身体を壊して給料の下がった転職をした私が言うのだから間違いありません。

楽器の演奏ができるのはとても羨ましいです。
楽器類一切だめな私は、学生時代に鍵盤にはドレミをマジックで書かないと押す場所が分かりませんし、笛もドレミファソラシドをやっと吹いてました。
音楽は聴くのは好きだけど、楽器ができないから成績は最低で音楽という教科は小学校から一度も好きになれませんでした。

投稿内容から充実した日々を過ごされており、大変な事も多々あるかもしれませんが1年経ったこと、とても嬉しく思います。
自分のペースをしっかり守ってバランスをとれば、仕事から喜びを感じられるし趣味を楽しむこともできると思いますので、これからもお互い自分を追い込むような無理をせずに健康第一で頑張っていきましょう。

  • YNさん
  • 神奈川県
  • 女性
  • 48歳
  • H24/4/8

お世話になります。

こちらのサイトを拝見させていただいています。
私は雇用保険を7年間払っていて現在は契約写真で48歳です。
2月に鎖骨骨折して働いていましたが通勤時間往復4時間近くあり体力の限界も感じ退職を考えています。
すぐに収入がないと生活ができず自分が「特定受給資格者」にあたるかを調べています。
ケガで働けない場合は認定されないという話も聞き、正確なことが分かりません。
ハローワーク等で効いていいものかも分かりません。問い合わせても良い公共機関はあるのでしょうか?
こちらのサイト内で以下の部分が気になり教えていただきたいのですが、私の場合は被保険者期間が長く該当しないと言うことでしょうか?
知識が乏しく申し訳ないのですが教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

こんにちは。
ケガをされての勤務は大変な事と思います。

ケガや体力の限界など通勤時間もあいまって微妙な判断になってくる可能性もあり、後遺症が残っているとすればさらに難しい判断いなるので、ハローワークに相談されるのが最善だと思います。
厚生労働省により詳しく紹介されておりますのでこちらをご覧ください。
ハローワーク以外の公共機関でも問い合わせに応じてくれるところはありますが、一般的な話しをするだけですので詳しい話しは必ずハローワークにしてください。

また、雇用保険だけでなく健康保険の傷病手当金も調べてみることをお勧めします。こちらの問い合わせ先は政府管掌の健康保険なら全国健康保険協会です。

有休や遅刻早退など可能なら、一度最寄りのハローワークと健康保険協会にご相談に訪問することお勧めします。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 46歳
  • H24/2/22

管理人 くつ 様
少しご無沙汰しておりますが、その後、体調はいかがですか?

私の方は、父が以前よりパーキンソンで入院で、恐らく、退院は出来ずにこのままの経過、父を見舞っていた母が以前からの腰痛で入院。母は私が頼りらしくと言うか、弟が仕事がある事と本人の性格的にあまり、面倒を見たがらないので、必然的に私に矛先が向けられ、両親の洗濯物の管理を行っています。
これも親孝行の一環であり、失業中の私にはこれくらいしかできないので・・・

さて、本題ですが、必死に求職情報をネットを中心に検索しておりますが、思うように仕事がないのが実情です。
先日、知人のコンサル社長に紹介して戴いた、求人ですが、面接には行ったのですが、現在は欠員はないので、関係の事業所を紹介してくださるような見解だったのですが、2~3日内に履歴書を返送され、コピーを取らせてもらったと添書にありました。
同様な内容は社長にも報告されており、社長はこの行為自体に遺憾を感じておられたようですが、立場を考えるとここは経過を見てみようと言うことで合意しました。

面接先医療機関の事務長は、探して見るが難しいような回答であり、年齢を考えると、自分の後継や後継者昇格後の欠員補充と言う選択肢もあるように見受けられましたが、そんな気はないようでした。

当然、期待もしておりませんが、こればかりはタイミングと情報ですから、押さえておく必要はあります。
そんなんで毎日が過ぎて行きます。

正直、不安がよぎっておりますが、冷静に開き直るくらいの気持ちで、就職に備えて健康管理に努めております。

ここ数年前から感じるのですが、世界的に不況であり、最近では中国においてもアップル製品の販売に制限が出てきたりしております。その影響を受けてか各社赤字続きで、人を雇用すると言う考え方がなくなってきており、IT化による業務見直しを行い、ランニングコストの削減を図る企業が多く感じます。

管理人様は、今後の雇用情勢についてどのように感じておられますか?

こんにちは、私の体調は相変わらずでまだ尿路結石と格闘中です。

さて、医療機関という狭い業界のなかで理想に近いところを探すとなれば、やはり多少は相手の考えに従わざるを得ないところはあると思います。
一般求人でも同じような状況ですので、業界が狭くなればなるほどその傾向は強くなるでしょう。

コピーに関してはとらえ方によって相反する気持ちになりますが、コピーをとる価値があったと認めてもらえたと思い、吉報をまつのは良いのではと考えたいです。
それに正直にコピーをとった事実を伝えてくれたことは誠意を感じると思います。無断でコピーして捨てられるよりは良いですよね。

ITといえば、NECやTDKなど国内での動きが東北と連動していて、今後業界全体と東北地方に与える影響を見守る必要がありそうです。
状況によっては全国に影響を及ぼしかねず、力が蓄えられている東北以外に失速されては困ります。

ただ時々ニュースになる東北(特に福島出身者)への差別は残念でなりません。

  • 彷徨中年さん
  • 福岡県
  • 男性
  • 46歳
  • H24/1/17

無職の卒業管理人 くつ 様
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

冒頭にですが、体調の方はいかがですか?
管理人様の健康状態を独り言で拝見する限り、不定愁訴のような症状が見受けられる面もあり、そのような病状と言うのは、現代医学では病気としては認定しないようです。
鈍重肝臓とか慢性疲労性症候群と名目で処理されており、所謂、一般的に言う治療方法がないというものですが、それも治る情報がありましたので、今回2つホームページをアップしましたが、その1つの健康情報がお役に立てば幸いです。

私はこの方法で体重も減量し、体質が変わったようです。
http://kenkoumania.mu-sashi.com/
(健康マニアの館)
http://www.geocities.jp/gureenmoon2004/
(詳解!労働基準法)

さて、本題ですが、今年に入って登録している人材銀行より、私に適した仕事を紹介されましたが、公的なものであり、期間限定で通勤も困難だったので見送り、もう1件は企業からのリクエストだったのですが、職務内容、業界共に折り合えないので、辞退しました。

現在、知人の社長さんより、心当たりの事業所とのコンタクトを行ってもらっています。
本年こそは、昨年の二の前にならないように、しっかりとした職場の確保に努める一方で、健康状態を維持すべき、努力する所存です。

明けましておめでとうございます。
私の体調へのお気遣いありがとうございます。経過を独り言にアップしましたので、もしよろしければご覧ください。
ご紹介いただいたページはじっくり拝見させていただきます。

さて、人材銀行からの紹介は折り合いが付かず残念です。
妥協すべき点を誤ると取り返しのつかないことになりますし、じっくり考えての決断だったでしょうから、知人の社長さんに望みを託すことにしましょう。

ただ人材銀行と違って万一お断りする場合には、わだかまりを作らないようにお気を付けください。(私が言うまでもありませんが)

前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む