履歴書の書き方

履歴書は、同じ内容でも書き方の工夫で採否に大きく影響します。

第一印象を左右する非常に大切なものですので、簡単に考えず慎重に作成してください。

履歴書のポイント

  • 履歴書の記入は調子の良い時に数枚準備
  • 履歴書専用のペンを準備
  • バッグ・自動車等に予備の履歴書を準備
  • 空欄は可能な限り埋め、極力空欄は避ける
  • 用紙は転職用を選択
  • 用紙はメーカーによって項目は異なる
  • 記入ミスは修正液を使わず破棄して書き直す
  • 不採用履歴書の使い回しはしない

履歴書の手書きとパソコン入力

履歴書を作成するうえで、手書きとパソコン入力を比較してみました。

手書き作成

メリット
  • 綺麗な字・几帳面な字を表現
  • 昔ながらの方法による安心感
デメリット
  • 枚数に比例して手間が多い
  • 記入ミスをした時の書き直し

パソコン入力作成

メリット
  • 手軽に複数枚準備
  • パソコンを使えることをアピール
デメリット
  • 紙質の安っぽさ
  • 大量生産のDMのような1枚の重みの無さ

どちらも状況によって異なり、応募先によっても有利にもなれば不利にもなります。

実際に試験官経験のある方の話を聞いても、手書きなら性格などの見えないものを判断しやすいという意見、パソコン入力された読みやすい字に親しみを感じるという意見など、双方好意的に感じられています。

その反面、手書きは古くさいという意見、パソコン入力では何枚も作成し大量に応募している魅力に欠ける人という意見など、否定的で厳しい意見もあります。

幣サイトでは手書きを推奨しておりますが、どちらを使うかあるいは使い分けるかは、ご自身で決めてください。

履歴書の項目別注意点

日付
和暦と西暦どちらかに統一し、算用数字で投函日・持参日を記入
和暦元号:昭和64年1月7日まで、平成元年1月8日より
氏名
堂々と大きく丁寧に
ふりがな
ふりがなとフリガナに注意
押印
シャ○ハタなどの簡易印鑑は不可
写真
インスタントなど手軽なものより、写真館など通常のカメラで撮影された写真は仕上がりが美しい
写真の裏に住所・氏名を記入
電話番号
固定電話・携帯電話の両方
Eメールアドレス
フリーメールは不可
住所
都道府県名から番地・建物名・部屋番号など略さない
学歴
義務教育は卒業年のみ、高校以上は入卒時期が必要
最後に「以上」を忘れずに
職歴
会社名以外に部課名も記入し、退職理由は倒産等の特別なものでない限り「一身上の都合」でよい
アルバイトに関しては、原則的に職歴にはならないため記入対象ではないが、応募先の仕事と直結する場合やアルバイト経験しかない場合などは、アルバイトと分かるように記入しておく
最後に「以上」を忘れずに
資格免許
普通自動車第1種免許を忘れず、有利に働く・難度の高い資格を優先し、勉強中の資格であれば勉強中と記入しても差し支えない
趣味
映画鑑賞などありふれたものは、ジャンルなど具体的にすると効果的
運動
ウォーキングでも差し支えない
健康
日常生活・仕事に影響のないなら「良好」で差し支えない
志望動機
新卒と差別化を図り、即戦力しての魅力を加味
前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む