退職意志を伝える書類の種類

退職願
退職したい意志を伝え了承を求めるために提出する書類
退職届
事前に会社から承認を得ている場合に提出する書類
辞表
会社役員などが職を辞する場合に提出する書類

退職願(退職届)の書き方

退職願は、最後の挨拶も兼ねている重要な書類ですから、パソコンなどで済ませずに手書きにします。

準備するもの

  • 便せん
  • 白い封筒
  • 印鑑(簡易印鑑は不可)
  • 黒色のボールペン等

会社によっては、規定の様式を準備しているところもありますので、規定の様式の退職願がある場合には、そちらの様式に従ってください。

退職願の見本

退職願の見本

項目別の注意点

退職理由
具体的な退職理由は、退職願に記入する必要はなく「一身上の都合」とだけ記入します。
退職日
退職したい希望日は事前に上司等と相談のうえ、就業規則に(のっと)り月末や給料締日など区切りの良い日にします。
日付
提出する日を記入します。
宛先
誰に渡す場合でも宛先は代表者名にして、敬称は「殿」を用い自分の氏名よりも上の位置にします。
捺印
忘れないようにして、傾かないように真っ直ぐ捺印します。

念のためにコピーを取るなどして、控えを残すようにしてください。

封筒の書き方

表面
封筒中央に大きめの字で”退職願”と記入します。
裏面
部課氏名を左下へ記入します。(郵便物と同じ位置)
前ページへ戻る 無職の卒業HOMEへ戻る ページの先頭へ戻る 次ページへ進む